岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 59 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 31日

憲法便り#1513:「都立定時制高校の廃校計画に反対する学者・文化人 共同声明」にご協力を!

2015年12月31日(木)(憲法千話)

憲法便り#1513:「都立定時制高校の廃校計画に反対する学者・文化人 共同声明」にご協力を!

私も、応援のため、賛同しています。
賛同していただける方は、FAX03-3541-0903にご連絡下さい。

c0295254_21382614.jpg
c0295254_2138066.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2015-12-31 21:54 | お知らせ
2015年 12月 31日

憲法便り#1512:「トークマラソン 夜学で学ぶ」が、2016年1月23日(土)に開催されます!

憲法便り#1512:「トークマラソン 夜学で学ぶ」が、2016年1月23日(土)に開催されます!

私も、応援のため、参加する予定です。
c0295254_2138066.jpgc0295254_21382614.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2015-12-31 21:44 | お知らせ
2015年 12月 31日

憲法便り#1511:国際政治学者・畑田重夫先生から、嬉しいお手紙をいただきました!(第二版)

2015年12月31日(木)(憲法千話)
2016年1月4日(月)加筆:ご年齢のこと、現在も現役でご活躍のこと

憲法便り#1511:国際政治学者・畑田重夫先生から、嬉しいお手紙をいただきました!

12月18日、国際政治学者・畑田重夫先生から、嬉しいお手紙をいただきました!
先生のご了解を得て、主要な部分を紹介致します。

先生は、現在92歳ですが、執筆、講演、平和委員会の活動に、ご活躍をなさっています。
60代、70代、80代の皆さんが、「もう年だから」などと、言い訳が出来ないほどのご活躍ぶりです。

去る12月15日、畑田先生宛に、お茶と国立国会図書館に寄贈した蔵書リストをお届けしました。
お茶は、ささやかですが、畑田みちる夫人の祥月命日(12月18日)に間に合うように、お送りしたものです。

そして、12月17日付けのお手紙を18日に、いただいた次第です。

お手紙には、
「拝復 お手紙ありがたく拝見しました。貴重な蔵書を国会図書館に寄贈された由、
まさに義挙というべきですねえ」

「義挙」という言葉は、知っておりましたが、
私にとって、最高の褒め言葉です。
先生から、常にお褒めの言葉をいただき、そのたびに新たな力が沸いてきます。

また、先生からは、『治安維持法と現代』発刊30号記念号に掲載された論考、
「歴史にまなび、現実を見つめ、未来を創る」のコピーをいただきました。

せっかくですから、皆さんに紹介いたします。

c0295254_20254021.jpgc0295254_2026387.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2015-12-31 21:22 | 名著・名文・名言紹介
2015年 12月 31日

憲法便り#1510:絶賛に値する、嬉野京子著『戦場の見える島ー50年間の取材から』(2015年刊)

2015年12月31日(木)(憲法千話)

憲法便り#1510:絶賛に値する、嬉野京子著『戦場の見える島ー50年間の取材から』(2015年刊)

沖縄をなぜ取材することになったのか、なぜ続けてきたのか、著者の報道写真家としての50年間にわたる記述は、読む者を圧倒する。
写真が多く、判りやすく、読みやすい真実の書である。

沖縄に興味ある方には勿論のこと、興味ない方にも、是非とも薦めたい一冊である。

たまたま、12月29日午後六時に購入し、翌日の午前十時半には一気に読み終えた。

裏表紙に使われた写真は、著者が米軍の軍政下にあった沖縄に「潜入」していた1965年4月20日に、沖縄県祖国復帰協議会が主催した初めての統一した行進に参加していた時に遭遇した、米軍車両による6歳の少女Nちゃん轢殺の痛ましい交通事故現場の写真である。
米軍が1965年2月7日に北ベトナムへの「北爆」を開始した直後の沖縄は「騒然とし始めていた」と言う。
私は、この写真を何回も目にしているので、今でもよく憶えている。

この写真を撮るのは、命懸けのことであった。米兵に見つかれば、命の保証はない。
シャッターを切るまで、そしてその後の息詰まる状況は、ぜひ本書を読んでいただきた。

この本を買った際のいきさつと、著者との遭遇について記しておきたい。
12月29日(火)夕方に、拙著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』を店頭で販売して下さっている代々木の美和書店に、精算と本を届けるために伺った時のこと。

