岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:首相ウオッチ・首相の一日( 39 )


2017年 01月 01日

憲法便り#1889:年頭20話(その1)安倍首相の真珠湾訪問は、現職の首相としては4番目・・・歴史的快挙を演出する嘘を、実証的にあばく!

2017年1月1日(日)

憲法便り#1889:年頭20話(その1)安倍首相の真珠湾訪問は、現職の首相としては4番目・・・歴史的快挙を演出する嘘を、実証的にあばく!

2016年12月24日(土)付『東京新聞』は朝刊三面で、下記の通り伝えた。
【ロサンゼルス=共同】ハワイの日本語日刊紙「ハワイ報知」は二十二日、安倍首相による二十六ー二十七日の訪問が予定されているハワイの真珠湾を、現職時代の鳩山一郎首相と岸信介首相もそれぞれ一九五六年と五七年に訪れていたいたことが過去の同紙記事で判明したと報じた。
 現職首相の真珠湾訪問を巡っては、政府は当初、安倍首相の訪問が現職初と発表、その後、五一年に当時の吉田茂首相が訪れていたと修正した。ハワイ報知の報道通りだとすると過去に三人の現職首相が訪問していたことになる。
 同紙の過去の紙面によると、鳩山氏については五六年十月三十日付で「鳩山首相きのう真珠湾を訪問」と写真付きで報道。紙面には「真珠湾海軍本部にスタンプ大将を訪問、首相を迎える十九発の礼砲と日米両国の国歌吹奏ののち儀仗兵を閲兵した」と書かれている。
 岸氏についてはハワイ報知の英語版の五七年六月二十九日付の記事で、二十八日に真珠湾を訪ね、太平洋戦争などの戦死者らを埋葬している国立太平洋記念墓地(パンチボウル)に献花したと報じている。
 鳩山、岸両氏の真珠湾訪問について外務省は「現時点では把握していない」としている。

 以上が東京新聞の記事だが、鳩山首相の訪米日程とハワイ訪問については、1956年10月23日付『朝日新聞』夕刊一面で、また、岸首相の訪米日程は1957年6月14日付『朝日新聞』の朝刊一面で確認することが出来る。

下は2016年12月24日(土)付『東京新聞』は朝刊三面
1956年10月23日付『朝日新聞』夕刊一面、
1957年6月14日付『朝日新聞』の朝刊一面の順
c0295254_14542899.jpg
c0295254_14585379.jpg


c0295254_14593536.jpg



[PR]

by kenpou-dayori | 2017-01-01 15:08 | 首相ウオッチ・首相の一日
2016年 04月 05日

憲法便り#1668:【首相の一日】4月4日(月)

2016年4月5日(火)(憲法千話)

憲法便り#1668:【首相の一日】4月4日(月)

2016年4月5日付『東京新聞』の紙面から

【午前】
11時26分、皇居。帰国の記帳。
   43分、官邸。

【午後】
0時3分、政府与党連絡会議。
 28分、自民党の谷垣禎一幹事長、茂木敏充選対委員長、伊達忠一参院幹事長。
2時10分、石原伸晃経済再生担当相、内閣府の松山健士事務次官、西川正郎内閣府審議官、前川守、羽深成樹、田和宏各政策統括官。
  40分、馳浩文部科学相。
3時、渡海紀三朗自民党教育再生実行本部長、富田茂之公明党教育改革推進本部長らによる申し入れ。
 20分、和泉洋人首相補佐官、吉岡てつを国際感染症対策調整室長。
 40分、国分良成防衛大学校長、深山延暁防衛省人事教育局長。
 56分、山本忠通国連アフガニスタン支援団(UNAMA)副代表、秋葉剛男外務省総合外交政策局長。
4時25分、菊池歩実さんら福島県双葉郡の高校生による表敬。記念撮影。
  40分、国会。
  42分、自民党の二階俊博総務会長、福井照、山口壮両衆院議員。
5時2分、自民党役員会。22分、同党の高村正彦副総裁、谷垣幹事長、二階総務会長、茂木選対委員長。
 36分、官邸。
 43分、経済財政諮問会議。
6時44分、東京・内幸町の帝国ホテル。宴会場「富士の間」でアラブ・ウイーク・レセプションに出席し、あいさつ。
7時7分、東京・虎ノ門のホテル「アンダーズ東京」。レストラン「アンダーズ タヴァン」で塩崎恭久厚生労働相、世耕弘成官房副長官と会食。
8時59分、東京・富ケ谷の私邸。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-04-05 20:10 | 首相ウオッチ・首相の一日
2016年 04月 05日

