<   2013年 07月 ( 74 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 31日

憲法便り#157「笑いのめそう!安倍政権」(61)『誰のことでしょう?』

イタリア語風クイズ『誰のことでしょう?』

mangiare(マンジャーレ、食べる)
cantare(カンターレ、歌う)
amare(アマーレ、愛する)
これは、イタリア人が日常生活の中で
最も大事にしている三つのことです。

では、ここで、問題です。
次の言葉は、一人の人物を指していますが、
誰のことでしょうか?
amattare(アマッターレ)
acantare(アカンターレ)
bacattare(バカッターレ)
     ―出題・クイズの達人
       
 (新宿区・天才デコポン)


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-07-31 08:00 | 天才デコポンが追及する!
2013年 07月 31日

憲法便り 号外(5)『反韓デモの現場・新大久保に行って来ました』

今日の話題「反韓デモ・嫌韓デモについて」

「反韓デモ・嫌韓デモ」、ヘイトスピーチがエスカレートして、その行動に批判的な人々との間にトラブルが起こり、遂に逮捕者が出るまで野放しにしていたことは、日本は「法治国家」ではなく、「放置国家」だと言っていいでしょう。

7月28日(日)の午後、「反韓・嫌韓デモ」の現場となっている新大久保に行って来ました。これまでデモ・コースとなっていた大久保通りは片側1車線の狭い道路で、2001年1月26日に新大久保駅で線路に転落した男性を助けようとした韓国からの留学生と日本人カメラマン男性の二人が犠牲となったガード、まさにその現場の下を通っています。
7月28日当日、私は、新大久保駅近くの交番に立ち寄り、警察官に質問しました。
岩田:「デモは最近もここを通るのですか?」
警官:「トラブルがあったので、最近は大久保通りは許可していない筈です。絶対に来ないとは、断言できませんが」
岩田:「トラブルとは、逮捕者が出た時のことですか?」
警官:「そうです」
岩田:「職安通りの方は許可されているのですか?」
警官:「職安通りと、靖国通りも」
岩田:「では、職安通りの方に行って見ます。ありがとうございました」

西武新宿駅北口に近い職安通りまで行ったが、デモはいないので、ある店の店員さんに質問したところ、「今日はもう来ないと思います。デモが来る時は、警察官が先に来るからです」とのこと。
私は一回りして新大久保まで戻り、「ソウル市場」というスーパーマーケットで美味しいマッコリを1本購入して帰路に。

我が家で購読している東京新聞に、先週、スーパーの折り込み広告と一緒に、『日本共産党新宿区議団ニュース』2013年7月号が入っていました。
その一面に、雨宮たけひこ議員の代表質問で、「人種差別を煽るヘイトスピーチ対策を」という質問と中山弘子新宿区長の答弁が簡単に掲載されていました。
詳細を知りたいと思い新宿区議会のホームページを調べましたが見つけることが出来なかったので、電話で雨宮議員に直接尋ねたところ、「日本共産党新宿区議団」のホームページに議事録の全文が掲載されていることが判りました。
議事録全体に目を通して見ると、『区議団ニュース』は、紙面の都合上、かなり簡略化されていること、そして、議事録にはあっても、省略されている項目があることも判りました。
雨宮議員の質問は、新宿区民のみならず、国民生活全般に共通する重要課題について、下記の7項目に亘っています。
1.区長の歴史認識と政治姿勢について
2.「アベノミクス」の影響と新宿区の対策について
3.待機児童解消と保育の質の確保について
4.国民健康保険について
5.国民年金保険料について
6.公契約条例の制定と高齢者の就業を確保する制度の実施について
7.震災対策の強化と災害時の通信の確保について

さらに、「1.区長の歴史認識と政治姿勢について」は、下記の三つの質問から成っています。
第1の質問:従軍慰安婦に関する歴史認識について(『区議団ニュース』では省略)
第2の質問:昨年から新宿区内で展開されている反韓デモ・嫌韓デモについて
第3の質問:憲法をめぐる問題(『区議団ニュース』では省略)

今日の話題としては、第2の質問と答弁を紹介します。
(第三の質問:憲法をめぐる問題も大変興味深いやりとりなので、日を改めて紹介する予定です。)

