岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 09日

憲法便り#2248:昭和16年12月9日付『朝日新聞』は、日本が太平洋戦争を始めたことを、どのように伝えたか?

2017年12月9日(土)(憲法千話)

憲法便り#2248:昭和16年12月9日付『朝日新聞』は、日本が太平洋戦争を始めたことを、どのように伝えたか?

初めに考えたタイトルは、
『昭和16年12月9日付『朝日新聞』は、日本が太平洋戦争を始めたことを嬉々として伝えた!』である。
しかし、より客観的な見出しに変えた。

日本は、戦争法(安保法制)の強行採決、施行により再び戦争をする国になろうとしている。
どんな屁理屈をつけようが、これは、決して許されない。

かつて日本がどのように戦争を始めたのか、新聞報道により検証しておこう。
一般的によく知られているのは、昭和16(1941)年12月8日未明、大日本帝國が真珠湾を奇襲攻撃し、その後アメリカに対して宣戦布告を行ったことである。

しかしながら、新聞報道によれば、真珠湾以外に、フィリピン、グアム、シンガポール、マレー半島、香港にも奇襲攻撃をかけたこと、そして、アメリカのみならず、イギリスに対しても宣戦布告を行っていることが判る。
また、詔書には、世界の平和や自存自衛の文字が並ぶ。

12月9日付『朝日新聞』朝刊は、一面で次のように報じている。
「ハワイ・比島(フィリピン)に赫々の大戰果」
「米海軍に致命的大鐡槌 戰艦六隻を轟沈大破す 航母一、大巡四をも撃破」

ここには、戦果を誇る言葉、戦争を鼓舞するような表現はあっても、戦争への懸念は書かれていない!

長く続く、悪夢のような現実の始まりである!

アメッカの下でも、日本独自でも、繰り返してはならない歴史である!

以下に、昭和16(1941)年12月9日付『朝日新聞』朝刊一面および、同日付夕刊一面を示す。
c0295254_16183649.jpgc0295254_16175688.jpg
※平和憲法を守る闘いに寄与するため、2014年5月に刊行した、
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―(B5判、239頁)(定価1,000円)を、1冊500円の特別価格で提供しています。

闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。

ご注文は、下記の書店へ。
美和書店 電 話03-3402-4146
FAX 03-3402-4147

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-12-09 09:56 | 太平洋戦争日歴


<< 憲法便り#2249:憲法9条を...      憲法便り#2247:『日本国憲... >>