憲法便り#1667:【首相の一日】4月3日(日)

2016年4月5日(火)(憲法千話)

憲法便り#1667:【首相の一日】4月3日(日)

2016年4月4日付『東京新聞』の紙面から

【午後】
0時47分、核安全保障サミット出席を終え、米国から政府専用機で羽田空港。
1時28分、東京・富ケ谷の私邸。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-04-05 20:03 | 首相ウオッチ・首相の一日
2016年 04月 05日

憲法便り#1666:【首相の一日】4月2日(土)「核安保サミット」で、首相が「原発推進」を宣言。

2016年4月5日(火)(憲法千話)

憲法便り#1666:【首相の一日】4月2日(土)「核安保サミット」で、首相が「原発推進」を宣言。

福島第一原発事故後の現状に何もふれず、
「原子力の平和利用を再びリードすべく歩み始めた」と演説したことは、狂気の沙汰。

2016年4月3日付『東京新聞』の 紙面から

(1日)=現地時間

【午前】
ワシントン市内のワシントン・コンベンション・センターで核安全保障サミット全体会合。
 
【午後】
核安全保障サミット参加首脳と記念撮影。各国首脳と昼食会。韓国の朴槿恵大統領と立ち話。アルゼンチンのマクリ大統領と会談。カザフスタンのナザルバエフ大統領と会談。インドのモディ首相と会談。核安全保障サミット全体会合。ナイジェリアのブハリ大統領と立ち話。ベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相と立ち話。ワシントン市内の宿泊先のホテル「ウィラード・インターコンチネンタル・ワシントン」で同行記者団と懇談。同ホテル泊。

(2日)=現地時間

【午前】
ワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地を政府専用機で出発。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-04-05 19:59 | 首相ウオッチ・首相の一日
2016年 04月 05日

憲法便り#1665:【首相の一日】4月1日(金)

2016年4月5日(火)(憲法千話)

憲法便り#1665:【首相の一日】4月1日(金)

2016年4月2日付『」東京新聞』の 紙面から

(3月31日)=現地時間

【午後】
記者発表。オバマ米大統領と会談。朴槿恵韓国大統領と会談。ワシントン市内の宿泊先のホテル「ウィラード・インターコンチネンタル・ワシントン」でカナダのトルドー首相と会談。ホワイトハウスでオバマ米大統領主催の核安全保障サミット夕食会。ウィラード・インターコンチネンタル・ワシントン泊。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-04-05 19:53 | 首相ウオッチ・首相の一日
2016年 04月 01日

憲法便り#1646:【首相の一日】3月31日(木)日米韓首相会談で軍事協力強化の表明!とんでもない!

2016年4月1日(金)(憲法千話)

憲法便り#1646:【首相の一日】3月31日(木)日米韓首脳会談で軍事協力強化の表明!とんでもない!

2016年4月1日付『東京新聞』 紙面から

30日=現地時間
【午後】
政府専用機でワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地。ワシントン市内の宿泊先のホテル「ウィラード・インターコンチネンタル・ワシントン」で国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長。ハドソン研究所を訪問。佐々江賢一郎駐米大使公邸で世界銀行のキム総裁、米連邦準備制度理事会(FRB)のグリーンスパン元議長ら有識者との夕食会。ウィラード・インターコンチネンタル・ワシントン泊。
  
31日=現地時間
【午前】ワシントン市内のワシントン・コンベンション・センターでオバマ米大統領、朴槿恵韓国大統領と会談。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-04-01 16:43 | 首相ウオッチ・首相の一日
2016年 04月 01日

憲法便り#1645:【首相の一日】 3月30日(水)戦争法廃止法案審議拒否の二人が花見!許せん!

