岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 16日

憲法便り#1727:舛添都知事問題に、ひとこと!

2016年5月16日(月)(憲法千話)

憲法便り#1727:舛添都知事問題に、ひとこと!

辞職せよ!
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-05-16 10:39 | 今日の話題
2016年 05月 14日

憲法便り#1726:能代第二中学校の先生たちが教材として作った「新憲法漫画いろは歌留多(かるた)」

2016年5月14日(土)(憲法千話)

憲法便り#1726:能代第二中学校の先生たちが教材として作った「新憲法漫画いろは歌留多(かるた)」

湯沢で講演を行った帰りに、5月になってからの『秋田魁新報』に、能代二中で作った「新憲法かるた」を紹介する記事が載っていたと、教えていただいた。

昨日、国立国会図書館で調査した結果、次のことが判明した。

2016年5月3日付『秋田魁新報』一面コラム「北斗星」より
「日本國憲法が施行された1947年は、新制の小・中学校(いわゆる六三制)が発足した年でもある。
同年創立の能代第二中学校は、憲法教育の教材として当時使った「新憲法漫画いろは歌留多(かるた)」を大切に保管している。
▼読み札の文句は先生たちが考え、取り札の絵は生徒の親で能代に疎開していた漫画家が描いた。
基本的人権の尊重や国民主権、三権分立、平和主義など、憲法の精神を分かりやすく伝えようという先生たちの思いが伝わってくる。
▼例えば
〈あなたも僕も こぞって投票〉、
〈男と女 権利は同じ〉、
〈独立司法の役目は重し〉、
〈類まれなる戦争放棄〉。

熱心な取り組みは校歌にも表れており、
「国ひらく憲法の こころ身につけて」
の歌詞がある。
▼きょう5月3日は憲法施行を記念して制定された憲法記念日。
新憲法は能代二中だけでなく、多くの国民から希望をもって歓迎された。
当時の小紙は「新日本の誕生日」との見出しを掲げ、吉田首相の談話を紹介した。
▼施行から69年となる今年は、憲法論議が熱く交わされることになる。
改憲を目指す安倍晋三首相は夏の参院選で改憲勢力の拡大を図ると語り、
警戒感を強める野党勢力は本県選挙区をはじめ各地で候補者を一本化して
対抗しようとしているからだ。
▼かるたで遊んだ中学生はもう80代だが、後の世代nとっても、憲法は生きる規範だろう。
議論するのであれば、個別の条文より先に、憲法の精神をどうしたいのかーから説き起こしてほしい。」
〈2016・5・3〉

貴重な時代の証言である。
いま、この歌留多のことについて、能代第二中学校に手紙を書きたいと考えているところである。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-05-14 21:52 | 今日の話題
2016年 05月 14日

憲法便り#1725:小野小町ゆかりの地、秋田湯沢で講演を行いました!『毎日新聞』の記事あり!

2016年5月14日(土)(憲法千話)

憲法便り#1725:小野小町ゆかりの地、秋田湯沢で講演を行いました!『毎日新聞』の記事あり!

5月8日、9日の両日、以前から、一度訪れたいと思っていた、小野小町の里を、妻とともに訪れました。

友人の案内で、約4時間、小野小町ゆかりの地を巡ったあと、温泉のある「秋の宮山荘」へ。

5月9日は、「九条の会・ゆざわ」が、9日、19日、29日に行っている街頭宣伝行動の日にあたるので、「時間が許せば、行動に参加して訴えを行ってほしい」と、予め要望をうけていましたので、参加しました。

そして、せっかくの機会なので、新幹線の時間を2時間遅らせて、少人数の勉強会、「岩田ゼミ」を予定しました。

当初、参加者はせいぜい5,6人、多くても10人くらいと聞いていました。

しかし、参加希望者が多くなり、講演会ということになりました。湯沢での講演は、2回目です。

突然の企画でしたが、参加者は約30人。秋田市の土崎港にお住まいの、秋田県平和委員会顧問の風間幸蔵さんも、夫人とともに駆けつけて下さいました。

毎日新聞社横手通信部記者の佐藤伸さんには、当日の午前十一時半に連絡をしましたが、最後まで参加をして以下の記事を書いて下さいました。

主催者である「九条の会・ゆざわ」の事務局長で、共産党湯沢市議の半田孝子さんからは、一昨日、そして昨日も、電話で「ゼミ」参加者の、感動と喜びの談話を伝えられ、私も勇気づけられています。

