カテゴリ:上丸問題( 6 )


2016年 07月 25日

憲法便り#1785:上丸洋一氏の研究盗用に抗議し、謝罪と盗用部分の削除を要求します④

2016年7月25日(月)(憲法千話)

憲法便り#1785:上丸洋一氏の研究盗用に抗議し、謝罪と盗用部分の削除を要求します④


2015年4月7日(火)付『朝日新聞』夕刊に、『新聞と9条』第5回が掲載された。

何も事情を知らない人がこの記事を読むと、いかにも、上丸氏が自分が調べたような書き方である。

c0295254_21352224.jpg


拡大部分(前半)
c0295254_21485334.jpg


拡大部分(後半)
c0295254_21492956.jpg



だが、この記事は、私が上丸氏に対してFAXで送った調査結果に基づいている。

1945年9月3日付『毎日新聞』の社説、「和平建設への強力な拍車」は、私が発掘した資料であり、彼が自らマイクロフィルムを調査し、読み取ったものではない。

上丸氏にFAXで送った情報、調査結果は、『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』の延長線上にある、加筆・訂正であり、これを勝手に利用することは、私は認めていない。
ましてや、情報提供者が私であること、私の研究上の解釈に触れずに、自分の解釈だけを記述するのは、論外である。

私は、上丸氏に対して、資料、文献、研究を引用する国立国会図書館のホームページを含め、引用する際にはその出典を明かにしなければならないことを伝えて来た。
これは、学問の世界では、常識であり、不可欠なことである。
私の資料調査や研究を引用する場合も、当然おなじことが要求される。

しかしながら、かれは、白昼公然と無断引用、即ち盗用したのである。
いわゆるコピペ、カンペと呼ばれるレベルよりも、悪質である。

もしも、研究者が上丸氏と同じことをしたならば、その事実が発覚した時点で、研究の世界から退場しなければならない。

朝日新聞社は、2014年に、「日本軍慰安婦」問題、および、東電福島第一原発吉田所長が政府事故調査委に答えた「吉田調書」の問題で、社会的信頼を失っていた。

だが、私は、上丸問題が生じたときに、センセーショナルな形での告発はしなかった。

そして、「朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相」という見出しにしてきた。
しかしながら、そのような思いやり、気遣いは、見当ちがいであった。

今回の見出しも、「要求します」ではなく、「要求する」と、強い表現に変更すべきとも考えている。

2015年4月7日(火)付の記事に至るには、上丸氏からFAXで私に送られてきた最初の予定稿、そして私の批判に基づく二番目の予定稿があった。
二番目の原稿も全くひどいものなので、それも批判した。

ただし、私は批判するだけではなく、協力もしていた。その協力の実際は、次回以降でふれる。

2015年4月7日(火)付の記事も、3回目の予定稿として送られてくるものと思っていた。

だが、上丸氏は、何の連絡もなく、私を出し抜く形で発表した。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-07-25 22:40 | 上丸問題
2016年 07月 23日

憲法便り#1780:上丸洋一氏の研究盗用に抗議し、謝罪と盗用部分の削除を要求します①改訂第三版

2016年7月23日(土)(憲法千話)

憲法便り#1780:上丸洋一氏の研究盗用に抗議し、謝罪と盗用部分の削除を要求します①改訂第三版

2016年7月18日(月)(憲法千話)
改訂第二版:2016年7月22日(金)赤字部分を加筆
改訂第三版:2016年7月23日(土)名刺のコピーを追加

憲法便り#1770:上丸洋一氏の研究盗用に抗議し、謝罪と盗用部分の削除を要求します①改訂第三版


はじめに
c0295254_2073850.jpg



言論の自由はありますが、他人の研究を盗用する自由はありません。

オリンピックのエンブレム問題は、デザインが似ているということから、佐野研二郎氏は、盗用を疑われ、指弾をうけた。
そして、正式決定していたエンブレムは取り消された。その後の彼の社会的活動や事務所の活動がどうなっているのか私には判らない。
気の毒な話である。

