岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 03日

憲法便り#2149:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.39: 山口篇』

2017年9月3日(日)(憲法千話)

(一覧リストに戻る)

憲法便り#2149:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.39: 山口篇』

岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』第四部より

*山口県内の祝賀行事に関しては、『中国新聞』十一月四日付四面「新日本の黎明に歓呼 各地に繰り展げた記念行事」より引用する。

【山口県】
秋晴れの美しい空の下、民主日本の晴れやかな門出、菊薫る明治の佳節三日、新憲法の公布を祝して、山口県下の各地に多彩な祝典行事が繰り展げられた。

[県庁]
県庁では午前九時から記念式に続いて優良警察署及び警察官の表彰式を挙行、十時からは全庁員の楽しい記念運動会に終日を送った。

[山口市]
この日、山口市内の各町内会でも、総出の運動会に、また秋深む長門峡の探勝に意義ある国民休日を、老いも若きも楽しく送った。

[柳井町]
▲柳井町主催で午前十時から記念式を挙行、
▲各中等、国民学校では午前十時から記念奉祝式を挙行、
▲国民学校児童には町から奉祝パンを贈った、
▲商工校では自治会主催で奉祝遠足を行う、
▲女子農では四日に記念講演会、五日に祝賀演芸会を開く。

昭和21年11月4日付『中国新聞』四面上
このページの右上に、中国地方の各地のニュースが混載されており、その中から山口県に関する情報を選んでまとめた。
c0295254_20235815.jpg


(画像の典拠は、広島市立図書館所蔵マイクロ資料より)

*次回は、徳島篇。

**************************************
当時の山口県に関する記事が少ないでの、話題提供として、次の記事を再録します。

2013年5月17日付
憲法便り#12 ご存知ですか?シリーズ(第1回) 「念仏者九条の会」

[ 2013-05-17 07:00 ]
「安倍首相の地元である山口県から、二月に『心踊る平和憲法誕生の時代』15冊の予約注文葉書が届きました。
文面には、「私たち浄土真宗の僧侶・門徒の有志で『念仏者九条の会』を結成し、憲法、第九条を守りたいと活動しています」とありました。
正式名称は『念仏者九条の会・山口』
c0295254_11144449.jpg


『心踊る・・・』(233頁)に宗教者の活動を簡単に紹介するコーナーを設け、その中に含めたいので承諾をいただく電話をしたところ、快く応じて下さった。
そして、全国本部が広島県の三次にあり、全国的に活動を展開していること、元龍谷大学学長の信楽峻磨さんが同会の世話人代表であることも教えていただいた。

さっそく調べてみたところ、次のことがわかりました。

念仏者九条の会
2012年11月10日現在の賛同人 1,259人。

現在、「念仏者9条の会 全国集会 in 富山」の開催準備中です。

念仏者9条の会 全国集会in富山
(第16回全国集会)
テーマ 平和憲法をまもるために
・期日 2013年6月24日(月)午後1時半~5時半
・会場 浄土真宗本願寺派富山別院
(富山県市総曲輪2-7-12 ℡076-421-66726672)
・日程 12:30 受付
    13:30~17:30全国集会
    18:00 交流会交流会
・基調講演・基調講演 テーマ 改憲論の歴史認識
・講師 藤野 豊さん

詳しく知りたい方は、「念仏者九条の会」のホームページをご覧ください。

明日は、ご存知ですか?シリーズ(第2回)「閣議の議事録は、昔も今も、ありません」です。

※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから

以上は、【再録】の部分です。
**************************************

※平和憲法を守る闘いに寄与するため、昨年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―

(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)
c0295254_2152425.jpg


闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-09-03 09:16 | 日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では


<< 憲法便り#2150:シリーズ『...      憲法便り#2148:シリーズ『... >>