以下は、2016年5月12日付『毎日新聞』23ページ(秋田支局)です。
c0295254_174422100.jpg
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-05-14 19:44 | 今日の話題
2016年 05月 14日

憲法便り#1707:女の平和 戦争を止めよう! 6/4(土)13:00~ 国会ヒューマンチェーン

2016年4月28日(木)(憲法千話)

憲法便り#1707:女の平和 戦争を止めよう! 6/4(土)13:00~15:00 国会ヒューマンチェーン

c0295254_22391553.jpg
c0295254_2240444.jpg
*妻も賛同人に名を連ねています。
*女の平和ホームページは、ここをクリックして下さい

[PR]

by kenpou-dayori | 2016-05-14 10:17 | お知らせ
2016年 05月 14日

憲法便り#1724:昨日、銀座で開催中の、「ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展」を見てきました!

2016年5月14日(土)(憲法千話)

憲法便り#1724:昨日、銀座で開催中の、「ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展」を見てきました!

幼児教育者であり、現在は、東京総合教育センターの教育相談員を務めている妻とともに、昨日午後、
東京銀座画廊・美術館5階(2丁目銀座メルサ)でこの美術展をじっくりと見てきました。

「ちいさな体と心に、背負いきれないほど多くの苦しみをかかえたこどもたち

だが、ひとたび心を開いたとき、こどもたちは、ありったけのエネルギーで、絵を描き始める

わたしは、そのエネルギーに圧倒された」

これが、率直な感想です。

ひとりでも多くの方に見ていただきたい、美術展です。

c0295254_1095538.jpg
c0295254_10103613.jpg



*このチラシの掲載に関しては、会場で、宮城まり子さんと直接お会いできる機会があり、こころよく、ご諒解をしていただきました。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-05-14 10:15 | 美術
2016年 05月 13日

憲法便り#1723:【実話】イタリアが成し遂げた警察の改革:警察官は労働者の仲間

2016年5月13日(金)(憲法千話)

憲法便り#1723:【実話】イタリアが成し遂げた警察の改革:警察官は労働者の仲間

私は、1978年に発足し、1982年まで続いた「イタリア労働運動セミナー」(1980年から「国際労働運動セミナー」)を主宰していましたので、今でもイタリアには関心を持っています。。

先日、社民党について調べる必要があり、昨年末から今年5月までの『社会新報』を調べていたところ、2016年2月24日付『社会新報』6面と7面に、大変興味深い記事が掲載されていました。

「イタリアが成し遂げた警察の改革」と題する特集記事です。筆者は、ローマ通信員の西ヶ久保津徹郎さん。

警察幹部も含む、「警察官組合」は、組織率ほぼ100%を誇ります。
警察官の女性の比率も高く、上層部の幹部では、かなり比率が高まります。
それは、試験で優秀な成績を収めるのは、女性が多いから。

国会前、沖縄をはじめ、各地のデモや集会で、公務と称する警察官の暴力的行為を受けた方も多いと思います。

「警察官は労働者の仲間」、「国の軍隊」から「市民の警察へ」の見出しの隣に、日本では考えられないような感動的な実話が語られています。

以下に、紙面をそのまま借用して、紹介します。

「イタリアのジェノバでは(2016年)1月27日、製鉄会社イルバの閉鎖に対して抗議運動が展開されていた。

3日間にわたって道路封鎖を行っていた労働者のうち500人が無許可で県庁に向かい、阻止する警察の機動隊と対峙(たいじ)した。

両者が衝突する直前、先頭で指揮をしていた戦闘服姿の警察官がヘルメットと手袋を脱いで労働者に手を差し出し、握手をしたことから、雰囲気が和らぎ、衝突には至らなかった。


