岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

2017年 11月 13日 ( 1 )


2017年 11月 13日

憲法便り#2225:憲法第九条に違反した米日合同演習に抗議する!

2017年11月13日(月)(憲法千話)

憲法便り#2225:憲法第九条に違反した米日合同演習に抗議する!

報道によれば、昨日、日本海において、米海軍の原子力空母三隻、ロナルド・レーガン、ミニッツ、セオドル・ルーズベルトを主体とする米日合同演習が行われた。

日米と書かずに、敢えて米日と記したのは、大規模な原子力空母を、日本の護衛艦がおまけのように参加していたことに拠る。

これは戦争法の地ならし、国民慣らしの軍事行動であり、「実績作り」である。

安倍政権の最も危険な行動である。

日本国憲法は、第九条第一項において次のように定めている。

「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

安倍首相は、誠実にこれを実行しなければならない。
憲法は最高放棄であり、他の法律をその上位においてはならないのである。

日本国民は、戦争屋の安倍首相に、戦争につながるいかなる行動も、全権委任していない。

トランプ政権は、北朝鮮に対する核使用を排除していない。
このような危険極まりないトランプの尻馬に乗って戦争への危険な道をひた走る、安倍政権に断固抗議する!

安倍政権は、北朝鮮との話し合いによる問題解決の実現のため「誠実」に努力せよ!




[PR]

by kenpou-dayori | 2017-11-13 22:22 | 安倍首相への抗議・反論・批判