岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 74 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 31日

憲法便り#528 2月9日「九条の会さかど」での憲法講演のレジュメ第1ページ

12日31日


2014年2月9日
九条のさかど「早春の会」憲法講演レジュメ
論題『史実をもって安倍・石原両氏の「押し付け憲法」論を打ち破る!』
岩田行雄
【講演の主な内容】
1.昭和20年末までに「憲法民主化」の世論は形成されていた。
2.「憲法研究会」案は、「憲法民主化」及び「社会の民主化」の世論を背景に作成された。
3.「GHQ草案」は、「憲法研究会」案を基礎に作成された。
4.「GHQ草案」は、素人集団ではなく、「制服を着た法律家集団」の主導で作成された。
5.GHQ民政局の草案作業は、「やっつけ仕事」ではなく周到な準備に基づいている。
6.日本国憲法は、GHQ草案の単なる翻訳ではなく、国会での3段階(本会議、改正案委員会、改正案委員小委員会)の詳細かつ徹底した論議に基づいている。
7.様々な憲法草案の中から、四つの具体例紹介
内閣法制局入江俊郎『終戦と憲法』、外務省文書、『憲法研究会』案、松本国務相私案。
8.婦人参政権は、昭和20年12月17日に衆議院議員選挙法改正公布により確立した。ベアテがGHQ民政局で働くために再来日したのは、同年12月24日である。
【最初に質問】
第一問 「主権在民」と「国民主権」について:同一か?
第二問 「司法省」と「法務省」について:同一か?

【レジュメの資料】
行動する研究者・岩田行雄のプロフィール
〔資料1〕講演の主な参考文献と資料
〔資料2〕平和と憲法の民主化を求める世論(1945年9月~12月の全国各紙より)
〔資料3〕日本全国に吹く民主化の風!『朝日新聞』『讀賣報知』(共に東京版)より               
〔資料4〕1945年9月46年3月に作成された主な憲法改正草案・提言の一覧表     
〔資料5〕法制局内部で敗戦直後から密かに、自発的に検討された憲法改正文書より
〔資料6〕外務省内の憲法改正問題に関する検討文書より(外務省の公式文書!)
〔資料7〕◎憲法研究会『憲法草案要綱』(1945年12月26日)抜粋
〔資料8〕●松本烝治国務相『憲法改正私案』(1946年1月4日稿)(極秘)【抜粋】
〔資料9〕 GHQ民政局の「憲法草案作成委員会」の構成とメンバーの原簿
〔資料10〕日本政府とGHQの動き=明治憲法押し付けと平和憲法制定の攻めぎ合い
〔資料11〕ラウエル著『民間の研究団体により提案された憲法改正案に関する註解』
〔資料12〕2月13日に外務大臣官邸でGHQ草案を手渡した際の『記録』より
〔資料13〕『1946年2月22日午後のホイットニー将軍達と松本博士達の会談記録』より
〔資料14〕「戦争放棄」の原点は「パリ不戦条約」(1928年)に!
*参考資料「その他の戦力」について
〔資料15〕1945-1946年の 世論調査に見る憲法改正に関する国民の意識
〔資料16〕 衆議院での実質審議(1946年6月25日~8月24日)と主な資料
【フリートーキングのための資料】
〔資料17〕「ナチスの憲法」と「ナチスの手口」
〔資料18〕日本国憲法公布および施行をきっかけに刊行された様々な憲法書より

*全24頁ですが、参加者のみの配布です。

※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると思っています。
自公政権とその補完者である維新の会の暴走を食い止め、憲法改悪を阻止しましょう。
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-12-31 23:15 | 憲法関係の活動
2013年 12月 31日

憲法便り#527 昭和20年12月31日『朝日新聞』社説「経済民主化に徹せよ」ほか

12日31日
昭和20年12月31日(月)の「日本の民主化と憲法民主化の日歴」
入力の際の体への負担軽減のために、今後の「日歴」は一面のコピーを中心とします。(当時の新聞は、通常は、二頁建てです。)

[社説]
「経済民主化に徹せよ」

〔一面〕
生産沈滞の原因はなにか 資本家、官僚の怠業。自己防衛の策謀に汲々。
華北の近況を視る:「点」と「線」の獲得へ 国共二勢力対立。邦人対策に野坂氏活躍。
石炭窮乏の一途。
その他。
c0295254_22383655.jpg