ヘルメットを脱いだ指揮官は金髪の女性だった


c0295254_22323478.jpg
c0295254_22334573.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2016-05-13 22:34 | 今日の話題
2016年 05月 12日

憲法便り#1722:「女の平和」のホームページができました。

2016年5月12日(木)(憲法千話)

憲法便り#1722:「女の平和」のホームページができました。

【拡散】をお願いします。

ホームページへは、ここをクリックして下さい

戦争止めよう!
国会ヒューマンチェーン
6月4日(土)13:00~15:00
6月4日は3回目の「女の平和」国会ヒューマンチェーンです。
戦争法廃止、平和憲法を護ろう、の声を上げましょう。

[PR]

by kenpou-dayori | 2016-05-12 16:06 | お知らせ
2016年 05月 12日

憲法便り#1721:【資料発掘】明治22年8月28日の熊本大地震の記録(版画入り)

2016年5月12日(木)(憲法千話)

憲法便り#1721:【資料発掘】明治22年8月28日の熊本大地震の記録(版画入り)

去る4月28日に、町田市立国際版画美術館の内覧会へのお招きを受け、
『森羅万象を刻む』―デューラーから柄澤齊へ―を見てきました。
156点の展示作品の中で、まず目にとまったのは展示作品57です。

それは、以下に示すように、熊本大地震に関する作品が展示されていたからです。
念のため、企画を担当した学芸員に、今回の熊本大地震を意識しての展示かどうかを質問してみましたが、偶然の一致であるとの答えでした。

以下の版画は、1889年9月1日付『東京朝日新聞』附録を引用したものです。

上は、「熊本縣下飽田郡高橋町市街震災被害眞圖」
町田市立国際版画美術館の展示目録には、次の解説が付されています。
版刻:合田清 391×323mm 小口木版
下は、「熊本城内砲臺地盤割裂眞圖」
右側の文章
此に掲ぐる兩面の圖畫は明治廿二
年七月二十八日夜熊本縣下に起れ
る大地震の紀念として留むべき爲
め同縣飽田郡高橋町(字川端)市街
被害の實況及び同地第六師團所轄
熊本城内(舊平左衛門櫓床)號砲臺
近傍の土地割裂の写真に據て圖畫
を作り之を歐風寫眞畫樣に摸刻し
たるものなり幾多の寫眞中特に茲
に此の兩面を撰みて摸刻したるも
のは該地被害箇處中殊に此の兩
處を以て最も悲慘の箇處となせば
なり

左側の文章
明治廿二年七月二十八日夜に於ける
熊本縣下の震災ハ實に近代稀に聞
くの大地震なり被害の地一市九郡
に亘り裂地八百九十餘箇處人畜の
死傷亦少しとせず史家の説に據る
に同震災は往古白鳳七年十二月及
ひ天平十六年五月、貞観九年五月、
仁和三年七月、寛文二年十一月、享
保八年十一月、同十年九月、安永八
年九月、寛政四年二月等に於て九
州に起れる前後九回の震災と共に
永く史上に記して不亡に備ふべき
の大震災なりと云ふ
c0295254_11374045.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2016-05-12 11:53 | 大地震・大雨・洪水・災害
2016年 05月 12日

憲法便り#1720:5月14日(土)新宿女性九条の会講演会「知ってほしい!沖縄の歴史と今」

2016年5月12日(木)(憲法千話)

憲法便り#1720:5月14日(土)新宿女性九条の会講演会「知ってほしい!沖縄の歴史と今」

c0295254_10104440.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2016-05-12 10:11 | お知らせ
2016年 05月 07日

憲法便り#1719:岩崎加根子さんご出演の 「なくせ冤罪! 5・13朗読劇とコンサートの夕べ」

2016年5月7日(土)(憲法千話)

憲法便り#1719: 岩崎加根子さんご出演の「なくせ冤罪! 5・13朗読劇とコンサートの夕べ」

c0295254_10431092.jpg
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-05-07 10:43 | 今日の話題