岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ウクライナ・クリミア( 8 )


2016年 04月 13日

憲法便り#1687:ウクライナの美しい伝統工芸品、「ヘルダン」の話題をお届けします(画像にリンク)

2016年4月13日(水)(憲法千話)

憲法便り#1687:ウクライナの美しい伝統工芸品、「ヘルダン」の話題をお届けします(画像にリンク)。

最近、ウクライナがニュースや話題になるのは、日本では、戦争の話ばかりです。気が滅入ります。

しかしながら、本当は、皆が、戦争のない、平和な、そして健やかな日常生活を送ることを願っています。

ウクライナ研究会が、今回は、紛争や戦争の現状および歴史から離れて、「ヘルダン」の研究懇談会を企画したことを嬉しく思っています。

「勇ましい男たち」の自慢げな話よりも、日常の営みを大切にしたい!

「ウクライナ研究会

春の研究懇談会のお知らせ

 春風の候、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 2016年の春会合(第35回定例研究懇談会)を下記の通り開催することになりましたので、ご案内致します。
 今回は、ビーズを使ったウクライナの伝統的な工芸品である「ヘルダン(ゲルダン)」を制作し、日本で普及活動をしていらっしゃるマクシム・マメリンMaksym Mamelin 氏をお招き致します。最初に「ヘルダン」についての概略的なお話をお伺いしたのち、制作過程の一部を実際に会場でご実演いただく予定です。
 ウクライナの伝統文化に直接触れることのできる貴重な機会となりますが、大変緻密な手作業のため、恐縮ながら今回の参加は先着20名とさせていただきたく、何卒御了承下さい。
 参加希望の方は、会員向け郵送通知同封のハガキにて、またはウクライナ研究会事務局(ukuken@live.jp)宛てにメールで直接お申込みいただけますよう、重ねてよろしくお願い申し上げます。

                 記

日時:2016年5月28日(土) 15:30~17:30(開場15:00)
場所:早稲田奉仕園セミナーハウス1階 101号室
   〒169‐8616 東京都新宿区西早稲田2-3-1
   ※詳しくは右のPDF案内をご覧ください。     PDF案内

内容:「ヘルダンの世界――マクシム・マメリン氏によるお話と制作過程の実演」

「ヘルダンの画像は、こちらへ
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-04-13 08:16 | ウクライナ・クリミア
2015年 06月 07日

憲法便り#837 出演するウクライナの歌姫は、チェルノブイリ原発から3.5キロで被ばくした方です。

2015年6月7日(日)(憲法千話)

憲法便り#837 出演するウクライナの歌姫は、チェルノブイリ原発からわずか3.5キロで被ばくした方です。

当日は、妻とともに聴きに行く予定です。

実は、2006年6月25日、この会場で、「杉並シンフォニーの会」のお招きにより、憲法講演を行ったことがあります。

また、『ぞうれっしゃ』の原作者小出隆司さんと、昨年8月2日に、歴史教育者協議会の研究大会に参加した帰りに、友人の紹介で、初めてお目にかかる機会がありました。

彼は、拙著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』を購入してくださり、さらに他の著作も求めて下さった。
そして、名古屋のご自宅にお帰りになった後で、サイン入りの『そうれっしゃ』をお贈くり下さった。
そんなこともあって、今回のコンサートを、とても楽しみにしています。

*********************************************
以下は、再録です。

2015年5月31日(日)(憲法千話)
2015年6月5日加筆:小林久枝さんからの手紙の部分

憲法便り#816 ♪ 杉並ぞうれっしゃ合唱団 ♪ 2015 ファミリーコンサート 平和と愛と子どもたち

このチラシを送って下さった、小林久枝さんからお手紙が届きましたので、紹介します。

岩田登美子様

『ぞう列車』は、小学校の教員をしておりましたときに出会い、
学芸会用に脚本を書いて、何回か発表しました。

教え子と合唱団に入り、いっしょに舞台に出たこともあります。

いまは、教え子のお母さんが、いっしょに歌っています。
孫たちも大好きで、舞台に出ています。

『かわいそうなぞう』とちがい、
ぞうを戦禍から守り、
戦後の民主教育の中で、
子どもたちの願いをかなえるところが、
気にいっています。

小林久枝

c0295254_20382146.jpg
c0295254_2039359.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2015-06-07 08:56 | ウクライナ・クリミア
2015年 06月 05日

憲法便り#830: 明日の昼は、「ウクライナ研究会 第33回定例研究会」に参加します。

2015年6月5日(金)(憲法千話)

