岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 01日

憲法便り#2130:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.20:富山編』(第三回)

2017年9月1日(金)(憲法千話)

(一覧リストに戻る)

憲法便り#2130:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.20:富山編』(第三回)

【 再録 】
2015年3月23日付
憲法便り#18 憲法公布記念シリーズ(第9回)「当時の富山県では」『北日本新聞』編 その2


今回は、『北日本新聞』昭和21年11月3日付二面と三面の紹介です。

ひとつ目は、昭和21年11月3日付二面の上半分。
「新憲法の意義と国民の心構え」と題しする記事に、憲法担当大臣金森徳次郎、衆議院憲法改正案委員会委員長芦田均、憲政の最長老尾崎行雄の談話が掲載されています。
その右側には、「黎明日本の歓び」と題する写真があります。

c0295254_1924914.jpg



ふたつ目は、11月3日付二面の下半分に掲載されている祝賀広告です。
「国家の繁栄と国民の福祉へ 民主 新憲法公布 一路永遠の自由と平和へ」とあります。 

c0295254_1931816.jpg



三つ目は、11月3日付三面の上半分。
「くり展ぐ奉祝絵巻」という記事とならんで、「“街の祝賀”風景」と題する四点の写真が掲載されています。その説明は、
1.大和劇場のチケット売り場
2.明治屋喫茶店
3.ヨイコたちに配給される祝賀のお菓子(富山市五福、製菓組合にて)
4.大居商事のショーウインドウ

c0295254_1942795.jpg



四つ目は、11月3日付三面の下半分。
「祝 新憲法公布 民主国日本建設」の祝賀広告は、「日本の再建はあなたの貯蓄で!」という富山銀行協会の言葉で始まっている。
その下に、「自由の輝き燦たり 新憲法公布」と題した、企業五社の広告があります。

また、上の中央にある「新憲法を祝う 今日の催し」欄には、次のことが報じられている。
記念県民大会、
高岡市民体育祭、
高岡競馬大会、
論文募集 題『大高岡論』
c0295254_1945547.jpg

次回は、富山編(第四回)

※平和憲法を守る闘いに寄与するため、2014年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―

(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)
c0295254_2152425.jpg

闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147



[PR]

by kenpou-dayori | 2017-09-01 21:02 | 日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では


<< 憲法便り#2131:シリーズ『...      憲法便り#2129:シリーズ『... >>