岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 31日

憲法便り#2110:対話をせよ!対話抜きで、どんなに圧力を強めても、事態は悪化するばかりだ!

2017年8月31日(木)(憲法千話)

憲法便り#2110:対話をせよ!対話抜きで、どんなに圧力を強めても、事態は悪化するばかりだ!

対話とは、平等の立場で話をすることだ。

相手をやりこめて、自分の主張を無理やり飲ませることではない。

これは、国際関係のみならず、夫婦の関係でも、親子の関係でも、教育の場でも、同じことが言える。

だが、日本政府は、アメリカの「核の傘」を背景に、いわば「虎の威を借る狐」のように、愚かな振舞、発言を続けている。

一見リベラルに見える外務大臣河野太郎も、その愚かな行為に積極的に加わっている。

外交に携わる者にとって、英語を話せること、英語で演説が出来ることは、ひとつの能力に違いない。
しかしながら、最も重要なことは、歴史の反省に立ち、未来をみつめ、相手の立場を考え、対話に臨むことである。

だが、河野太郎には、それがない。
彼の現在の言動は、安倍政権の最も危険な考え方を代弁しているにすぎない。

戦争を誘発するようなことは止めよ!
対話の努力をせよ!

ところで、「虎の威を借る狐」という表現をしたが、自然界の狐は、そんなことはしない。
狐にとっては、失礼で、迷惑な話だ。








[PR]

by kenpou-dayori | 2017-08-31 10:04 | 韓国・北朝鮮


<< 憲法便り#2111:シリーズ『...      憲法便り#2109:8月15日... >>