岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 04日

憲法便り#2244:愛知県清須市清州日吉神社の宮司三輪隆裕さんから、お手紙をいただきました!

2017年12月4日(月)(憲法千話)

憲法便り#2244:愛知県清須市清州日吉神社の宮司三輪隆裕さんから、お手紙をいただきました!

11月29日付『憲法便り#2239』に、二人の宮司さんの紹介記事を公開し、翌11月30日(木)に、拙著二冊を添えて手紙をさしあげました。

嬉しいことに、三輪隆裕さんからの礼状が届きましたので、概略を紹介させていただきます。

三輪さんは、神社のサイトに設置したブログに文章を発表なさっています。
お手紙には、「駄文をいくつか書いています。」「政治学は素人で、社会学が専門です。」と謙遜なさっていますが、なかなか興味深い発言が多いですから、皆さんにも、ご一読をお勧めします。とくに、神社本庁に関する批判、論評は、専門家としての説得力があります。
「現在の日本の政治状況をみて、政治関連の発言をしています。」「従って、貴著に示された実証的な資料や考察は極めて参考になります」とお書きになっていますが、こうした言葉は、とても励みになります。

また、「名古屋の九条の会とも接触がありますので、そちらでもお話をさせて頂きます」とありましたので、2011年に、「名大九条の会」と「東山・見付九条の会」の共催の憲法講演会に招かれ、名古屋大学内で行った講演の記録『憲法第九条はどのように誕生おしたか』の保存版一冊をさしあげることにしました。(目次と本文1-5頁は、こちらへ)(なお、本文の続きは、加筆訂正をしてから、改めてお知らせします)

以下に、11月29日付『憲法便り#2239』を再録します。

**************************************************************
【再録】
2017年11月29日(水)(憲法千話)

憲法便り#2239:東京新聞の「改憲に異 異端の宮司」という記事を読んで!

2017年11月27日(月)付『東京新聞』朝刊24面、25面にまたがるこちら特報部の紙面で、「改憲に異 異端の宮司」という記事を読んで、以下の文章をFAXで送った。

2017年11月28日(火)

こちら特報部 御中
前略お許し下さい。
東京新聞の読者で、憲法研究者の岩田行雄と申します。「こちら特報部」の愛読者です。

昨日の「改憲に異 異端の宮司」について、感想と意見を簡単にお伝えします。

感想:安倍一強の状況下で、これに抗う宮司さんたちの存在に感銘を受け、応援のメッセージを送りたいと思い、このFAXを送ります。(お二人の)ご住所を調べて、拙著『検証・憲法第九条の誕生』(第六版)(2017年2月)および『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』各一冊をお二人に贈呈致します。
私の父方の祖母は「神主」の娘だったと聞いておりますので、私の曾祖父は宮司ということだと思います。
私は無神論者ですが、、私が宮司になっていたら、記事のお二人のような行動をしていたかも知れません。

意見:異端という言葉が、見出しにも、本文にも使われていますが、かぎかっこを付けて「異端」すべきではないかと思います。
かれらは、日本国憲法下における「正統」な人間なのですから。
日本のマスコミの多くが安倍政権の言いなりに、なり下がっている状況で、頑張っている東京新聞はマスコミ界の「異端」ではないことと同様に。 早々

表現には、気遣いが必要だ!異端という表現は、もっと慎重に使うべきだ。
異端と決めつけて、どうするのだ。
これでは、かれらが異端であるという固定観念を定着させてしまう。
予想したことだが、FAXへの返事はない。

昨日、近くの神社を訪ねて、神道政治連盟の改憲パンフレットがあるか聞いてみたが、ここでは、知らなかった。
今日、別の大きな神社を訪ねたが、「配布していない」とのことだった。

下は、2017年11月27日付『東京新聞』朝刊24-25面を引用。
c0295254_22064912.jpg
c0295254_22073795.jpg



[PR]

by kenpou-dayori | 2017-12-04 20:57 | 新たな出会い


<< 憲法便り#2245:ソプラノ歌...      憲法便り#2242:【平和の俳... >>