だが、朝日新聞の上丸洋一氏の行った行為は、似ているということではなく、私が調査した未発表の資料を、自分で調査したかのように、無断で朝日新聞に発表した、学問上許されない犯罪的行為である。

彼が行った行為を私は、決して許さない。

新しいシリーズとして、書き出すこととする。

この問題を考え始めると、決まって心臓の調子がおかしくなる。
不整脈が頻繁に起こるのである。

したがって、短く書けるだけ書いて、次回につなぐことにしたい。
表現が不足していると思う部分は、加筆をして、より正確に表現することも考えている。

今まで保留にしていたことも、すべて書く事にしたい。
私が上丸氏と接点があった時点では、彼が「日本ジャーナリスト会議」の会員であったことも、会話や手紙のやろとりの中で出てきたものを、そのまま記事とする。
これは、「日本ジャーナリスト会議」を非難することを意図するものではない。
逆に、研究の盗用をし、平気な顔をしている彼のような人物は、「日本ジャーナリスト会議」に相応しくないとの考えからである。


ただし、上丸氏の住所、携帯電話番号、メールナンバーを書くことはしない。

昨年12月27日に以下の記事を掲載しましたが、それから半年以上が経ちました。それほど、私にとって、精神的にも、肉体的にも、負担がかかる問題なのです。

*********************************************

2015年12月27日(日)(憲法千話)

憲法便り#1507:朝日新聞編集委員上丸洋一氏の研究盗用問題(上丸問題)の執筆再開に際して


8月上旬以降、朝日新聞編集委員上丸洋一氏による、研究盗用問題(以下、上丸問題と略)について、長期にわたり、ブログへの掲載を中断しておりました。

これは、8月6日、8月9日、8月15日の前後は、鎮魂の思いから争いをさけたこと、
その後は「安保法制」(「戦争法案」)をめぐる国会情勢の報道に、この問題がいささかでも影響を及ぼすことを避けたいという、私の一方的な思いからの中断です。

そして、9月19日以降は、極度の疲労により、私自身の健康状態が極度に悪かったことによります。

上丸問題告発のブログは、明日から再開します。

上丸問題が生じた当初は、これを考えるだけで、ひどい不整脈が生じ、睡眠も一時間半ほどしか取れない不眠症にかかり、心臓病を抱える私にとっては、生命の危険を感じる毎日が続きました。


朝日新聞社は、昨年、慰安婦問題及び福島原発の吉田所長書簡問題で、社会的に大きな批判を浴びたことは、皆様ご存知の通りです。

その朝日新聞の編集委員上丸洋一氏が、私の研究を盗用したことは、ジャーナリストとしてあるまじき行為です。
オリンピックの「エンブレム」問題は、「似ている」という指摘により、佐野氏の盗用疑惑が取りざたされましたが、上丸氏の場合は、完全に盗用です。

上丸氏及び朝日新聞社に抗議を致しましたが、謝罪も反省もありません。

したがいまして、いままでは、ブログ『岩田行雄の憲法便り』で、控えめに伝えてきましたが、許すことは出来ませんので、上丸問題について、表現に留意はしながらも、すべてを明らかにすることにしました。

問題の経緯の一部分は、すでに私のブログ『岩田行雄の憲法便り』に公表してきましたが、読み直してみると不十分な点が多々ありましたので、新たに、解りやすく事実経過を書くことに努めます。

幸いにして、最近は、上丸問題を考えても不整脈がほとんど生じないので、短期間で終わるようにし、
あとは、抗議と、盗用部分の削除を求めることにします。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-07-23 20:21 | 上丸問題
2016年 07月 22日

憲法便り#1778:上丸洋一氏の研究盗用に抗議し、謝罪と盗用部分の削除を要求します③

2016年7月22日(金)(憲法千話)
第二版:2016年7月23日(土)赤字部分を加筆

憲法便り#1778:上丸洋一氏の研究盗用に抗議し、謝罪と盗用部分の削除を要求します③第二版

私は、これまで、憲法改悪を阻止するために、2004年以来の研究成果を、惜しみなく公表してきた。

それは、平和憲法を守ろうとする人々へのメッセージであって、
自己保身や功名心にかられた、朝日新聞社編集委員・上丸氏のためではない。

そして、「取材」といえば、何でも許されるものではない。
他人の研究を引用する場合には、引用する研究者のことをきっちりと述べなければならない。
この基本を守らないものは、盗用である。