新宿区議会2013年第2回定例会での日本共産党区議団雨宮たけひこ議員の代表質問と中山弘子区長の答弁はつぎの通りです。

【雨宮たけひこ議員の質問】
「第2の質問は、昨年から新宿区内で展開されている反韓デモ・嫌韓デモについてです。
竹島や尖閣諸島問題を機にインターネットでのデモ参加の呼びかけで集まった集団が、韓国・朝鮮人に対して「ぶっ殺せ」などと脅迫し、聞くに堪えない人種差別的言葉を叫ぶヘイトスピーチが社会問題となっています。「仲よくしようよ」のプラカードを持ったカウンターと言われる人たちがデモ隊と併行して歩き、新大久保周辺は一触即発の騒然とした事態となっています。5月19日にはとうとう逮捕者が出ました。周辺の商店主から「商売をやってられない。なんとかしてくれ」という悲鳴が私たちのところにも来ていますし、「子どもに見聞きさせたくない」「取り締まりはできないのか」と憂慮する声も届いています。このデモは、区立大久保公園と柏木公園がデモの出発・解散地点となっており、区の方にも苦情や意見が多数寄せられていると思いますが、いかがですか。区はこの間、この問題に対しどのように対処してきたのかお答え下さい。」

【中山弘子区長の答弁】
「次に昨年から新宿区内で展開されている反韓デモ・嫌韓デモについてのお尋ねです。このデモに対しては、差別的言動に反対する意見やデモに伴う事故を懸念される意見など、今年に入って7件のご意見をいただいています。この問題は、国会でも取り上げられるなど様々なメディアを通じ報道されているところです。区ではこれまで、法務省や東京都の人権担当部署に情報を伝えるとともに、新宿警察署には地域の方々へ危害が及ばないように、厳重な警戒警備と違法行為が発生した場合の迅速な対処を要請して参りました。地域団体にもその旨を伝え、何かあった場合には直ちに警察へ連絡するようお伝えしているところです。
 区では、国籍や民族等の異なる人々が互いの文化的違いを認め、理解し合い、共に生きていく多文化共生のまちづくりを推進していますが、こうしたデモが新宿で行われることを大変残念に思っています。
 今後も引き続き地域団体や関係機関と協議をしながら、連携して必要な対応を進めてまいります。」

なお、この質問をした雨宮議員は、新宿区議会の「防災等安全対策特別委員会」の委員長を務めていますが、「防災等」という表現の「等」の部分には、反韓・嫌韓デモの問題や、歌舞伎町などでの「客引き」の問題も含まれています。

近日中に、また新大久保に出かけるつもりでおります。


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-07-31 07:30 | 今日の話題
2013年 07月 31日

憲法便り#156 昭和20年7月31日「清水港、苫小牧港艦砲射撃をうける」

外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」

昭和20年7月31日(火)

[日本]
清水港、苫小牧港艦砲射撃をうく。

[外国]
アレキサンダー元帥、カナダ総督に任命。

(注)憲法便り#151に、昭和19年10月以降の、沖縄、日本本土への爆撃、艦砲射撃の日歴を記載した。(上記以外の地域への日本軍に対する攻撃は対象外とした)
この日歴を見れば、「ポツダム宣言黙殺、戦争邁進」の声明が、如何に無謀で、無責任で、馬鹿げたものであったかが判る。


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-07-31 07:00 | 太平洋戦争日歴
2013年 07月 30日

憲法便り#155「笑いのめそう!安倍政権」(60)『百鬼昼行』

『百鬼昼行』

昔は「百鬼夜行」と言ってな、
いろんな妖怪どもも、
お天道様やひと様に遠慮して、
夜になってから、ぞろぞろと歩き廻ったもんだ!

それが、今じゃ、どうだい?
妖怪どもは、真っ昼間からだよ、
永田町どころか、世界中を動き回って、
悪行をしてるじゃねえか!

言ってみれば、「百鬼昼行」だよ。
こんなこと許しておける訳ゃ、ねえだろう!
           ―よこかわ・男子

 (新宿区・天才デコポン)


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-07-30 08:05 | 天才デコポンが追及する!
2013年 07月 30日

憲法便り#154 幻の「日本国憲法公布記念絵葉書」(逓信省発行)をゲット!