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると思っています。
自公政権とその補完者である維新の会の暴走を食い止め、憲法改悪を阻止しましょう。
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-12-31 22:41 | 戦後日本と憲法民主化報道
2013年 12月 31日

憲法便り#526 必見!昭和20年12月30日『朝日新聞』社説「民主主義革命と官僚」

12日31日
昭和20年12月30日(日)の「日本の民主化と憲法民主化の日歴」
入力の際の体への負担軽減のために、今後の「日歴」は一面のコピーを中心とします。(当時の新聞は、通常は、二頁建てです。)

[社説]
「民主主義革命と官僚」(岩田注:当時の日本の社会状況を「民主主義革命」と呼ぶ研究者もいました)

〔一面〕
満州含む全中国に中共、正式休戦申入 国共会談重慶で再開。
逓信院、省に昇格。通信行政の一元化へ。
情報局廃止 各省へ分割移譲。
労働組合の活用:マ司令部、深甚の関心。
外相会談と世界の反響、三国の行詰り打開。各国輿論、功績を謳歌。
日本管理にソ連譲歩。
その他。c0295254_22215367.jpg


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると思っています。
自公政権とその補完者である維新の会の暴走を食い止め、憲法改悪を阻止しましょう。
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-12-31 22:24 | 戦後日本と憲法民主化報道
2013年 12月 31日

憲法便り#483 ソ連のゴルバチョフ政権はチェルノブイリ後情報公開を加速、いま自公は秘密国家へ逆行

12月7日
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-12-31 07:46 | 秘密保護法
2013年 12月 29日

憲法便り#525 昭和20年12月29日『朝日新聞』一面 重要事項を多数報道

12日29日
昭和20年12月29日(土)の「日本の民主化と憲法民主化の日歴」
入力の際の体への負担軽減のために、今後の「日歴」は一面のコピーを中心とします。(当時の新聞は、通常は、二頁建てです。)

[社説]
「低調な長官会議」

〔一面〕
三国外相会議コミュニュケ:東京に管理理事会 ソ連も参加に決定、原子委員会も設置。
マ司令部発表:天皇制を形成する支配網を除去。新日本出発の道開く。
朝鮮に信託統治、まず臨時政府を設置。
日本管理の新方式 議長はマ元帥。中核は米英ソ支四国。
立憲的天皇制の存否は別問題。絶対的天皇制は消滅。
その他。
c0295254_22273088.jpg


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると思っています。
自公政権とその補完者である維新の会の暴走を食い止め、憲法改悪を阻止しましょう。
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-12-29 22:28 | 戦後日本と憲法民主化報道
2013年 12月 29日

憲法便り#524 昭和20年12月28日朝日一面「“統治権は国民に”憲法研究会 草案、政府へ提出」

12日28日
昭和20年12月28日(金)の「日本の民主化と憲法民主化の日歴」
入力の際の体への負担軽減のために、今後の「日歴」は一面のコピーを中心とします。(当時の新聞は、通常は、二頁建てです。)

[社説]
「世相の悪化」

〔一面〕
民主政治成敗の鍵 自由公正な選挙。首相訓示 干渉絶対に許さず。
“統治権は国民に”憲法研究会 草案、政府へ提出
華族世襲財産法廃止 政府・来議会に提案。
その他。
c0295254_229467.jpg


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると思っています。
自公政権とその補完者である維新の会の暴走を食い止め、憲法改悪を阻止しましょう。
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-12-29 07:00 | 戦後日本と憲法民主化報道
2013年 12月 27日

憲法便り#523 昭和20年12月27日『朝日新聞』社説「人民戦線に就て」ほか

12日27日
昭和20年12月27日(木)の「日本の民主化と憲法民主化の日歴」
入力の際の体への負担軽減のために、今後の「日歴」は一面のコピーを中心とします。(当時の新聞は、通常は、二頁建てです。)

[社説]
「人民戦線に就て」

〔一面〕
条文案の研究へ 少数委員で具体的検討。憲法問題審査一段落。
内戦全面停止へ、国共の接近 政治協商会議。
国共会談を再開。
欧州平和建設取極 モスクワ会談・ソ連外交の勝利。
「拒否権」で再波瀾か 十日に国際連合総会。
「極東委員会」 (極東)諮問委員会(を)改称。
「米ソの外交的取引」 ロンドン方面の憂慮。
「平和首都」の建設 米国内に国際連合本部。
朝鮮独立問題表面化せん 外相会議契機に。
その他。
c0295254_22254655.jpg


