岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

2017年 11月 29日 ( 2 )


2017年 11月 29日

憲法便り#2239:東京新聞の「改憲に異 異端の宮司」という記事を読んで!

2017年11月29日(水)(憲法千話)

憲法便り#2239:東京新聞の「改憲に異 異端の宮司」という記事を読んで!

2017年11月27日(月)付『東京新聞』朝刊24面、25面にまたがるこちら特報部の紙面で、「改憲に異 異端の宮司」という記事を読んで、以下の文章をFAXで送った。

2017年11月28日(火)

こちら特報部 御中
前略お許し下さい。
東京新聞の読者で、憲法研究者の岩田行雄と申します。「こちら特報部」の愛読者です。

昨日の「改憲に異 異端の宮司」について、感想と意見を簡単にお伝えします。

感想:安倍一強の状況下で、これに抗う宮司さんたちの存在に感銘を受け、応援のメッセージを送りたいと思い、このFAXを送ります。(お二人の)ご住所を調べて、拙著『検証・憲法第九条の誕生』(第六版)(2017年2月)および『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』各一冊をお二人に贈呈致します。
私の父方の祖母は「神主」の娘だったと聞いておりますので、私の曾祖父は宮司ということだと思います。
私は無神論者ですが、、私が宮司になっていたら、記事のお二人のような行動をしていたかも知れません。

意見:異端という言葉が、見出しにも、本文にも使われていますが、かぎかっこを付けて「異端」すべきではないかと思います。
かれらは、日本国憲法下における「正統」な人間なのですから。
日本のマスコミの多くが安倍政権の言いなりに、なり下がっている状況で、頑張っている東京新聞はマスコミ界の「異端」ではないことと同様に。 早々

表現には、気遣いが必要だ!異端という表現は、もっと慎重に使うべきだ。
異端と決めつけて、どうするのだ。
これでは、かれらが異端であるという固定観念を定着させてしまう。
予想したことだが、FAXへの返事はない。

昨日、近くの神社を訪ねて、神道政治連盟の改憲パンフレットがあるか聞いてみたが、ここでは、知らなかった。
今日、別の大きな神社を訪ねたが、「配布していない」とのことだった。

下は、2017年11月27日付『東京新聞』朝刊24-25面を引用。
c0295254_22064912.jpg
c0295254_22073795.jpg




[PR]

by kenpou-dayori | 2017-11-29 23:15 | 神社と憲法
2017年 11月 29日

憲法便り#2238:再び、映画「米軍が最も恐れた男、その名は、カメジロー」が、続映されることになりました!

2017年11月29日(水)(憲法千話)

憲法便り#2238:再び、映画「米軍が最も恐れた男、その名は、カメジロー」が、続映されることになりました!

『憲法便り#2237』でかきましたが、11月26日にもう一度映画「米軍が最も恐れた男、その名は、カメジロー」を、今度は妻と一緒に見てきました。

その際に、上映計画を決定する支配人さんが、隣のスペースで映画を見ているということだったので、名刺を受付の青年に渡して、出来れば、来週も続映して貰いたいという要望を伝えてきました。

大変嬉しいことに、12月5日まで続映されることが、今日、発表されました。
ユーロスペースに感謝します。

上映時間は、
12月1日(金)までは、16時ー18時。
12月2日(土)から12月5日(火)までが、14時30分ー16時30分。

その後は、年末年始の企画になると思いますので、まだご覧になっていない方は、是非、お出かけ下さい。

私が『憲法便り』に3回も書きたくなったほど、沖縄の人民の闘い、オール沖縄の闘いの歴史を知るうえで、不可欠の素晴らしい作品です。

敗戦後、アメリカの軍事占領下に置かれた沖縄で闘い続けた、ジャーナリスト、そして政治家だった瀬長亀次郎(1907ー2001:享年94歳)の生涯。瀬長亀次郎の次女で、不屈館館長の内村千尋さんも登場します。

「不屈」は、亀次郎さんが、好んで色紙に書いた言葉です。
これは、自分が「不屈」という意味ではなく、沖縄の民衆の闘いが「不屈」だということを表した言葉だということです。

彼は、ガジュマルの大きな木が好きでした。沖縄の民衆の不屈さを闘いを思い起こさせるからです。

アメリカの弾圧、投獄にも屈することなく、文字通り、命がけで民衆の先頭に立って、闘い続けた人生です。

監督は、佐古忠彦さん。初めての監督作品です。写真を見れば、「ああ、この人が!」と、すぐに判ります。
彼は、「筑紫哲也NEWS23」でキャスターを務め、筑紫哲也さんの薫陶を受けた方です。

音楽は、作品の主旨に共感した坂本龍一さんの書き下ろしによる、オリジナル楽曲です。演奏も、坂本龍一さんが!

語りは、山根基世さん、大杉漣さん。

製作著作は、TBS。

全国各地で上映されているので、ぜひ、ご覧になることをお薦めします。


c0295254_21582069.jpg
c0295254_21545246.jpg





[PR]

by kenpou-dayori | 2017-11-29 22:00 | 沖縄