今日の話題 『幻の「日本国憲法公布記念絵葉書」(逓信省発行)』

7月11日に、神保町の古書店で、昭和21年11月3日に逓信省が発行した「日本国憲法公布記念」の郵便はがきを入手しました。

未使用の三枚セットで、記念絵葉書用の小さな角封筒に収められています。
角封筒には、日本絵葉書第一輯(しゅう)とあり、写真家岡田紅陽作の国会議事堂の写真があしらわれています。

絵葉書三枚の作品は、下記の通り。
藤田嗣治筆 「迎日」
川端龍子筆 「不尽」(ふじ)・・・富士山を描いた作品
石井柏亭筆 「平和」

現在、著作権について調査中です。
著作権の問題が解決した時点で、画像による紹介を考えています。


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-07-30 08:00 | 今日の話題
2013年 07月 30日

憲法便り#153 昭和20年7月30日(68年前の今日)何が?

外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」

昭和20年7月30日(月)

[日本]
米機動部隊、関東、東海、近畿攻撃。
浜松附近艦砲射撃。
P51約250機、近畿来襲。

[外国]
スターリン軽病のため、ポツダム会議一日休会。

(注)憲法便り#151に、昭和19年10月以降の、沖縄、日本本土への爆撃、艦砲射撃の日歴を記載した。(上記以外の地域への日本軍に対する攻撃は対象外とした)
この日歴を見れば、「ポツダム宣言黙殺、戦争邁進」の声明が、如何に無謀で、無責任で、馬鹿げたものであったかが判る。


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-07-30 07:00 | 太平洋戦争日歴
2013年 07月 29日

憲法便り#152「笑いのめそう!安倍政権」(59)『軍事裁判』

『軍事裁判』

記 者:幹事長が軍事裁判を持ち出して
    国民を威嚇しているのは大問題です!
首 相:キミもそう思うのかい?
    じゃあ、キミも対象者だな!
      ―『誤報社』独善インタビュー
 (新宿区・天才デコポン)


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-07-29 08:00 | 天才デコポンが追及する!
2013年 07月 29日

憲法便り#151 昭和19年10月以降の日本への爆撃、艦砲射撃の記録

外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」より

日独伊三国軍事同盟を締結していたイタリアは、すでに1943年9月8日に無条件降伏しており、ドイツも1945年5月7日に無条件降伏しています。
この時点で、アメリカのトルーマン大統領が日本に無条件降伏を勧告しましたが、日本政府は5月9日に「戦争遂行決意不変」を声明し、戦争を続行していました。

ポツダム宣言が発表された時点で日本政府が取った態度と、「勇ましい」報道が如何にばかげたものであり、救い難い強がりであったか。
それを証明するため、昭和19年10月以降の日本への爆撃、艦砲射撃の記録を、外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日暦」に基いて示しておきます。

昭和19年(1944年)
【十月】
10日(火)米機動部隊、沖縄攻撃。

【十一月】
1日(水)マリアナ基地のB29東京上空発出現(偵察)
 5日(日)B29関東偵察。
 6日(月)B29呉偵察。
 7日(火)スターリン、日本を侵略国と看做すと演説。
      ソ連大使館の革命記念日祝賀会に、日本高官多数出席(スターリン演説後)
21日(火)B29九州西部に大挙来襲。
24日(金)B29約八〇機東京初爆撃。
27日(月)B29関東、東海に来襲。
29日(水)B29夜間関東空襲。

【十二月】
 3日(日)B29約七〇機、東京空襲。
 7日(木)東海、南海地方大震災。
18日(月)B29約七〇機、名古屋、大阪、神戸方面来襲。
22日(金)B29約一〇〇機、名古屋に来襲。
27日(水)B29約六〇機、東京来襲。

昭和20年(1945年)
【一月】
3日(水)B29約九〇機、大阪、名古屋、浜松、空襲。
6日(土)在支B29約七〇機、九州西部空襲。
9日(火)B29約六〇機、東京、名古屋に来襲。
13日(土)名古屋地方大地震。
14日(日)B29約六〇機、名古屋、伊勢を空襲。
19日(金)B29約八〇機、阪神空襲。
20日(土)大本営、本土決戦に関する作戦大綱決定。
23日(火)B29約七〇機、名古屋空襲。
27日(土)B29約七五機、東京空襲。

【二月】
4日(日)B29約九〇機、神戸、松阪に来襲。
15日(木)B29約六〇機、名古屋空襲。
16日(金)米機動部隊、関東、東海に来襲。
19日(月)B29約一〇〇機、東京空襲。
25日(日)米機動部隊再び関東に来襲。米大型機一三〇機東京空襲。

