岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 18日 ( 1 )


2017年 05月 18日

憲法便り#2011:本当の「国際的な犯罪の防止に関する国際連合条約(通称パレルモ条約)」はマフィアなどの経済事犯を取り締まるためのものだ!

2017年5月18日(木)(憲法千話)

憲法便り#2011:本当の「国際的な犯罪の防止に関する国際連合条約(通称パレルモ条約)」はマフィアなどの経済事犯を取り締まるためのものだ!

安倍政権が共謀罪法案の強行採決を明日にも行おうとしている。

「国際的な犯罪の防止に関する国際連合条約(通称パレルモ条約)」に加入するために、必要とされる国内法の整備と主張している。
だが、この国際条約は、マフィアなどの経済事犯を取り締まるためのものであって、テロ対策の条約ではない!

この条約の起草者であるアメリカ人も、そう証言していた。

この条約に加入する場合の条件などにはなっていない。

共謀罪法案がなければ、オリンピックが出来ないというのは、こじつけである。

安倍首相が行っていることは、でたらめである。

だから、金田法務大臣も、説明不能に陥っている。

テロ対策は、既存の法律で対処できる。

彼らの目的は、言論の自由の剥奪であり、民主主義の圧殺である。

私は、かつてのナチスの手口を思い出す。

だから、共謀罪法案には絶対に反対である。







[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-18 22:22 | 共謀罪