2016年4月1日(金)(憲法千話)

憲法便り#1645:【首相の一日】 3月30日(水)戦争法廃止法案審議拒否の二人が花見!許せん!

2016年3月31日付『東京新聞』 紙面から

【午前】
9時26分、官邸。
  28分、河野太郎行政改革担当相。
10時、谷内正太郎国家安全保障局長、外務省の杉山晋輔、長嶺安政両外務審議官、石兼公博アジア大洋州局長、森健良北米局長ら。
 52分、外務省の杉山、長嶺両外務審議官、高瀬寧中南米局長、上村司中東アフリカ局長ら。
11時42分、谷内国家安全保障局長、秋葉剛男外務省総合外交政策局長、防衛省の前田哲防衛政策局長、河野克俊統合幕僚長。

【午後】
0時4分、官邸南庭で山口那津男公明党代表らと花見。
 14分、山口公明党代表。
1時4分、石井啓一国土交通相、菅義偉官房長官。
 14分、観光ビジョン構想会議。
2時7分、ボーイスカウト日本連盟「富士スカウト章」受章者代表の岩井田慧美さんら。
4時5分、報道各社のインタビュー。
 29分、羽田空港。
 45分、核安全保障サミット出席のため、米国に向け政府専用機で出発。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-04-01 16:30 | 首相ウオッチ・首相の一日
2016年 03月 31日

憲法便り#1643:【嘘を見抜こう④】安倍首相の3月29日の記者会見【トランプ候補について】

2016年3月31日(木)(憲法千話)

憲法便り#1643::【嘘を見抜こう④】安倍首相の3月29日の記者会見【トランプ候補について】

安倍首相の嘘を見抜くため、3月29日の記者会見での発言の主要な部分を掲載します。

題して、【敵を知り、おのれを知る】

発言内容は、首相官邸のホームページから引用しています。


【質疑応答】の続き

(内閣広報官)
 それでは、次の質問。イザベルさん。

(記者)
 ブルームバーグニュースのレイノルズです。
 先日、新聞のインタビューで、ドナルド・トランプ氏が日本に対して思いやり予算を大幅に増やさなければ、在日米軍を撤退させるかもしれないと発言したほか、日本は核兵器を持ってもいいと言いましたが、こうした考え方に対して総理の受け止めを聞かせてください。

(安倍総理)
 米国の大統領選挙は、我が国を始め世界の国々に大きな影響を与えるわけでありまして、その推移については注目をしております。
 しかし、大統領選における候補者のコメント逐一について、私が意見を言う、コメントをすることは差し控えたいと思います。また、コメントをすることは適切ではないのかなと思います。
 次の米国大統領が誰になるにせよ、日米同盟は日本外交の基軸であり、アジア太平洋や世界の平和と繁栄のために米国と緊密に協力をしていくことに変わりはないと、こう考えております。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-03-31 04:38 | 首相ウオッチ・首相の一日
2016年 03月 30日

憲法便り#1641:戦争法の施行を決定した、平成28年3月22日(火)定例閣議案件の全容

2016年3月30日(水)(憲法千話)

憲法便り#1641:戦争法の施行を決定した、平成28年3月22日(火)定例閣議案件の全容

日本を「戦争を出来る国」にする戦争法の施行を、安倍内閣は、3月22日、閣議決定した。

閣議は、午前8時01分開始。8時18分には、次の予定に取り掛かっている。

次に見るように、わずか、17分足らずの短時間の閣議の中で、多数の項目の一つとして、日本の運命を決定する「戦争法」の施行が決定されたのである。


【首相の一日】

3月22日(火)

2016年3月23日付『東京新聞』 紙面から

【午前】
7時42分、官邸。
  52分、まち・ひと・しごと創生本部。
8時1分、閣議。
  18分、すべての女性が輝く社会づくり本部。
10時12分、茂木敏充自民党選対委員長。
11時39分、自民党東シナ海資源開発に関する委員会の原田義昭委員長。

