岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 20日

憲法便り#2014:(改訂版)南スーダン派遣・陸上自衛隊の、平成28年7月11日(月)付『モーニングレポート』を画像により紹介します!

2017年5月20日(土)(憲法千話)

憲法便り#2014:(改訂版)南スーダン派遣・陸上自衛隊の、平成28年7月11日(月)付『モーニングレポート』を画像により紹介します!
(画像の入力は完了しました。)


2017年2月10日(金)付の「行政文書開示請求書」で、別紙『東京新聞』を添付して情報公開を求めていた資料の一部分を、5月16日(火)にようやく入手しました。開示されない部分があり、7月7日まで開示検討中の部分もあります。

開示された部分にも、黒塗りの箇所が多数見られますが、それでも、一年前の緊迫していた様子が手に取るように分かります。

稲田防衛大臣が、「戦闘」を「武力衝突」と言い換えて、現地がいかにも安全かのように答弁していた嘘が、明らかになります。

今回入手しのは、A4サイズ433頁(うちカラ―は407枚)。

今日、ここで紹介するのは、カラ―の画像が多くて分かりやすい、平成28年7月11日(月)付『モーニングレポート』

私は、南スーダンも、軍事関係も詳しくありませんので、必要最小限のことだけを書くことに止めます。

率直な感想を言えば、黒く塗りつぶされた部分にこそ、真実、危険な状況が隠されていると思います。

稲田防衛大臣の「真っ赤な嘘」と、真っ黒に塗りつぶされた真実!

南スーダンの首都は、ジュバ。その中心部には、政府議会、大統領府、日本大使館などがありますが、その近辺で、戦闘が行われています。

南スーダンのその他のことについては、外務省ホームページが掲載している「南スーダン共和国」基礎データが詳しいので参考にして下さい。(ここをクリック

モーニングレポートに記された略語
UNMISS=国連南スーダン共和国ミッション
SPLA=スーダン人民解放軍
iO(SPLM-IO)=スーダン人民解放運動反体制派
GDPE


中央即応集団司令部作成の『モーニングレポート』

(岩田注)
①平成28年7月11日(月)のモーニングレポートは、これで、全ページです。
②ページのナンバーは、ありません。
③【ジュバ市内におけるSPLA及び iO間の衝突事案(7月8日以降)は重複して3枚ありましたので、1まいだけを入れました。
④(「中央即応集団」については、ここをクリックして下さい)(防衛省陸上自衛隊のホームページが出ます)


【表 紙】

c0295254_16412358.jpg

























【モーニングレポート実施要領】
c0295254_20372259.jpg
























【周辺国等主要情勢】
c0295254_16444391.jpg



























【南スーダン全域の状況】

c0295254_20383025.jpg


























【ジュバ周辺の状況】
c0295254_09040260.jpg


























【ジュバ市内におけるSPLA及びiO間の衝突事案(7月7日)】
c0295254_16481549.jpg



























【事案発生位置(7月7日)】
c0295254_16494633.jpg
























【7日の銃撃事案発生に係る評価】
c0295254_16523819.jpg


























【事案発生位置(7月8日)】
c0295254_16564370.jpg























【8日に発生した主要事象】
c0295254_09070444.jpg




























【事案発生位置(7月9日)】
c0295254_17012932.jpg
























【9日に発生した主要事象】
c0295254_09102547.jpg























【事案発生位置(7月10日)】
c0295254_17043512.jpg




























【10日に発生した主要事象】

c0295254_17092102.jpg


























【ジュバ市内におけるSPLA及びiO間の衝突事案(7月8日以降)】
c0295254_16545120.jpg





























【南スーダン国内セキュリティレベル】
c0295254_09141589.jpg

























【ジュバ周辺の情勢評価】
c0295254_09220601.jpg
























【ジュバ市内情勢評価(7-10日の事象)】
c0295254_17131676.jpg























【ジュバ市内におけるSPLA及びiO間の衝突事案の概要】
c0295254_09255618.jpg

























【ジュバ市内におけるSPLA及びiO間の衝突事案の概要】
c0295254_09321467.jpg
























【UNMISS等の状況】
c0295254_09432682.jpg























【派遣施設隊等の状況】
c0295254_09463713.jpg


























【UNMISSトンピン地区の状況】
c0295254_09501247.jpg




























【上級部隊等の状況】(2頁にわたっている。)