憲法便り#830: 明日の昼は、「ウクライナ研究会 第33回定例研究会」に参加します。

ウクライナ研究会には、およそ20年前から参加しています。

私がウクライナ研究会に参加したきっかけは、ロシアの書籍印刷の歴史を遡ると、ウクライナが出発点になっているので、その必要性から末席を汚すようになりました。

ウクライナ語の入門書、ウクライナ語ーロシア語辞典、ウクライナ語辞典、時代を遡ったウクライナ語辞典等は持っていますが、ウクライナ語そのものでの研究は手付かずです。

最近は、ロシア語経由ではなく、ストレートにウクライナ語に取り組む若手研究者が増えて来ました。
若手というよりは、もうウクライナ関係の各分野の第一人者という研究者、実務家もいます。

ウクライナは、いま、大きな注目を浴びています。
世界平和の行方を左右するウクライナの現状と歴史についてどのような論議が交わされるのか。

前回、かなり期待をして参加しましたが、今回の二つの報告も、かなり期待しています。
国際情勢を正確に分析し、認識する上で、不可欠の研究会です。

c0295254_19394369.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2015-06-05 20:03 | ウクライナ・クリミア
2014年 07月 26日

憲法便り#607  7月26日(土)ウクライナ研究会第31回定例研究懇談会のお知らせ

7月10日

私が参加しているウクライナ研究会から下記のお知らせが届きましたので、紹介します。

 入梅の候,皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて、春例会の開催案内が今日まで遅れてしまい、情報をお待ちくださっていた方々には大変申し訳ありませんでしたが、このたび、2014年度ウクライナ研究会第31回定例研究懇談会を下記の通り開催する運びとなりました。
 逼迫したウクライナ情勢を歴史的かつ多角的に、あるいは現場の生の声を通して考察する上で、かけがえのない視点を提供してくださるであろう識者のお二方に、このたびの報告をお願いさせていただくこととなりました。入場は自由ですので、会員の方、ご専門の方から、一般にご関心をお持ちの方まで、どうぞ奮ってご参加ください。
 会場で皆様にお会いできますことを、心より楽しみにいたしております。

                                     ウクライナ研究会事務局

                      記

         ウクライナ研究会 第31回定例研究懇談会

 日時: 2014年7月26日(土) 15:30~
 場所: 早稲田奉仕園 You-I ホール (地図・構内案内図を参照)
      〒169-8616 東京都新宿区西早稲田2-3-1
      アクセスマップ http://hoshien.or.jp/map/map.html


 15:15 開場
 15:30 開会の挨拶

 15:40 報告1 生田泰裕(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士後期課程)

  現代ウクライナの社会構造―「東西分裂」の実相と「ユーロマイダン」を中心とした考察

 16:40 報告2 岡部芳彦(神戸学院大学経済学部准教授、日本ウクライナ地域経済・
                                       文化フォーラム共同代表)

  「ウクライナ民族主義」の現状―スヴォボーダとコサック諸団体の事例を中心に―

 17:40 閉会の挨拶
 18:00 懇親会
                                              以上

 ※早めに会場に到着された方は、フロント受付のあるセミナーハウス1Fの待合スペースをご利用いただけます(下記構内案内図参照)。
[PR]

by kenpou-dayori | 2014-07-26 08:18 | ウクライナ・クリミア
2014年 07月 26日

憲法便り#619 ウクライナの内戦を直ちに中止せよ! 

7月20日
ウクライナの内戦は、ついに、マレーシア航空の民間機撃墜、乗員・乗客298人全員死亡という悲惨な事態を引き起こした。さらに、犠牲者の収容がままならないというのは、最悪である。
ここでは、ウクライナ国内の対立の遠因を辿ることはしないが、内戦にまで事態が進んでしまった直接的原因は、今年二月の「親欧米派」によるクーデターにある。これに対して「親ロシア派」が武力による闘争を、いまも続けている。
私は、このどちらにも組みするものではない。一つのウクライナを維持し、豊かな暮らしを続けられるよう願っている。
そのために、双方が武器を置いて、平和的に話し合いを続けてほしい。
日本の現在の外交は、アメリカの意向に従い、その一方でロシアの顔色をうかがうばかりである。
だが、いま最も必要なのは、自国の利益のためではなく、本当にウクライナに住む人々の平和で豊かな暮らしを回復するための仲介である。
「丸腰」のままの日本が本気になって仲裁に乗り出せば、解決の糸口は必ず見つかる。
それこそが、真の「積極的平和主義」というものである。
安倍政権は、憲法違反の「解釈改憲」を撤回し、平和外交に徹するべきである。

日本に住むウクライナ人の中には、ロシア語しか話せない人もいると聞いた。この人の場合は、ご両親もロシア語しか話せず、ウクライナ語中心の生活を強制されたら、大変なのだという。
「親欧米派」対「親ロシア派)という単純な図式での報道だけでは、ウクライナに住む人々の本当の苦悩は理解出来ないと思う。多数派が少数派を力で押さえ込むような政治は、民主的な政治とは言えない。


