岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 03日

憲法便り#2163:ふたたび公然とナチス礼讃発言をした麻生太郎副総理を罷免せよ!

2017年9月3日(日)(憲法千話)

憲法便り#2163:ふたたび公然とナチス礼讃発言をした麻生太郎副総理を罷免せよ!

安倍内閣は、異常である。
ナチス礼讃発言をしたアホウ太郎(私は敢えてこう呼ぶ)を副総理にしておくなど、もってのほかだ。

ナチスの手口は、民主主義、人権の破壊、そして大量殺戮の連続であった。
見習うべきこと、礼讃すべきことは何もない。

彼の発言が大問題にならないこの国は、本当に民主主義国家と言えるのか。
勿論、言えない。

抗議の意志を込めて、以下に、これまでナチスにふれた記事全件のリストを掲載する。

********************************************************

※平和憲法を守る闘いに寄与するため、2014年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―

(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)
c0295254_2152425.jpg


闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-09-03 16:27 | ナチス


<< 憲法便り#2164:安倍政権に...      憲法便り#2162:シリーズ『... >>