【午後】
1時30分、江島潔自民党参院議員。
2時11分、坂田竜三海上自衛隊大湊地方総監ら。
  21分、ドイツ与党、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)のカウダー連邦議会院内総務。
3時3分、二階俊博自民党総務会長。
 24分、古谷一之官房副長官補、田和宏内閣府政策統括官、柳瀬唯夫経済産業省経済産業政策局長。
 43分、谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、秋葉剛男外務省総合外交政策局長、防衛省の前田哲防衛政策局長、河野克俊統合幕僚長。
4時40分、谷内国家安全保障局長、北村内閣情報官、下平幸二内閣衛星情報センター所長。
  50分、北村内閣情報官。
5時10分、外務省の斎木昭隆事務次官、河野雅治中東和平担当特使、秋葉総合外交政策局長。
  37分、教育再生実行会議。
6時09分、アンゴラのドスサントス国会議長。
  29分、ポール・クルーグマン米プリンストン大名誉教授。浜田宏一、本田悦朗両内閣官房参与同席。
  56分、国際金融経済分析会合。
7時47分、報道各社のインタビュー。
  51分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急。レストラン「ORIGAMI」で秘書官と食事。
9時21分、東京・富ケ谷の私邸。

平和憲法のもとでの暴挙。公明党も、その責任は免れない。



【一般案件】

我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律の施行等に伴う既往の閣議決定の整理について(決定)
(内閣官房・内閣府本府・外務・防衛省)


構造改革特別区域基本方針の一部変更について(決定)
(内閣官房)

都道府県の国民の保護に関する計画の変更について(決定)
(同上)

恩赦について(決定)
(同上)


【国会提出案件】

衆議院議員おお坂誠二(民維ク)提出日本国憲法第90条と特定秘密の保護に関する法律第10条第1項の文言上の齟齬に関する質問に対する答弁書について(決定)
(内閣官房)

衆議院議員仲里利信(無)提出TPP協定案に関税撤廃の除外規定がないことにより生じる影響等に関する質問に対する答弁書について(決定)
(同上)

衆議院議員緒方林太郎(民維ク)提出環太平洋パートナーシップ協定の国内実施法に関する質問に対する答弁書について(決定)
(同上)

衆議院議員おお坂誠二(民維ク)提出公共サービス基本法に対する総務省の取り組みに関する質問に対する答弁書について(決定)
(総務省)

衆議院議員鈴木貴子(無)提出日本共産党へのソ連からの秘密資金援助疑惑に関する質問に対する答弁書について(決定)
(同上)

衆議院議員鈴木貴子(無)提出日本共産党と「破壊活動防止法」に関する質問に対する答弁書について(決定)
(法務省)


衆議院議員中根康浩(民維ク)外1名提出福祉タクシーに関する質問に対する答弁書について(決定)
(国土交通省)


【政 令】

我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律の施行期日を定める政令(決定)
(内閣官房・内閣府本府・外務・防衛省)

我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律及び国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令(決定)
(内閣官房・内閣府本府・外務・財務・防衛省)

郵政民営化法施行令の一部を改正する政令(決定)
(内閣官房・金融庁・総務省)

医療法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令(決定)
(厚生労働省)

医療法の一部を改正する法律の一部の施行に伴う関係政令の整備及び経過措置に関する政令(決定)
(同上)

独立行政法人に係る改革を推進するための厚生労働省関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係政令の整備等及び経過措置に関する政令(決定)
(厚生労働・財務省)

交通政策審議会令の一部を改正する政令(決定)
(国土交通省)

特定タンカーに係る特定賠償義務履行担保契約等に関する特別措置法施行令の一部を改正する政令(決定)
(国土交通省・金融庁・財務省)


【人 事】

大阪女子大学名誉教授青木隆嘉外127名の叙位又は叙勲について(決定)


【報 告】

人口減少社会に的確に対応する地方行政体制及びガバナンスのあり方に関する地方制度調査会の答申について
(内閣府本府)