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると思っています。
自公政権とその補完者である維新の会の暴走を食い止め、憲法改悪を阻止しましょう。
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-12-27 22:28 | 戦後日本と憲法民主化報道
2013年 12月 26日

憲法便り#522 昭和20年12月26日『朝日新聞』一面「米英ソ協調揺がず 三国外相会議終幕近し」

12日26日
昭和20年12月26日(水)の「日本の民主化と憲法民主化の日歴」
入力の際の体への負担軽減のために、今後の「日歴」は一面のコピーを中心とします。(当時の新聞は、通常は、二頁建てです。)

[社説]
「所得問題の解決を急げ」

〔一面〕
米英ソ協調揺がず 三国外相会議終幕近し。
総選挙に御関心、 島田前議長らに御下問。
世界裁判所の設置 国際連合初総会の任務。
「平和の勝利へ」 米大統領、クリスマス演説。
労働組合運動今後の課題 組織率の向上重大。争議調停法の改正急務。
その他。
c0295254_2059320.jpg


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると思っています。
自公政権とその補完者である維新の会の暴走を食い止め、憲法改悪を阻止しましょう。
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-12-26 21:00 | 戦後日本と憲法民主化報道
2013年 12月 26日

憲法便り#521 クリスマス・プレゼント②「第19回東京の高校生平和のつどい」のアピール

12日25日
12月23日、法政大学中学高等学校で開催された、「第19回東京の高校生平和のつどい2013」で確認された高校生アピールを紹介します。
私も参加いたしましたが、その感想は後日(出来れば明日)掲載する予定です。
c0295254_22251484.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2013-12-26 07:20 | 今日の話題
2013年 12月 26日

憲法便り#520 自著紹介④ 講演記録『憲法第九条はどのように誕生したか』(2011年12月)

12月25日
c0295254_22194884.jpg


2010年7月3日
於 名古屋大学理学部講義室
主催 名大九条の会 東山・見付九条の会

この講演記録は、世界的に有名な物理学者で名古屋大学名誉教授の丹生潔先生と、東山・見付九条の会の事務局の方々のお骨折りにより約600冊刊行されました。
講演以降の一年五カ月間の研究成果を丁寧に加筆しましたので、実際の講演の二倍近い内容になっています。約9万語。
刊行は、2011年12月20日、A4判、50頁、一部100円。(完売)


目 次(岩田行雄著『憲法第九条はどのように誕生したか』)

はじめに・・・講演の三つの要点
《第一部》敗戦前後の状況について(2頁上)
【ポツダム宣言の受諾と憲法改正の必然性または起因】(2頁下) 
【憲法改正をめぐる主な動き】(4頁上)
【外務省における憲法講演会】(1945年9月28日)(4頁下)
【二人の閣僚の問題発言】(1945年10月3日)(5頁上)→東久邇宮内閣総辞職へ
【幣原内閣の誕生と婦人参政権の確立】(1945年10月11日閣議決定)(6頁上)
【内大臣府御用掛・近衛文麿による憲法研究開始】(1945年10月11日)(6頁下)
【最初のマッカーサー・幣原会談】(1945年10月11日)(7頁上)
【幣原内閣が憲法問題調査委員会を設置】(1945年10月13日決定)(7頁下)
【憲法改正に関する戦後初めての世論調査】(1945年12月16~17日報道)(8頁下)
【『朝日新聞』よりー民主化を中心に】(9頁下)
【『讀賣報知』よりー第一次争議を中心に】(10頁上)
【憲法の民主化および平和国家に関する当時の主な著作あるいは主張】(11頁上)

