<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 30日

憲法便り#591 公立図書館への寄贈完了について

6月30日

5月13日の『憲法便り#585』で都道府県立図書館等に寄贈開始をお知らせしましたが、その作業が完了しましたので、各図書館に送付した手紙を紹介します。

2014年6月20日
各図書館 御中
拝啓 この度は『心踊る平和憲法誕生の時代―戦後の61紙に見る「憲法民主化」の過程』の寄贈のご依頼を頂きまして有難うございました。ご挨拶として、以下の4点をお伝えします。

(一)「発送手続きの都合上、5月31日までにお返事をいただければ幸いに存じます」と寄贈申入れの手紙に書き、すぐに御返事を頂いた図書館様も多かったのですが、お届けするまでに時間が掛かかってしまい、失礼致しました。現在の情勢下で、毎月70~80冊の注文があるため、在庫がなくなってしまい、書店からの返送を待ち、冊数が揃ってから誤字脱字の訂正を行い、発送準備をしましたので、遅くなりましたことをご了承ください。
刊行直後すでに、国立国会図書館、新宿区立中央図書館で受け入れられていましたが、今回新たに寄贈のご依頼をいただきましたのは、貴館を含めて下記の24館です。
【都道府県立図書館および同中央図書館】(21館):
岩手、秋田、山形、福島、群馬、茨城、東京、神奈川、山梨、長野、滋賀、大阪、和歌山、鳥取、島根、広島、香川、愛媛、高知、長崎、沖縄
【市立及び区立図書館】(3館):東京都足立区立、名古屋市鶴舞中央、広島市立、

(二)憲法研究者して、私はこの10年来、4万部を超える自著の普及、および130回を超える北海道から沖縄までの全国各地、さらには韓国(5都市)での講演活動を行って来ました。
2011年9月には、秋田県立図書館主催(秋田魁新報社講演)「平成23年度第2回秋田ふるさとセミナー」で、『秋田魁新報で見る日本国憲法成立過程と増田町生まれの憲法書』と題する講演を行っています。(次回は、6月29日(日)「早稲田九条の会」での講演です)。

(三)私はいま、平和憲法を守る活動だけではなく、平和、自由、民主主義を守り発展させることを目指して、さまざまなことに取り組んでいます。
去る6月15日には、ひとり芝居『ヒットラー来り、ヒットラー去る』(上演時間2時間)を試演しました。ヒットラーの時代に朝日新聞ベルリン支局長だった故守山義雄記者の文章に基づいた私自身の脚本により、私が演じました。秘密保護法撤廃、戦争反対を訴える芝居です。上演終了後判ったことですが、劇団民芸のベテラン女優青木道子さんもご覧下さいました。
これからも、ひとり芝居、講談『日本国憲法誕生』などに積極的に取り組むつもりです。
また、若者を対象とした『平和憲法に関する論文募集』を検討中です。入選者には懸賞金(または図書券)を提供することを考えています。
主要な参考文献は、『心踊る平和憲法誕生の時代』、私の名大での講演記録『憲法第九条はどのようにたんじょうしたか』、憲法普及会編『新しい憲法 明るい生活』の3点です。

(四)同封したリーフレット『法律家のひよこ応援くらぶ』について
 司法試験に受かった司法修習生は、民間の企業に例えれば試採用の新入社員です。修習は裁判所(刑事、民事)、検事、弁護士各二カ月、合計八ヶ月間。以前は、この期間中の生活を保障するため国家が給費制を実施していましたが、2011年11月に廃止し、無利子で貸与するけれども、返還を求められるようになりました。その上、修習期間中のアルバイトは禁止です。民間企業でそのような試採用にしたならば、一人も若者は集まって来ないでしょう。
 若手弁護士達が、「これは憲法違反である」と、全国四カ所で違憲訴訟をおこしています。
 私は、憲法研究者として、主権者として、司法制度の根幹を守るために、この訴訟を支援しています。「憲法で闘う」-これは、私の年初からの新たな決意です。ご一読のうえ、ご支援を頂ければ、幸いに存じます。今後ともよろしくお願い申し上げます。
敬具    
岩田行雄

なお、明日は、国会に駆けつける予定です。


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると、本気で思っています。
安倍政権とその補完者である維新の会の暴走を食い止め、憲法改悪を阻止しましょう
[PR]

by kenpou-dayori | 2014-06-30 22:28 | お知らせ