c0295254_09531818.jpg















c0295254_09540404.jpg














[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-20 16:38 | 南スーダン
2017年 05月 20日

憲法便り#2013:『憲法便り』5月19日の「記事ランキング」

2017年5月20日(土)(憲法千話)

憲法便り#2013:『憲法便り』5月19日の「記事ランキング」

記事ランキング[設定]×

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-20 11:11 | アクセス・ベストテン
2017年 05月 19日

憲法便り#2012:5月1日ー18日の『憲法便り』への、アクセス・ベストテン!

2017年5月19日(金)(憲法千話)

憲法便り#2012:5月1日ー18日の『憲法便り』への、アクセス・ベストテン!

以下は、すべて、もとの記事そのものとリンクしていますので、クリックして下さい。

今日は、このほかに、情報公開請求により、5月19日に防衛省から入手した『南スーダン派遣施設隊 日々報告』および『モーニングレポート』のごく一部分を掲載する予定です。(スキャンの画像を11枚準備しましたが、調べが不足していますので、掲載は明日に延期します。


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-19 08:31 | アクセス・ベストテン
2017年 05月 18日

憲法便り#2011:本当の「国際的な犯罪の防止に関する国際連合条約(通称パレルモ条約)」はマフィアなどの経済事犯を取り締まるためのものだ!

2017年5月18日(木)(憲法千話)

憲法便り#2011:本当の「国際的な犯罪の防止に関する国際連合条約(通称パレルモ条約)」はマフィアなどの経済事犯を取り締まるためのものだ!

安倍政権が共謀罪法案の強行採決を明日にも行おうとしている。

「国際的な犯罪の防止に関する国際連合条約(通称パレルモ条約)」に加入するために、必要とされる国内法の整備と主張している。
だが、この国際条約は、マフィアなどの経済事犯を取り締まるためのものであって、テロ対策の条約ではない!

この条約の起草者であるアメリカ人も、そう証言していた。

この条約に加入する場合の条件などにはなっていない。

共謀罪法案がなければ、オリンピックが出来ないというのは、こじつけである。

安倍首相が行っていることは、でたらめである。

だから、金田法務大臣も、説明不能に陥っている。

テロ対策は、既存の法律で対処できる。

彼らの目的は、言論の自由の剥奪であり、民主主義の圧殺である。

私は、かつてのナチスの手口を思い出す。

だから、共謀罪法案には絶対に反対である。







[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-18 22:22 | 共謀罪
2017年 05月 17日

憲法便り#2010:5月1日ー5月15日に掲載した『憲法便り』一覧リスト!

2017年5月17日(水)(憲法千話)

憲法便り#2010:5月1日ー5月15日に掲載した『憲法便り』一覧リスト!


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-17 13:46 | 憲法便り掲載記事一覧
2017年 05月 16日

憲法便り#2009:言論の自由、民主主義を圧殺する共謀罪法案に断固反対する!

2017年5月16日(火)(憲法千話)

憲法便り#2009:言論の自由、民主主義を圧殺する共謀罪法案に断固反対する!