《第二部》昭和20年~21年に作成された主な憲法改正草案及び提言(12頁下)
【法制局の文書】(12頁下) 入江稿『終戦と憲法』(1945年9月18日)ほか。
【外務省の文書】(12頁下) 『憲法改正大綱案』(1945年10月11日)ほか。
【特徴的な草案】(13頁上)
 近衛文麿案(13頁上)、弁護士・布施辰治案(13頁下)、野村淳治案(13頁下)、
憲法研究会案(13頁下)、松本私案(13頁下)、宮澤甲案(13頁下)、
憲法懇談会案(13頁下)、司法改革同志会修正案(14頁上)、
日本弁護士協会・東京弁護士会共同修正案(14頁上)、
日本共産党案(14頁下)、大島暫定憲法14頁下)
【法制局内で敗戦直後から密かに、自発的に検討された憲法改正文書から】(15頁上)
 入江稿『終戦と憲法』(1945年9月18日)(15頁下)
 入江稿『憲法改正の基本的立場』(1945年10月23日)(15頁下)
(秘)井出稿『ポツダム宣言受諾ニ伴ヒ研究ヲ要スル憲法第二章ニ於ケル問題     (1945年10月22日成)(16頁上)
【憲法研究会『憲法草案要綱』(1945年12月26日)について】(18頁上)
 憲法研究会案を起草した七人(18頁下)
 高野岩三郎(18頁下)および『改正憲法私案要綱』(11頁下の⑯)
馬場恒吾(19頁上)、杉森孝次郎(19頁上)、森戸辰男(19頁上)、
岩淵辰雄(19頁下)、室伏高信(19頁下)、鈴木安蔵(19頁下)
 憲法研究会『憲法草案要綱』の内容(20頁下)
 憲法研究会『憲法草案要綱』に関する新聞報道(21頁下)
【松本国務相『憲法改正私案』(1946年1月4日稿)】(22頁下)
【憲法問題調査委員会・宮澤(俊義)甲案(1946年1月4日(秘)】(23頁上)

《第三部》日本政府とGHQの動き=明治憲法押し付けと平和憲法制定のせめぎ合い(24頁上)
日本政府の動き・第一期 法制局の文書に基づいて既述(15頁下~16頁上)
日本政府の動き・第二期(24頁上)
第一の問題点 『マッカーサー回想記』に書かれている幣原首相との会談内容
第二の問題点 憲法問題調査委員会で、軍に関する条項の存置決定(26頁上)
第三の問題点 閣議での憲法改正案論議(26頁下)
GHQの動き・第一期 改憲および憲法の自由主義化を示唆(27頁上)
GHQの動き・第二期 研究と論点整理(27頁上)
1945年12月6日付け『日本の憲法についての準備的な研究と勧告の報告書』(同)
1946年1月11日付け報告書『民間の研究団体(憲法研究会を指す)により提案された憲法改正案に関する註解』(27頁上)
  連合国の動き・極東委員会の設置決定および日本視察(27頁下)
 日本政府の動き・第三期 GHQとの交渉へ(28頁上)
 GHQの動き・第三期 憲法草案作成と提示(29頁上)
 「マッカーサー・ノート」の三条件(29頁下)
【2月13日に外務大臣官邸でGHQ草案を手渡した際の『記録』より】(30頁下)
第一の論題 GHQ草案の提示(30頁下)
第二の論題 草案の内容について(31頁上)
第三の論題 天皇の戦犯問題(31頁下)
第四の論題 民主的な憲法草案、保守的な憲法草案のどちらを選ぶかついては国民に権利がある(31頁下)
第五の論題 一院制か、二院制かの問題(32頁下)
第六の論題 日本側からの検討の約束および再会談の約束(32頁下)
第七の論題 GHQ側の秘密保持の確約と再会談の約束(33頁上)
【2月19日の閣議での初めての報告と「押し付け憲法」論の始まり】(35頁上)
松本国務相の閣議での報告(35頁上)、佐藤達夫論文(35頁下)、ロバート・ウ
ォード論文(35頁下)、吉田茂の証言(37頁上)、白洲次郎の証言(39頁上)、
長谷川元吉の証言(39頁上)、ハッシー(39頁上)、ラウエル(39頁下)
【戦争放棄を、単独の条文だけで第二章とした理由は】(41頁下)
【パリ不戦条約(「戦争放棄に関する条約」)】(1928年8月27日)(42頁下)
【日本政府の『憲法改正草案要綱』発表と新聞報道】(1946年3月6日)(44頁上)
【松本国務相排除と金森徳次郎登場の準備完了】(44頁下)
【政府が「ひらがな口語体」の憲法改正草案を発表】(1946年4月17日)(45頁上)

《第四部》憲法草案の審議、そして条文の確定(46頁上)
【衆議院の構成と三段階の審議】(46頁上)
【小委員会での審議の基本点】(46頁下)
【小委員会での第九条に関する論議の主要な点】(47頁下)

おわりに 法制局作成の『想定問答集』と『草案逐条説明』に見る第九条の精神の真髄
〔資料〕平和と憲法の民主化を求める世論(1945年9月~1945年12月の全国各紙より)
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-12-26 07:13 | 自著紹介