私が精算の事務作業を終わりかけた頃、一人の女性が、嬉野京子著『戦場の見える島ー50年間の取材から』を10冊ほど抱えて、書店の事務机を借りて、何か作業を始めた。

私は、「そんなにたくさん購入なさるのですか?」と声をかけると、
彼女が答える前に、店の方が
「この本の著者ですよ!いま、サインをして頂いているのです」と答えた。

私は、「あの有名な嬉野京子さんですか、一冊いただきます」といった。こその時私は、彼女のことを、読売新聞社のベルリン総局長だった嬉野満洲雄氏の娘さんだと思っていた。

私は、かつて、ムソリーニの時代に読売新聞社イタリア特派員だった山崎功氏の『わが回想ーイタリアとの六十年』の刊行に携わっており、その中で、嬉野満洲雄の名前が何回も出てきていたからである。

ところが、意外なことに、彼女は「ジャーナリストの嬉野満洲雄さんの娘ではありません」、
そして、「あの娘さんと、全くの同姓同名なのです」と言った。

彼女の話では、16年前に講演を行った際に、嬉野満洲雄さんの娘ではないこと、同姓同名の別人であることを「仁義を切っておいた」ところ、その講演会に娘さんがお見えになっていて、講演終了後にご本人からのご挨拶を受け、それ以来お付き合いが続いているとのこと。

他にも伺ったことはあるが、それは、著者ご自身がお話になること、お書きになることを待ちたいと思う。
一月二日には、沖縄の宜野湾市長選挙の応援のために、沖縄にお出かけになる予定と聞いた。
この行動力には、私など足元にも及ばない。

本を読み終わったことを、事務所および携帯電話に連絡をしておいたところ、お電話をくださった。

彼女は、1940年東京の生まれなので、私より二つ姉(あね)さんである。
お体に気を付けて、一層のご活躍をなさることを願っている。


c0295254_1646787.jpgc0295254_16463774.jpg
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-12-31 20:23 | 沖縄
2015年 12月 31日

憲法便り#1509:12月19日の「NO WAR 新宿アクション」に参加して

2015年12月31日(木)(憲法千話)

憲法便り#1509:12月19日の「NO WAR 新宿アクション」に参加して

去る12月19日、「NO WAR 新宿アクション」に参加した時の話です。
一度、書いたはずの記事が見当たらないので、もう一度、かいつまんで書きます。

新宿駅西口からすぐ近くの柏木公園で、11時30分から集会が行われました。
その後、新宿駅の外周を一回りして、また柏木公園に戻ってくるコース。

デモ行進への参加者は、約230人。

私は「安保法制に反対する大学院生の会」が作成した『野党は共闘 安倍は退陣』と書かれたプラカードを掲げて歩きましたが、「NO WAR」と書かれたプラカードを掲げる人も多かったので、時機にかなったデモ行進になりました。

風が強く、寒い日でしたが、晴れていたので人出が多く、注目を集めました。
外国人も、手を振ったり、中には、行進の大切に参加して、両手の拳を突き上げている場面もありました。

行動を続けることの大切さを実感したデモ行進でした。

c0295254_15561127.jpg


この行動の直後に、熊本県で、参議院議員選挙の統一候補が発表されたことは、
すでに皆さんご存知のことと思います。
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-12-31 16:25 | 戦争法反対行動・声明
2015年 12月 28日

憲法便り#1508:『憲法便り』への、2015年12月27日のアクセス・ベストテン

2015年12月28日(月)(憲法千話)

憲法便り#1508:『憲法便り』への、2015年12月27日のアクセス・ベストテン


1.憲法便り#1504:教科書不正の三省堂経営者を叱る!そして、猛省を促す!

2.憲法便り#1507:朝日新聞編集委員上丸洋一氏の研究盗用問題(上丸問題)の執筆再開に際して

3.憲法便り#1506:日本国憲法憲法の正式文書は、どこに保管されているでしょうか!