※平和憲法を守る闘いに寄与するため、5月に下記の新著を緊急出版しました。

『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―
(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)

闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。

ご注文は、下記の書店へ。
美和書店 電 話03-3402-4146
FAX 03-3402-4147
[PR]

by kenpou-dayori | 2014-07-26 08:15 | ウクライナ・クリミア
2014年 03月 31日

憲法便り#573 私のウクライナ研究:1912年にペテルブルグで刊行されたクリミア旅行案内書

2014年3月31日

私は、昨年12月末に、研究会の運営委員の方に、早ければ今年の春の研究発表会、遅くとも秋の研究発表会で、研究発表をしたいとの意向を表明していた。
テーマは、1912年にペテルブルグで刊行された「クリミアのガイドブック」の実物を示しながらの紹介である。
その時点では、以前からウクライナ国内に、EU指向と、ロシア指向の二つの大きな政治的動きがあり、問題が起きていることは多少なりとも理解していたが、今回のような世界を揺るがす激変は予想していなかった。

したがって、これまでの私の研究発表とは違った、少し軽いテーマでの研究発表を考えた次第である。
だが、次回の研究発表会は、現在の情勢に関する論議が中心になると思うので、情勢が少し落ち着いてからの(落ち着いていて欲しい!)、秋の研究発表会での発表を希望したいと考えている。
その研究発表の助走のつもりで、ガイドブックをほんの少しだけ紹介しておきたい。

c0295254_16594378.jpg


この本を入手したのは、25年ほど前のこと。いつかゆっくりと読んで見ようと思い買って置いたもの。
第24版とあるので、かなり人気があったものと考えられる。
価格は15,000円。
本文312頁、辞典25頁、時刻表ほか7頁。
縦16,5cm×横10,5cm

刊年 1912年6月
出版地 ペテルブルグ ネーフスキー通り
著者 グリゴーリイ・モスクヴィッチ
出版社 1888年創立のガイドブック出版社
価格 1ルーブリ50カぺイカ
言語 ロシア語版
ホテルの広告、写真、都市の地図が多数収録されている。
ロシア語・タタール語小辞典(クリミアの方言)が、簡単な会話の例文を含めて収録されているので、タタール人が多数住んでいたことが判る。
その他に船舶の時刻表(オデッサーバトゥーミ間)等が付いている。

※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると思っています。
安倍政権とその補完者である維新の会の暴走を食い止め、憲法改悪を阻止しましょう!
[PR]

by kenpou-dayori | 2014-03-31 17:02 | ウクライナ・クリミア
2014年 03月 30日

憲法便り#565 クリミアの歴史に関する優れた研究を紹介します

2014年3月30日
昨年11月21日夜、日比谷公園野外音楽堂で開催された「秘密保護法反対11・21大集会」に参加したが、その二日後の11月23日に久しぶりに「ウクライナ研究会」に参加しました。
その時は、ウクライナに紛争の火種があることは認識していましたが、現在のような事態にまで激変することは、私のみならず、研究会に参加した皆さんも予想はしていなかったと思います。
この日発表された研究の中に、歴史的事実を丹念に調べ上げた「クリミア」に関する優れた研究がありました。その評価については、研究会終了後の懇親会の席で、感想を述べさせてもらっていますが、この「憲法便り#565」で、改めて紹介する。
昨年末までには紹介するつもりで、発表者である佐藤圭史さんの了解を得ていましたが、私の視力障害により、手間取っていたことで、結果的には、国際的緊急事態の最中に、タイミングを合わせて紹介するようなことになりました。
現在、テレビ、新聞、ツイッタ―などで、いわば「にわか勉強」による、クリミア問題についての発言や解説を多く見かけますが、より正確な認識のために、是非、参考にして欲しいと思います。

第30回ウクライナ研究会定例会
2013年11月23日(土)
発表者 
佐藤圭史さん
北海道スラブ研究センター研究員
在ユジノサハリンスク日本国総領事館専門調査員
テーマ
ソ連末期におけるクリミア・ソヴィエト社会主義自治共和国の『再建』
~ 積極的再建が、消極的再建か? ~

以下、研究会で配布されたレジュメ全四頁をそのままコピーで紹介します。
c0295254_16283562.jpgc0295254_1628443.jpgc0295254_16265886.jpgc0295254_16253762.jpg


なお、私は、昨年12月末に、研究会の運営委員の方に、早ければ今年の春の研究発表会、遅くとも秋の研究発表会で、研究発表をしたいとの意向を表明しています。
テーマは、1912年にモスクワで刊行された「クリミアのガイドブック」の実物を示しながらの紹介です。
だが、現在の情勢が少し落ち着いてからの方が良いかも知れないので、秋の研究発表会にしたいと考えています。
その研究発表の助走のために、「憲法便り」で、ガイドブックをほんの少しだけ紹介しておきたいと思っています。