上丸氏の場合は、気付かずに「うっかりした」というたぐいのことではない。
情報源である私を出し抜く形で、盗用したのである。


私がどこで、調査してきたかについて、簡単に述べておきたい。
これは、すべて、私費で行ったものである。

調査のため訪問したのは、国立国会図書館をはじめ、外務省外交史料館、国立公文書館、全国各地の県立図書館、その他の研究機関である。

国立国会図書館の場合は、日参したと言っても過言ではない。

各地の県立図書館とは、
宮城(仙台、2回)、茨城(水戸市)、群馬(前橋市)、埼玉(浦和)、千葉(千葉市)、
山梨(甲府市)、富山(富山市)、福井(福井市)、静岡(静岡市)、鳥取(鳥取市)、
徳島(徳島市)、香川(高松市)。
広島は、広島市立図書館を訪問。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-07-22 22:33 | 上丸問題
2016年 07月 19日

憲法便り#1772:上丸洋一氏の研究盗用に抗議し、謝罪と盗用部分の削除を要求します②改訂第二版

2016年7月19日(火)(憲法千話)
第二版:2016年7月22日(金)赤字部分を加筆

憲法便り#1772:上丸洋一氏の研究盗用に抗議し、謝罪と盗用部分の削除を要求します②


昨年、以下の記事を公表した。しかし、体調や、情勢、家族の闘病、その他の事情を考慮して、執筆を何回も中断し、一年近くが経過した。
情勢とは、安倍政権により強まる改憲の動き、被爆者への追悼の期間、敗戦前後の追悼の期間、戦争法反対の闘いへの配慮である。
しかしながら、私が一方的に配慮をしても、誰にも伝わらない。
そして、上丸氏や朝日新聞の関係者は、私が盗用問題の追及を諦めて、沈黙していると思っているだろう。

だから、今度こそ、最後まで書き進めないと、「死んでも死にきれない」という心境は、ますます強まっている。

以下に、上丸氏の盗用問題に関する記事の一覧を掲載します。

憲法便り#1495:朝日新聞編集委員上丸洋一氏による研究盗用に関する記事一覧リスト
[ 2015-12-23 15:56 ]
憲法便り#1184:朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(15)研究の盗用に到る経過②(第二版)
[ 2015-08-17 23:18 ]
憲法便り#1137:朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(15)研究の盗用に到る経過②(初版)
[ 2015-08-11 18:53 ]
憲法便り#1100 朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(14)研究の盗用に到る経過①(画像付)
[ 2015-08-05 23:15 ]
憲法便り#1099:『憲法便り』への、8月4日のアクセス・ベストテン
[ 2015-08-05 09:08 ]
憲法便り#1098朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(14)研究の盗用に到る経過①(画像付)
[ 2015-08-04 22:44 ]
憲法便り#1097:朝日新聞社編集委員上丸洋一氏による研究無断使用、即ち盗用についての抗議文
[ 2015-08-04 20:37 ]
憲法便り#1034朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(13)上から目線と開き直り(画像)
[ 2015-06-29 23:28 ]
憲法便り#1030 朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(12)態度豹変(画像あり)
[ 2015-06-27 22:48 ]
憲法便り#1026朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相⑪「朝日新聞を助けて下さい」と拡張員が
[ 2015-06-26 21:23 ]
憲法便り#1025ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力・・・の標題を遡って改題
[ 2015-06-26 19:27 ]
憲法便り#897ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第十回)
[ 2015-06-25 16:30 ]
憲法便り#882ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第九回)
[ 2015-06-20 20:33 ]
憲法便り#881ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究・・・(第九回)は、今夕掲載予定
[ 2015-06-20 13:18 ]
憲法便り872:ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第八回)
[ 2015-06-19 17:40 ]
憲法便り#868:ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第七回)
[ 2015-06-17 20:45 ]
憲法便り#867:朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力中止・・・(第七回)は今日掲載予定です
[ 2015-06-17 08:18 ]
憲法便り#855:ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第六回)
[ 2015-06-12 22:28 ]
憲法便り#853:朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力中止・・・(第六回)を明日掲載予定です
[ 2015-06-11 16:32 ]
憲法便り#824お知らせ:朝日新聞上丸洋一編集委員への・・・(第五回)の6月4日補訂版を掲載!
[ 2015-06-04 06:16 ]
憲法便り#823:朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第五回)(補訂版)
[ 2015-06-03 22:22 ]
憲法便り#821:『ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への・・・(第五回)』は3日に延期します。
[ 2015-06-02 20:45 ]
憲法便り#820:『ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への・・(第五回)』は明日に延期します。
[ 2015-06-01 21:31 ]
憲法便り#751:ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第四回)
[ 2015-04-22 21:20 ]
憲法便り#750:ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第三回)
[ 2015-04-21 20:10 ]
憲法便り#734:ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第二回)
[ 2015-04-15 08:31 ]
憲法便り#730:ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第一回)
[ 2015-04-12 18:02 ]
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-07-19 07:33 | 上丸問題
2016年 07月 18日