【三月】(注:東京大空襲)
4日(日)米軍大型機一五〇機東京空襲。
10日(土)B29約一三〇機、東京空襲、被害甚大(都市焼夷攻撃開始)(注:実際は前日から続いた)
12日(月)B29約一三〇機、名古屋来襲。
17日(土)硫黄島守備隊全滅。
B29約六〇機神戸空襲。
18日(日)米機動部隊九州南部、四国空襲。
19日(月)米機動部隊、阪神、呉空襲。B29名古屋空襲。
21日(水)硫黄島飛行場を米空軍使用開始。
23日(金)沖縄艦砲射撃、その後数日連続す。
25日(日)米軍沖縄慶良間列島占領、上陸泊地設定。
   B29約一三〇機、名古屋空襲。
27日(火)B29約五〇機、関門海峡に機雷投下。
28日(水)米機動部隊、南九州攻撃。
29日(木)沖縄周辺、米艦砲射撃始まる。
30日(金)B29関門海峡に機雷投下。
31日(土)B29約一七〇機、九州各地来襲。

【四月】(注:ほぼ連日の空襲を受ける)
1日(日)米軍沖縄本島上陸開始。
2日(月)B29約五〇機、東京空襲。
4日(水)関東、静岡に米大型機来襲。
5日(木)ソ連より日・ソ中立条約の不延長を通告し来る。
6日(金)日本航空部隊、沖縄方面艦隊に第一次総攻撃。
7日(土)沖縄救援の軍艦大和撃沈さる。
9日(月)米空軍、沖縄飛行場使用開始。
12日(木)沖縄米軍に対し第二次航空大攻撃。
13日(金)B29約一七〇機、東京空襲。
15日(日)吉田茂、殖田俊吉等和平派、憲兵隊に拘引さる。
南九州飛行場地区に、米空軍の来襲始まる。
   B29約二〇〇機、京浜地区来襲。
16日(月)沖縄に対する第三次航空大攻撃。
17日(火)B29約七〇機、南九州に来襲。
18日(水)B29約六〇機、南九州に来襲。
19日(木)沖縄における米軍地上攻撃本格的となる。
21日(土)木戸内府、東郷外相、終戦問題で談合。
   B29約二八〇機、九州各飛行場に来襲。
22日(日)沖縄に対する第四次航空大攻撃。
   B29約七〇機、南九州来襲。
28日(土)B29約一三〇機、九州来襲。
29日(日)沖縄に対し航空第五次大攻撃。
   B29約一〇〇機、南九州来襲。
30日(月)大型機、九州及び関東来襲。

【五月】(注:ドイツ七日に無条件降伏)
3日(木)B29、九州及び阪神来襲。
4日(金)B29、九州各地来襲。
5日(土)B29、大挙中国、九州に来襲。瀬戸内海各航路に対する機雷投下始まる
7日(月)ドイツ無条件降伏
8日(火) 米大統領トルーマン、日本に無条件降伏勧告。
硫黄島よりの米小型機、関東来襲。
9日(水)ドイツの降伏に拘らず日本の戦争遂行決意不変を政府声明。
10日(木)B29約三五〇機、岩国、徳山に来襲。
11日(金)沖縄に対する第六次航空大攻撃。
13日(日)米機動部隊、南九州来襲。
14日(月)B29約四〇〇機、名古屋来襲(米軍の日本本土空襲再興)。
17日(木)B29約一〇〇機、名古屋来襲。米小型機、京浜来襲。
19日(土)関東、静岡に米大型機約九〇機来襲。下関海峡機雷のため殆ど恒久的に通峡不能となり始める。
24日(木)沖縄飛行場に空挺隊を強行着陸(義烈空挺隊の挺身攻撃)。
沖縄に対する第七次航空大攻撃。
B29約二五〇機、東京空襲。
25日(金)宮城(きゅうじょう)、空襲で炎上。
B29約二五〇機、東京空襲。各所被害甚大。
27日(日)沖縄に対する第八次航空大攻撃。
28日(月)南九州へ沖縄より小型機約七〇機来襲。
29日(火)米軍、那覇市に突入。
横浜大空襲(大小合せて六〇〇機)。

