カテゴリ:追悼( 1 )


2016年 08月 08日

憲法便り#1823:【追悼】横綱千代の富士関

2016年8月8日(月)

憲法便り#1823:【追悼】元横綱千代の富士関


大相撲ファンとして、元横綱千代の富士の急逝のの報に接し、驚き、大変悲しんでいる。

土俵における千代の富士の業績は、大相撲ファンのみならす、多くの人々に知られている。

したがって、私は、ここでは、違った視点から、千代の富士関の業績に触れて、追悼の一文としたいと思う。

かつて、『東京新聞』スポーツの欄に、「ウルフの目」という、場所中の大相撲の解説記事が連載されていた。

この連載は、1991年名古屋場所から、2010年5月場所までの19年間にわたって続けられた。

回数にして、実に1710回。

「ウルフの目」の解説は、鋭く、説得力があり、スポーツ記者の解説よりも数段優れていた。

したがって、読むのが楽しみであった。

本にまとめれば、2,000頁に及ぶ平成時代の大相撲の歴史を語る大作となる。

東京新聞に尋ねたところ、残念ながら、出版はされていないという。

「名力士は、名解説者であった」。

これが、元千代の富士関に贈る言葉である。

心から、お冥福をお祈りします。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-08-08 21:50 | 追悼