以上の案件のタイトルを読み上げるだけでも、かなりの時間がかかる。
「閣議」とは言うものの、論議は、いささかも行われていないとうことであろう。

【用語解説】
「一般案件」
国政に関する基本的重要事項等であって、内閣として意思決定を行うことが必要なもの

「国会提出案件」
法律に基づき内閣として国会に提出・報告するもの

「法律・条約の公布」
国会で成立した法律又は締結された条約を憲法第7条に基づき公布のための内閣の助言と承認を行うもの

「法律案」
内閣提出法律案を立案し、国会に提出するもの

「政令」
政令(内閣の制定する命令)を決定し、憲法第7条に基づき公布のための内閣の助言と承認を行うもの

「報告」
国政に関する主要な調査の結果の発表、各種審議会の答申等閣議に報告することが適当と認められるもの

「配布」
閣議席上に資料を配布するもの
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-03-30 13:38 | 首相ウオッチ・首相の一日
2016年 03月 30日

憲法便り#1640:【嘘を見抜こう③】安倍首相の3月29日の記者会見【安保法制施行について】

2016年3月30日(水)(憲法千話)

憲法便り#1640:【嘘を見抜こう③】安倍首相の3月29日の記者会見【安保法制施行について】

安倍首相の嘘を見抜くため、3月29日の記者会見での発言の主要な部分を掲載します。

題して、【敵を知り、おのれを知る】

発言内容は、首相官邸のホームページから引用しています。

【小見出し】と(注)は、私が付けたものです。


【質疑応答】の続き

(内閣広報官)
 それでは、もう一社、幹事社。
 どうぞ。

(記者)
 幹事社の毎日新聞の田中と申します。
 安全保障法制が今日施行されました。駆けつけ警護の実施や米艦防護などのリスクが比較的高いとされる任務の実施が、多くは夏以降に先送りされています。法律の施行から中核となる任務の実施まで時間差が生じることになりますが、総理はそれをどのように受けとめ、それらを実施する見通しをいつ頃からとお考えでしょうか。
 あと、野党からは、時間差が生じることについて、参院選にこの安保法制に関することを影響させないようにするためだとの指摘も出ていますが、それについての総理の感想もお願いいたします。

(安倍総理)
 我が国を取り巻く安全保障環境は、厳しさを増しています。今年に入っても、それを多くの皆さんは実感しておられるのではないかと思います。今、世界において、どの国も一国のみで自国を守ることができない中において、正に今回の法制によって抑止力を高め、そして、それは戦争を未然に防ぐものであります。そして、国民の命を守り抜いていくと同時に、この平和で繁栄した日本を、そして地域を次世代に引き渡していく、その責任を果たすためのものでもあります。日本を守るためにお互いが助け合うことのできる同盟は、当然、その絆を強くするわけであります。絆の強い同盟によって、間違いなく抑止力は高まっていく。先般、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際、従来よりも、日米はしっかりと情報の共有あるいは体制整備、以前よりもその協力は格段に進歩したわけでありまして、これはハリス太平洋軍司令官もそう述べています。正に助け合うことのできる同盟は、その絆を強くした、その証左であろうと思います。

 他方で、法律の施行によって、自衛隊には正に今日、新たな任務が付与されたばかりであります。法律によって任務が付与されなければ、自衛隊は訓練を行うことはできません。駆け付け警護を含め、新たな任務を、安全を確保しつつ適切に遂行するためには、あらゆる面で万全の態勢を整え、そして、教育訓練を含め、時間をかけて周到な準備をしなければなりません。安全保障の現場というのはそういうものでありまして、政治的な都合によってそれを早めたりするということはあってはならないわけでありますから、当然、周到な準備を今日から始めていく。そして、それにはしばらく時間がかかるということでありまして、当然これは、参議院選挙があるから、ないから、先送りするどうかという話では全くないわけでありまして、その批判は極めて私は的外れ、現場を知らない話ではないかと思います。正に今日から安全を確保するため、日本を守るために周到な準備、そのための訓練が始まるということであります。

*共和党トランプ候補についての質疑は、こちらへ
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-03-30 11:11 | 首相ウオッチ・首相の一日