【六月】(注:沖縄守備隊全滅)
1日(金)B29約四〇〇機、大阪空襲。被害甚大。 
2日(土)沖縄に対する第九次航空大攻撃(不成功)。
   沖縄より小型機約一七〇機、九州来襲。
3日(日)沖縄に対する第十次航空大攻撃。
沖縄より約一三〇機九州来襲。
5日(火)B29約三五〇機、阪神に来襲。
7日(木)沖縄に対する第十一次航空大攻撃
B29約二五〇機、大阪来襲。被害甚大。
8日(金)米機動部隊約二〇〇機、南九州来襲。
9日(土)B29約一三〇機、尼崎、明石に来襲。
10日(日)米空軍約三七〇機、関東来襲。
12日(火)沖縄守備軍よりの通信絶ゆ。
15日(金)B29約三〇〇機、大阪来襲。
18日(月)鹿児島、大牟田、浜松、四日市空襲を受く(中小都市焼夷攻撃本格化)。
20日(水)静岡、豊橋空襲。
21日(木)沖縄守備隊全滅。
22日(金)呉軍港大空襲。
23日(土)茨城方面空襲。
26日(火)名古屋に大型機三五〇機来襲。
29日(金)門司、岡山、佐世保空襲。

【七月】(注:空襲、さらに大規模化)
1日(日)中国、九州、小都市空襲。
2日(月)B29一六〇機九州各地に来襲。
3日(火)南九州各地空襲。
4日(水)四国(徳島、高松、高知、姫路)、関東各地空襲。
5日(木)関東、九州各地空襲。
6日(金)大本営は航空兵力を決戦時迄温存方針採用。
関東、九州各地空襲。
7日(土)大型機、甲府、千葉、清水、明石、海南空襲。
8日(日)小型機一五〇機、関東来襲。
9日(月)中部、東海、東北、京阪神各地空襲。
10日(火)米機動部隊関東空襲(本土攻撃作戦開始)。
大型機、阪神、九州来襲(B29約六〇〇機、岐阜、堺、和歌山、四日市、仙台)。
11日(水)沖縄よりの九州に対する小型機攻撃殆ど毎日のこととなる。
13日(金)B29約三三〇機関東、東海来襲。
14日(土)米機動部隊、東北、北海道を攻撃。
釜石艦砲射撃、以後各地への砲撃始まる。
15日(日)米機動部隊、東北、北海道攻撃。青函連絡に対する被害甚大(室蘭艦砲射撃)。
16日(月)東海地区空襲。
17日(火)米機動部隊、北関東攻撃、日立、久慈に艦砲射撃。平塚、沼津、桑名に大型機空襲。
18日(水)米機動部隊南関東攻撃。房総半島に艦砲射撃。
19日(木)B29、東海、近畿、関東来襲。
20日(金)豊橋、岡崎へ小型機多数来襲。
24日(火)米機動部隊浜松以西各地攻撃。
B29名古屋、阪神、中国に来襲。
25日(水)米機動部隊、中国、四国、九州攻撃。
串本を艦砲射撃
27日(金)ポツダム宣言受信。政府は沈黙を守る旨決定。
   大牟田、松山、徳山にB29来襲。
28日(土)鈴木首相記者団に対しポ宣言黙殺、戦争邁進を声明。
   米機動部隊西日本攻撃。P51約二五〇機関東、約五〇〇機九州来襲。
B29、青森、焼津、宇和島、名古屋来襲。

以上は、外務省編『終戦史録』に基く大まかな記録であって、都市名には詳しくふれていません。

なお、この続きは、明日以降の「太平洋戦争日歴」をご覧下さい。


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-07-29 07:30 | 太平洋戦争日歴
2013年 07月 29日

憲法便り#150 昭和20年7月29日(68年前の今日)何が?

2013年7月29日

憲法便り#150 昭和20年7月29日(68年前の今日)何が?

外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」

昭和20年7月29日(日)

[日本]
新宮(和歌山県)艦砲射撃受く。

[外国]
モロトフより、ソ連の対日参戦は米英より要請の形にするようバーンズと相談。

(注)憲法便り#151に、昭和19年10月以降の、沖縄、日本本土への爆撃、艦砲射撃の日歴を記載する。(上記以外の地域への日本軍に対する攻撃は対象外とした)
この日歴を見れば、「ポツダム宣言黙殺、戦争邁進」の声明が、如何に無謀で、無責任で、馬鹿げたものであったかが判る。


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-07-29 07:00 | 太平洋戦争日歴
2013年 07月 28日

憲法便り#149「笑いのめそう!安倍政権」(58)『催眠術』

『催眠術』

記 者:首相、おめでとうございます。
     経済政策が支持されましたね!
首 相:「アベノミクス」のことかい?
     あれは、経済政策じゃないよ。
     催眠術さ!
              ―「壁の耳」便り
 (新宿区・天才デコポン)


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-07-28 08:00 | 天才デコポンが追及する!