4.憲法便り#1184:朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(15)研究の盗用に到る経過②(第二版)

5.憲法便り#1034朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(13)上から目線と開き直り(画像)

6.憲法便り#1030 朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(12)態度豹変(画像あり)

7.憲法便り#823:朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第五回)(補訂版)

8.憲法便り#1098朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(14)研究の盗用に到る経過①(画像付)

9.憲法便り#968:『日本共産党が日本国憲法草案の採決で反対した四つの理由』(第一回)

10.憲法便り#734:ドキュメント・朝日新聞上丸洋一編集委員への憲法研究協力とその中止について(第二回)
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-12-28 06:16 | アクセス・ベストテン
2015年 12月 27日

憲法便り#1507:朝日新聞編集委員上丸洋一氏の研究盗用問題(上丸問題)の執筆再開に際して

2015年12月27日(日)(憲法千話)

憲法便り#1507:朝日新聞編集委員上丸洋一氏の研究盗用問題(上丸問題)の執筆再開に際して

8月上旬以降、朝日新聞編集委員上丸洋一氏による、研究盗用問題(以下、上丸問題と略)について、長期にわたり、ブログへの掲載を中断しておりました。

これは、8月6日、8月9日、8月15日の前後は、鎮魂の思いから争いをさけたこと、
その後は「安保法制」(「戦争法案」)をめぐる国会情勢の報道に、この問題がいささかでも影響を及ぼすことを避けたいという、私の一方的な思いからの中断です。

そして、9月19日以降は、極度の疲労により、私自身の健康状態が極度に悪かったことによります。

上丸問題告発のブログは、明日から再開します。

上丸問題が生じた当初は、これを考えるだけで、ひどい不整脈が生じ、睡眠も一時間半ほどしか取れない不眠症にかかり、心臓病を抱える私にとっては、生命の危険を感じる毎日が続きました。


朝日新聞社は、昨年、慰安婦問題及び福島原発の吉田所長書簡問題で、社会的に大きな批判を浴びたことは、皆様ご存知の通りです。

その朝日新聞の編集委員上丸洋一氏が、私の研究を盗用したことは、ジャーナリストとしてあるまじき行為です。
オリンピックの「エンブレム」問題は、「似ている」という指摘により、佐野氏の盗用疑惑が取りざたされましたが、上丸氏の場合は、完全に盗用です。

上丸氏及び朝日新聞社に抗議を致しましたが、謝罪も反省もありません。

したがいまして、いままでは、ブログ『岩田行雄の憲法便り』で、控えめに伝えてきましたが、許すことは出来ませんので、上丸問題について、表現に留意はしながらも、すべてを明らかにすることにしました。

問題の経緯の一部分は、すでに私のブログ『岩田行雄の憲法便り』に公表してきましたが、読み直してみると不十分な点が多々ありましたので、新たに、解りやすく事実経過を書くことに努めます。

幸いにして、最近は、上丸問題を考えても不整脈がほとんど生じないので、短期間で終わるようにし、
あとは、抗議と、盗用部分の削除を求めることにします。
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-12-27 20:37 | 上丸問題
2015年 12月 27日

憲法便り#1506:日本国憲法憲法の正式文書は、どこに保管されているでしょうか!

2015年12月27日(日)(憲法千話)

憲法便り#1506:日本国憲法憲法の正式文書は、どこに保管されているでしょうか!

ここでいう正式文書は、天皇の御名御璽、および国務大臣の副署がある文書のこと。

①首相官邸
②国立国会図書館
③国立公文書館
④外交史料館

正解は、年明けに!

2016年1月1日

正解は、
③国立公文書館
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-12-27 15:53 | 憲法千話・憲法クイズ
2015年 12月 27日

憲法便り#1505:『憲法便り』への、2015年12月26日のアクセス・ベストテン

2015年12月27日(日)(憲法千話)

憲法便り#1505:『憲法便り』への、2015年12月26日のアクセス・ベストテン

1.憲法便り#1502:劇団文学座代表佐々木愛さんの、心にしみる北海道巡演の旅の話し!

2.憲法便り#1469:国立国会図書館憲政資料室に、昭和20年代の憲法関連資料約180点を寄贈!

3.憲法便り#1488:国会図書館への寄贈書に関して、秋田の風間幸蔵さんからいただいたお手紙紹介!

4.憲法便り#1499:北海道江丹別のオサラッペ牧場経営者、「旭川九条の会」の荒川さんからのお手紙!

5.憲法便り#1498:沖縄県による、国に対する提訴に関して、沖縄県を支持する!

6.憲法便り#1495:朝日新聞編集委員上丸洋一氏による研究盗用に関する記事一覧リスト

7.憲法便り#1494:朝日新聞編集委員上丸洋一氏による研究盗用について連載を再開します!

8.憲法便り#1451:画家・堀 文子さんの挿絵の『わたくしたちの憲法』(1983、新装改訂版)を入手!

