岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 04日

憲法便り#2242:【平和の俳句】「落ち葉掃き 無常の風が また散らし」(岩田行雄作)

2017年12月4日(月)(憲法千話

憲法便り#2242:【平和の俳句】「落ち葉掃き 無常の風が また散らし」(岩田行雄作)

住まいの近くにある神社の周りの道で、青年が落ち葉掃きをしていた。

何年か前に見た風景だが、今年もまたその季節が来た。

だが、今年は、去年の続きではない。

神社本庁が、憲法改悪の風を吹かせようと画策している。

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-12-04 19:50 | 川柳・俳句・短歌・狂歌


<< 憲法便り#2244:愛知県清須...      憲法便り#2243:『憲法便り... >>