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると思っています。
安倍政権とその補完者である維新の会の暴走を食い止め、憲法改悪を阻止しましょう!
[PR]

by kenpou-dayori | 2014-03-30 16:32 | ウクライナ・クリミア
2014年 03月 30日

憲法便り564 私のウクライナ研究

2014年3月30日

昨年11月21日夜、日比谷公園野外音楽堂で開催された「秘密保護法反対11・21大集会」に参加しましたが、その二日後の11月23日に久しぶりに「ウクライナ研究会」に参加しました。
その時は、ウクライナに紛争の火種があることは認識していたが、現在のような事態にまで激変することは、私のみならず、研究会に参加した皆さんも予想はしていなかったと思います。
この日発表された研究の中に、歴史的事実を丹念に調べ上げた「クリミア」に関する優れた研究があり、その評価については、研究会終了後の懇親会の席で、感想を述べさせてもらっているが、内容は「憲法便り#565」で紹介します。
昨年末までには紹介するつもりで、発表者である佐藤圭史さん(北海道大学スラブ研究センター研究員及び在ユジノサハリンスク日本国総領事館専門研究員)の了解を得ていたのですが、私の視力障害により、手間取っていたことで、結果的には、国際的緊急事態の最中に、タイミングを合わせて紹介するようなことになってしまいました。
現在、テレビ、新聞、ツイッタ―などで、いわば「にわか勉強」による、クリミア問題についての発言や解説を多く見かけますが、是非、参考にして欲しいと思います。

私は、ウクライナ研究会では、1997年5月に初めて研究発表をして以来、会員となっており、その後も3回の研究発表を行っています。

ウクライナ研究会は、大きな研究会ではないが、ウクライナに関するあらゆることが研究発表の対象となっています。最近の様子は判らないのですが、私が初めて参加した頃は、東京大学教授の中井和夫さんが会長に選出され、在日ウクライナ人が多数参加していたこと、また駐ウクライナ前日本大使赤澤さん、駐日ウクライナ大使の参加も得て、日本とウクライナとの友好をはかる、和気藹々と雰囲気がありました。

私のウクライナ地域に関する研究は、下記の通り時代が遡ったものばかりですが、ウクライナ研究会に参加する以前から始まっているので、研究の一覧を紹介しておきます。

1995.8 「ヴェネツィア人が見た15世紀のロシア ― バルバロとコンタリーニの旅行記より」(『南欧文化 第16号』)(*15世紀ヴェネト方言からの翻訳と解説)
1997.5 日本ウクライナ研究会第6回研究報告会「ウクライナにおけるイワン・フョードロフの書籍印刷-出版物の内容と国外への伝播について」(東京大学教養学部(以下、東大教養)、45分&質疑15分)
同 大東文化大学地中海研究会「15世紀ヴェネツィア人によるドン河下流域のクルガーン(古墳)盗掘について」(ナウカ本社会議室、120分)
1999.3 「ロシアにおける書籍印刷(第4回):第6章16-17世紀ウクライナにおけるキリル文字による書籍印刷」(『早稲田大学図書館紀要』第46号)。(*次号より予算削減のため年2回刊から年1回刊になるので、連載を辞退)
2000.5 日本ウクライナ研究会「16-17世紀ウクライナにおけるキリル文字による書籍印刷」(東大教養、60分)
2000.10 「1581年刊『オストローク聖書』出版の経緯と天理図書館所蔵本について」(『ロシア史研究』第67号)
2002.11 日本ウクライナ研究会第17回研究報告会「キリッル・グリゴーリエヴィチ・ラズモーフスキーの生涯:その功績と限界」(東大教養、60分)
2005.11 日本ウクライナ研究会第20回研究報告会「幻に終ったフランス人亡命者軍事コロニー建設計画―フランス革命とロシアの関係史秘話」(東大教養、60分)

なお、私は、昨年12月末に、研究会の運営委員の方に、早ければ今年の春の研究発表会、遅くとも秋の研究発表会で、研究発表をしたいとの意向を表明しています。
テーマは、1912年にペテルブルグで刊行された「クリミアのガイドブック」の実物を示しながらの紹介。
しかし、現在の情勢が少し落ち着いてからの方が良いかも知れないので、秋の研究発表会にしたいと考えています。
その研究発表の助走のために、「憲法便り」で、ガイドブックをほんの少しだけ紹介しておきたいと思っています。


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると思っています。
安倍政権とその補完者である維新の会の暴走を食い止め、憲法改悪を阻止しましょう!
[PR]

by kenpou-dayori | 2014-03-30 15:38 | ウクライナ・クリミア