9.憲法便り#1100 朝日新聞編集委員上丸氏への協力中止の真相(14)研究の盗用に到る経過①(画像付)

10.憲法便り#458 沖縄と連帯のために:『名護六百年史』(1985年、第二版)に学ぶ(第2回)
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-12-27 15:35 | アクセス・ベストテン
2015年 12月 27日

憲法便り#1504:教科書不正の三省堂経営者を叱る!そして猛省を促す!

2015年12月27日(日)(憲法千話)

憲法便り#1504:教科書不正の三省堂経営者を叱る!そして、猛省を促す!

表題を「叱る」としたのは、
私が、30年間、出版文化の担い手として、出版労連の活動に積極的に関わってきた事実に基づいている。

私は、1967年6月に、洋書の輸入販売および出版事業を行っていたナウカ株式会社に入社、1997年12月に、定年まで5年半時点で退職した。
三ヶ月の試採用期間終了後、私はナウカ労組に加入し、同時に出版労連(当時は、出版労協)の組合員となり、積極的に両方の活動に参加した。

それから5年後の1972年9月、出版労連は第25回定期大会において、
「’73春闘は小共闘体制で」の新運動方針を決定し、同年11月の春闘討論集会で、
その方針を全参加単組が確認して具体化することとなった。

それまでも、出版労連は、賃金・労働条件の決定機構を個別労使関係=企業内から産業別に拡げ、
産業別統一労働協約を締結することを課題として、書協・取次・日書連など経営者団体に、
産業別要求を提出して闘ってきた。

小共闘運動は、これに至る一段階として、業種別・規模別の統一労働協約確立を目標とし、
「闘いの単位」として出発した。

出版労連の小共闘運動拡大方針は、それまでの教科書共闘の統一闘争の教訓を踏まえたものであった。

この統一闘争誕生の背景には、教科書労働者が置かれていた、次のようなつらい事情があった。

当時、教科書会社の営業担当者は、全国各地の担当地区で、教科書採択担当者に対して、酒食のもてなしは勿論のこと、現金を渡し、相手によっては女性の手配までした。
だが、このような営業手段と「慣習」に対して、真面目な営業担当者の中から、
「学校教育の一端を担う我々が、このようなことをいつまでも続けていてはいけない」という意見が台頭し、旅先で、企業の枠を超えた話し合いが持たれるようになった。
そして、行き着いたのが、企業の枠を超えた、統一的な賃金・労働条件の獲得、そのための統一交渉という方式であった。
この闘争の中で、三省堂労組は、大きな役割を果たしていた。

春闘討論集会で、「小売・洋販(洋書販売)共闘」が提起された際に参加していたのは、業種も企業規模も違う、タトル、東京堂、大盛堂、極東書店、ナウカ、OUP(オックスフォード大学出版局)、第二出版販売の7単組であった。
企業別組合の意識は強く、当然のことながら、意見は分かれた。
私は、小共闘結成に積極的な意見を表明したが、消極的あるいは反対の意見もあった。
本部提案を積極的に受け止める単組代表と、消極的な単組代表との間で、堂々巡りの論議が二日間にわたり続いたが、先に述べた教科書共闘による統一闘争誕生に至る話を聞いて、私たちは、最終的に、小売・洋販共闘の結成を確認した。

この論議を指導したのは、三省堂労組出身の出版労連書記次長であった。

小売洋販共闘は、出版労連内で、積極的な小共闘となった。
私たちの運動は、賃金・労働条件獲得のみにとどまらなかった。

そして、小共闘体制確立から15年。
『十五周年記念行事』として、
公開講座「出版文化―その総合的見地から」を開催した。
第一回 前早稲田大学図書館長 浜田泰三氏
第二回 雄松堂書店社長 新田満夫氏
第三回 地方小出版流通センター代表取締役 川上賢一氏
 (公開講座は、その後も続けられた。)

また、1988年1月31日、私たちは統一闘争の記録として、
『出版労連 小売洋販共闘15年史―ひとつの組合のようにー(1973-1987)』を刊行した。
私は、15年史刊行委員会の責任者を務めた。

私たちは、教科書労働者の闘いに感動し、出版文化の担い手として誇りを持って働き、労働運動も続けて来た。

このたび、報道されている三省堂経営者による教科書不正は、営々とした努力の積み重ねを台無しにするものであり、絶対に許すことは出来ない。

ここに、出版関連産業に携わった「先輩」として、三省堂経営者たちを「叱り」、
猛省を促すものである。

c0295254_22181134.jpgc0295254_22184517.jpgc0295254_22194913.jpgc0295254_2220264.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2015-12-27 15:28 | 今日の話題