岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 01日

憲法便り#2138:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.28: 三重篇』(第二回)

2017年9月1日(金)(憲法千話)
(一覧リストに戻る)

憲法便り#2138:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.28: 三重篇』(第二回)

三重県は、”憲政の父”と呼ばれた尾崎行雄(咢堂翁)のお膝元。

昭和21年11月3日付『伊勢新聞』は、四ページ全面が、憲法一色の憲法特集号です。

当時は、用紙不足のため、通常、新聞は二ページ建てでした。
ですから、『伊勢新聞』の見識と意気込みが、どれほどのものであったのかをお伝えするするために、
予定を変更し、三重篇(第二回)を追加することにしました。

多面的、そして多角的に組まれた紙面は、「日本国憲法公布の記念日」を語るに、最もふさわしい紙面だと思います。
第一面は、すでに前回の記事の中で紹介していますが、全体をまとめてご覧いただくために、
再度、掲載致します。
第一面から第四面まで、すべてのページに祝賀広告が配されていることからも、
周到な準備をしていたことが判ります。

昭和21年11月三日付『伊勢新聞』一面
c0295254_10502114.jpg
c0295254_10573781.jpg


昭和21年11月三日付『伊勢新聞』二面
c0295254_10592345.jpg
c0295254_1143092.jpg


昭和21年11月三日付『伊勢新聞』三面
c0295254_1155771.jpg
c0295254_116515.jpg


昭和21年11月三日付『伊勢新聞』四面
c0295254_118642.jpg
c0295254_1185279.jpg


(画像の出典は、国立国会図書館所蔵マイクロ資料:請求記号YBー195)
※平和憲法を守る闘いに寄与するため、2014年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―

(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)
c0295254_2152425.jpg

闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147




[PR]

by kenpou-dayori | 2017-09-01 22:10 | 日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では


<< 憲法便り#2139:シリーズ『...      憲法便り#2137:シリーズ『... >>