憲法便り#1770:上丸洋一氏の研究盗用に抗議し、謝罪と盗用部分の削除を要求します①改訂第二版

2016年7月18日(月)(憲法千話)
改訂第二版:2016年7月22日(金)赤字部分を加筆

憲法便り#1770:上丸洋一氏の研究盗用に抗議し、謝罪と盗用部分の削除を要求します①改訂第二版


はじめに

言論の自由はありますが、他人の研究を盗用する自由はありません。

オリンピックのエンブレム問題は、デザインが似ているということから、佐野研二郎氏は、盗用を疑われ、指弾をうけた。
そして、正式決定していたエンブレムは取り消された。その後の彼の社会的活動や事務所の活動がどうなっているのか私には判らない。
気の毒な話である。

だが、朝日新聞の上丸洋一氏の行った行為は、似ているということではなく、私が調査した未発表の資料を、自分で調査したかのように、無断で朝日新聞に発表した、学問上許されない犯罪的行為である。

彼が行った行為を私は、決して許さない。

新しいシリーズとして、書き出すこととする。

この問題を考え始めると、決まって心臓の調子がおかしくなる。
不整脈が頻繁に起こるのである。

したがって、短く書けるだけ書いて、次回につなぐことにしたい。
表現が不足していると思う部分は、加筆をして、より正確に表現することも考えている。

今まで保留にしていたことも、すべて書く事にしたい。
私が上丸氏と接点があった時点では、彼が「日本ジャーナリスト会議」の会員であったことも、会話や手紙のやろとりの中で出てきたものを、そのまま記事とする。
これは、「日本ジャーナリスト会議」を非難することを意図するものではない。
逆に、研究の盗用をし、平気な顔をしている彼のような人物は、「日本ジャーナリスト会議」に相応しくないとの考えからである。


ただし、上丸氏の住所、携帯電話番号、メールナンバーを書くことはしない。

昨年12月27日に以下の記事を掲載しましたが、それから半年以上が経ちました。それほど、私にとって、精神的にも、肉体的にも、負担がかかる問題なのです。

*********************************************

2015年12月27日(日)(憲法千話)

憲法便り#1507:朝日新聞編集委員上丸洋一氏の研究盗用問題(上丸問題)の執筆再開に際して


8月上旬以降、朝日新聞編集委員上丸洋一氏による、研究盗用問題(以下、上丸問題と略)について、長期にわたり、ブログへの掲載を中断しておりました。

これは、8月6日、8月9日、8月15日の前後は、鎮魂の思いから争いをさけたこと、
その後は「安保法制」(「戦争法案」)をめぐる国会情勢の報道に、この問題がいささかでも影響を及ぼすことを避けたいという、私の一方的な思いからの中断です。

