岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:美術( 4 )


2017年 01月 13日

憲法便り#1918:「年頭第26話:昨年、町田市立国際版画美術館に寄贈した小林清親の木版画『憲法組立の図』が、1月5日から展示されています」

2017年1月13日(金)(憲法千話)
(一覧しストに戻るのは、ここをクリック)

憲法便り#1918:「年頭第26話:昨年、町田市立国際版画美術館に寄贈した小林清親の木版画『憲法組立の図』が、1月5日から展示されています」

2017年1月5日から2月19日まで、
町田市立国際版画美術館で、
2016年度 新収蔵作品展が開催されています。

本展では、2015年度後半から2016年度後半にかけて、
あらたに収蔵した1,451点の作品の中から選ばれた
主な作品約90点が展示されています。

その中に、私が昨年寄贈した、浮世絵師・小林清親による木版画『憲法組立の図』も含まれていますので、紹介します。

入手した直後の記事にリンクしましたので、ここをクリックしてください
c0295254_21460431.jpg

c0295254_21463463.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-01-13 21:52 | 美術
2016年 05月 14日

憲法便り#1724:昨日、銀座で開催中の、「ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展」を見てきました!

2016年5月14日(土)(憲法千話)

憲法便り#1724:昨日、銀座で開催中の、「ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展」を見てきました!

幼児教育者であり、現在は、東京総合教育センターの教育相談員を務めている妻とともに、昨日午後、
東京銀座画廊・美術館5階(2丁目銀座メルサ)でこの美術展をじっくりと見てきました。

「ちいさな体と心に、背負いきれないほど多くの苦しみをかかえたこどもたち

だが、ひとたび心を開いたとき、こどもたちは、ありったけのエネルギーで、絵を描き始める

わたしは、そのエネルギーに圧倒された」

これが、率直な感想です。

ひとりでも多くの方に見ていただきたい、美術展です。

c0295254_1095538.jpg
c0295254_10103613.jpg



*このチラシの掲載に関しては、会場で、宮城まり子さんと直接お会いできる機会があり、こころよく、ご諒解をしていただきました。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-05-14 10:15 | 美術
2016年 03月 28日

憲法便り#1626:【特ダネ!】 明治の浮世絵師小林清親の木版画『憲法組立の図』を入手しました!

2016年3月28日(月)(憲法千話)

憲法便り#1626:【特ダネ!】 明治の浮世絵師小林清親の木版画『憲法組立の図』を入手しました!

『憲法組立の図』は、大日本帝國憲法が公布された明治22年(1889)2月に発行された、
雑誌『都の花』第九号に、挿絵として掲載されています。
第九号附録に収録された、美妙齋著『國の花』への挿絵です。

町田市立国際版画美術館が現在開催中の、『清親ー光線画の向こうに』で、この作品を初めて見ました。
展示されていたのは個人所蔵のものなので、展示目録を勝手にスキャンして紹介することは出来ません。

国立国会図書館の所蔵状況を検索してみましたが、うまくヒットしません。

そこで、『日本の古本屋』で検索したところ、幸運にも早稲田の古書店の在庫が確認できました。
3月25日(金)の午後のこと。

喜び勇んで、その日のうちに入手したものが、以下に紹介する作品。
これは、いわば貴重な文化財なので、私蔵することにはせず、さっそく、町田市立国際版画美術館への寄贈を申し出た次第で、4月10日に村田哲朗館長との面会を申し入れています。

『憲法組立の図』(全体を写すために、B4サイズでスキャン)
c0295254_2115011.jpg

『都の花』の表紙(変体仮名で書かれている)
c0295254_21125945.jpg

奥付け
c0295254_21132445.jpg

全体を大きく写すために、A4サイズでスキャンしたが、上下が少しずつ切れている)
c0295254_2114628.jpg

美妙齋著『國の花』の最初の頁
憲法発布を祝って、赤い字で印刷されている。また最初の文字「い」は、西欧のイニシャルを真似て、飾り文字になっている。
なお、これは明治憲法が公布された当時の世相を表した文章なので、後ほど、文字起こしをしたいと思っています。
c0295254_21244588.jpg


このような、本の発見についての話を書いている時が、一番嬉しく、心が休まります。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-03-28 21:32 | 美術
2016年 03月 12日

憲法便り#1595:「憲法組立の図」もある、画期的な版画展『清親(きよちか)光線画の向こうに』

2016年3月12日(土)(憲法千話)

憲法便り#1595:「憲法組立の図」もある、画期的な版画展『清親(きよちか・明治の浮世絵師) 光線画の向こうに』を観て

町田市立国際版画美術館で今日から開催される、小林清親の版画展の内覧会へのお招きを受け、昨日、解説を聴きながら観る機会を得ました。

私は、これまで、小林清親という浮世絵師のことを全く知りませんでしたが、案内のチラシを読んで、是非、実物を観たいと思い、大きな期待を持って出かけました。

期待が大きすぎると、がっかりする場合があるのですが、今回は、期待した以上の、素晴らしい内容でした。

会場でのエピソードなどは、後ほど、加筆つもりですが、まず町田市立国際版画美術館の展示案内を紹介します。



町田市立国際版画美術館の展示案内はこちらへ
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-03-12 09:42 | 美術