岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

2015年 09月 07日 ( 5 )


2015年 09月 07日

憲法便り#1296:新宿歩行者天国で、早稲田大学で、学生と学者が「戦争法案廃案」の宣伝、集会、デモ

2015年9月7日(月)(憲法千話)

憲法便り#1296:新宿歩行者天国で、早稲田大学で、学生と学者が「戦争法案廃案」の宣伝、集会、デモ

昨9月6日にも、全国各地で大規模な集会や、様々な取り組みが行われたことが報じられています。

ここでは、それらの中から、2015年9月7日付『しんぶん赤旗』一面の紙面を借用して、新宿歩行者天国と早稲田大学での取り組みを紹介します。

c0295254_21303386.jpg


【写真下】早大から高田馬場に向かうデモ行進。
横断幕を両手で持っている男性は、講演を行った水島朝穂教授(早大法学学術院)。
その右隣で、右手で高く傘をさしかけ、左手で横断幕をもっている、帽子を被った男性が岩田です。
デモ行進は、約一時間。
c0295254_21313430.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2015-09-07 21:46 | 戦争法反対行動・声明
2015年 09月 07日

憲法便り#1295: 9月8日(火) 安保法案 東京大学人 『緊急シンポジウム』 @本郷キャンパス

2015年9月7日(月)(憲法千話)

憲法便り#1295: 9月8日(火) 安保法案 東京大学人 『緊急シンポジウム』 @本郷キャンパス

昨9月6日、「早稲田大学全学集会」でもらってきた、『緊急シンポジウム』を紹介します。

c0295254_2183416.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2015-09-07 21:10 | 戦争法反対行動・声明
2015年 09月 07日

憲法便り#1294:『憲法便り』への、9月(1日ー6日)のアクセス・ベストテン

2015年9月7日(月)(憲法千話)

憲法便り#1294:『憲法便り』への、9月(1日ー6日)のアクセス・ベストテン

1.憲法便り#1274:「早稲田から止める!戦争法案 安保関連法案に反対する早稲田大学全学集会」9・6

2.憲法便り#1184:朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(15)研究の盗用に到る経過②(第二版)

3.憲法便り#1164 「天皇陛下「深い反省」初言及。終戦70年 追悼式でお言葉」

4.憲法便り#1097:朝日新聞社編集委員上丸洋一氏による研究無断使用、即ち盗用についての抗議文

5.憲法便り#1109:朝日新聞社内で、私の抗議文の情報がどこまで共有化されているのか、連絡を督促

6.憲法便り#1030 朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(12)態度豹変(画像あり)

7.憲法便り#855:ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第六回)

8.憲法便り#1100 朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(14)研究の盗用に到る経過①(画像付)

9.憲法便り#1272:なんと、国会前の学生ハンストは、続行中!再び、激励してきました

10.憲法便り#1271: 必見!8・30大行動に関する、全国各紙の報道(北海道、東北、関東篇)
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-09-07 20:54 | アクセス・ベストテン
2015年 09月 07日

憲法便り#1293:『憲法便り』への、9月6日のアクセス・ベストテン

2015年9月7日(月)(憲法千話)

憲法便り#1293:『憲法便り』への、9月6日のアクセス・ベストテン

1.憲法便り#1274:「早稲田から止める!戦争法案 安保関連法案に反対する早稲田大学全学集会」9・6

2.憲法便り#1291:「早稲田から止める戦争法案 安保関連法案に反対する早稲田大学全学集会」アピール

3.憲法便り#1286:夏目坂上の感通寺にある、山手大空襲犠牲者を供養する観音像と慰霊園のこと(第二版)

4.憲法便り#1287『東京新聞』12面に全面広告:「戦争法案廃案!安倍政権退陣!」総がかり行動予定

5.憲法便り#108 吉田茂首相特集(第三回) 「戦争放棄に関する答弁」(その3)野坂参三議員へ

6.憲法便り#973 連載:日本共産党が日本国憲法草案の採決で反対した四つの理由(第六回)

7.憲法便り#1284:「平和国家」論の社説3:昭和20年9月5日付『神戸新聞』社説「平和への努力」

8.憲法便り#1262:私も妻と共に、8・30国会10万人集会に参加してきました!(第二版)

9.憲法便り#1243:壮観!「8月30日全国100万人大行動 各地の予定(上)」(『赤旗』4面・5面)

10.憲法便り#579「2014年春季全国酒類コンクール一般公開テイスティング」についての紹介
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-09-07 18:38 | アクセス・ベストテン
2015年 09月 07日

憲法便り#1292:非常勤講師組合、共同声明「安全保障法関連法案の制定・改定に反対する声明」

2015年9月7日(月)(憲法千話)

憲法便り#1292:非常勤講師組合、共同声明「安全保障法関連法案の制定・改定に反対する声明」

昨9月6日、早稲田大学での集会に参加した際に、受付でもらったチラシに、非常勤組合4団体が連名で発表した声明文がありましたので、紹介します。

「安全保障法関連法案の制定・改定に反対する声明」

 2015年、日本政府は、自衛隊法、武力攻撃事態法、周辺事態法、国連平和維持活動協力法等を改正する平和安全法制整備法案、及び新法としての国際平和支援法案を閣議決定し、5 月 15 日の沖縄「復帰」記念日に、衆議院への法案提出を行いました。そして 7月16日には、衆議院本会議がこれらの法案を可決しました。 日本国憲法前文には、「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」とあります。集団的自衛権の名のもとに、他国の戦争に武力で介入すれば、他国の国民の、平和のうちに生存する権利を否定することになります。また、第 9 条は「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」とうたっています。違法・不当な侵略を受けていない状態で日本が他国に武力介入することは、国際紛争を解決する手段としての武力の行使に他なりません。

 社会は自由で平等な個人の契約によって成立するとジョン・ロックは主張しました。民主主義の精神とは、同意による社会の運営です。私たち非常勤講師組合は、どのような交渉相手に対しても、説得と同意により多くの問題を解決してきました。どれほど理不尽な事件・相手であっても、誠実な交渉は必ず良い結果をもたらします。それは憲法前文がいうように、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」からです。世の中に、殺人や暴力でしか解決できない問題は存在しないと、私たちは強く実感しています。

 この法案は、他国の政府や他国民を対等な相手として扱わず、問答無用の殺人や暴力で解決することを目指すものに他なりません。現在、沖縄の辺野古で日米両政府が強行に推進している新基地建設も、自国の民意を省みない暴挙であり、これまでの日本の外交努力による世界平和の推進を無化するに等しい行いです。私たちは、それをいかなる理由においても認めることはできません。それは日本国憲法、私たちの活動のみならず、人類の進化と発展そのものの否定になるからです。

 よって、私たち非常勤講師組合は、基本的人権の保障を活動目的に掲げる団体の使命として、また教育研究に携わる者の社会的使命として、その違憲性を訴え、これら安全保障法制の制定・改定に強く反対いたします。そして「7/14 緊急シンポジウム学者の会×SEALDs KANSAI」やこの法案に反対する全ての組織、人々、集会、声明に賛同し、連帯いたします。

2015年7月28日
首都圏大学非常勤講師組合
東海圏大学非常勤講師組合
関西圏大学非常勤講師組合
大学等非常勤講師ユニオン沖縄
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-09-07 18:30 | 戦争法反対行動・声明