そして、9月19日以降は、極度の疲労により、私自身の健康状態が極度に悪かったことによります。

上丸問題告発のブログは、明日から再開します。

上丸問題が生じた当初は、これを考えるだけで、ひどい不整脈が生じ、睡眠も一時間半ほどしか取れない不眠症にかかり、心臓病を抱える私にとっては、生命の危険を感じる毎日が続きました。


朝日新聞社は、昨年、慰安婦問題及び福島原発の吉田所長書簡問題で、社会的に大きな批判を浴びたことは、皆様ご存知の通りです。

その朝日新聞の編集委員上丸洋一氏が、私の研究を盗用したことは、ジャーナリストとしてあるまじき行為です。
オリンピックの「エンブレム」問題は、「似ている」という指摘により、佐野氏の盗用疑惑が取りざたされましたが、上丸氏の場合は、完全に盗用です。

上丸氏及び朝日新聞社に抗議を致しましたが、謝罪も反省もありません。

したがいまして、いままでは、ブログ『岩田行雄の憲法便り』で、控えめに伝えてきましたが、許すことは出来ませんので、上丸問題について、表現に留意はしながらも、すべてを明らかにすることにしました。

問題の経緯の一部分は、すでに私のブログ『岩田行雄の憲法便り』に公表してきましたが、読み直してみると不十分な点が多々ありましたので、新たに、解りやすく事実経過を書くことに努めます。

幸いにして、最近は、上丸問題を考えても不整脈がほとんど生じないので、短期間で終わるようにし、
あとは、抗議と、盗用部分の削除を求めることにします。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-07-18 23:25 | 上丸問題
2015年 12月 27日

憲法便り#1507:朝日新聞編集委員上丸洋一氏の研究盗用問題(上丸問題)の執筆再開に際して

2015年12月27日(日)(憲法千話)

憲法便り#1507:朝日新聞編集委員上丸洋一氏の研究盗用問題(上丸問題)の執筆再開に際して

8月上旬以降、朝日新聞編集委員上丸洋一氏による、研究盗用問題(以下、上丸問題と略)について、長期にわたり、ブログへの掲載を中断しておりました。

これは、8月6日、8月9日、8月15日の前後は、鎮魂の思いから争いをさけたこと、
その後は「安保法制」(「戦争法案」)をめぐる国会情勢の報道に、この問題がいささかでも影響を及ぼすことを避けたいという、私の一方的な思いからの中断です。

そして、9月19日以降は、極度の疲労により、私自身の健康状態が極度に悪かったことによります。

上丸問題告発のブログは、明日から再開します。

上丸問題が生じた当初は、これを考えるだけで、ひどい不整脈が生じ、睡眠も一時間半ほどしか取れない不眠症にかかり、心臓病を抱える私にとっては、生命の危険を感じる毎日が続きました。


朝日新聞社は、昨年、慰安婦問題及び福島原発の吉田所長書簡問題で、社会的に大きな批判を浴びたことは、皆様ご存知の通りです。

その朝日新聞の編集委員上丸洋一氏が、私の研究を盗用したことは、ジャーナリストとしてあるまじき行為です。
オリンピックの「エンブレム」問題は、「似ている」という指摘により、佐野氏の盗用疑惑が取りざたされましたが、上丸氏の場合は、完全に盗用です。

上丸氏及び朝日新聞社に抗議を致しましたが、謝罪も反省もありません。

したがいまして、いままでは、ブログ『岩田行雄の憲法便り』で、控えめに伝えてきましたが、許すことは出来ませんので、上丸問題について、表現に留意はしながらも、すべてを明らかにすることにしました。

問題の経緯の一部分は、すでに私のブログ『岩田行雄の憲法便り』に公表してきましたが、読み直してみると不十分な点が多々ありましたので、新たに、解りやすく事実経過を書くことに努めます。

幸いにして、最近は、上丸問題を考えても不整脈がほとんど生じないので、短期間で終わるようにし、
あとは、抗議と、盗用部分の削除を求めることにします。
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-12-27 20:37 | 上丸問題