今日は、午前中に市ヶ谷の防衛省を訪ね、2017年2月10日(金)以来情報公開請求を行っていた、『南スーダン派遣施設隊 日々報告』(2016年7月7日ー7月12日)および『モーニングレポート』を受け取り、その足で、国立国会図書館に行き、さらに、午後6時半に日比谷野外音楽堂で開催される「共謀罪法案は廃案に!5・16大集会」に参加するつもりでいました。

しかし残念ながら、体調が悪いため、国会図書館行き、および「大集会」は取りやめました。

反対の意思表示、そして連帯の表明をしておきます。

2017年5月16日付『東京新聞』朝刊24面ー25面に掲載されている「こちら特報部」の『閣議決定にみる共謀罪法案の怖さ』は、今年一月にさかのぼって、現在起きている様々な問題の関連を整理し、本質を掘り下げています。

この記事を地方の皆さんにも知っていただきたく、緊急事態なので、断りをして、全文引用をいたします。
c0295254_20574721.jpg
c0295254_20561688.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-16 21:00 | 共謀罪
2017年 05月 16日

憲法便り#2008:渋谷区立千駄ヶ谷小学校校歌

2017年5月16日(火)(憲法千話)

憲法便り#2008:渋谷区立千駄ヶ谷小学校校歌

かなり前のことになるが、拙著『検証・憲法第九条の誕生』を贈呈したことへのお礼として、日本共産党国会対策委員長で衆議院議員の穀田恵二さんから、我が家に、お電話と、FAXをいただいたことがあります。


そのFAXには、ご友人から聞いたこことして、渋谷区立千駄ヶ谷小学校の校歌の歌詞が書かれていました。


私は、その歌詞に感激して、憲法講演の中で、胸をつまらせながら、何回か紹介したことがあります。

以前は、千駄ヶ谷小学校のホームページに、作詞、作曲をなさったかたのお名前や、歌詞全体そして楽譜も掲載されていたように記憶しているのですが、最近は見当たらなくなり、残念に思っています。


FAXがかなり薄くなってしまいましたが、3番の歌詞は覚えていますので、紹介します。


3.世界の国に さきがけて

  戦争棄てた 憲法の

  こころ忘れず 取り持って

  平和日本の民となる

  これが我等の将来だ

  これが我等の将来だ 


一度、聞かせていただきたいと思っているのですが・・・・・


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-16 19:59 | 今日の話題
2017年 05月 15日

憲法便り#2007:法務省への情報公開請求した、共謀罪法案「別表第4」を入手しましたので、掲載します!

2007年5月15日(月)(憲法千話)

憲法便り#2007:法務省への情報公開請求した、共謀罪法案「別表第4」を入手しましたので、掲載します!

共謀罪法案、正式には、「組織的な犯罪及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案」という、何だか訳の分からない長い名称です。

この法案は、いま、法務省のホームページ上で、公開されています。法案には、別表1-4も付いています。



ところが、今回私が入手した別表4は、公開されていません。提案者にとって都合が悪いからです。

情報公開請求してから入手出来るまでに、時間が掛かりました。そのため、せっかく入手して、詳細に検討を加える前に、法案の強行採決が行われようとしていることに、怒りを覚えます。

この法律がないと、オリンピックが出来ないというのは、嘘です。
この法律がないと、日本の治安がないと守れないというのも、嘘です。
c0295254_21541308.jpgc0295254_21545177.jpgc0295254_21560894.jpg

c0295254_21563674.jpgc0295254_21571311.jpg
c0295254_21580005.jpg
c0295254_21583253.jpg

c0295254_21585556.jpg

c0295254_21592290.jpg






[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-15 22:03 | 共謀罪
2017年 05月 14日

憲法便り#2006:『しんぶん赤旗』の元北海道警釧路方面本部長(警視長)・ジャーナリスト原田宏二さんへのインタビュー「ストップ 共謀罪」は、具体的で説得力抜群!

2017年5月14日(日)

憲法便り#2006:『しんぶん赤旗』の元北海道警釧路方面本部長(警視長)・ジャーナリスト原田宏二さんへのインタビュー「ストップ 共謀罪」は、具体的で説得力抜群!

安倍内閣は、オリンピックを口実に共謀罪を成立させようとしている。

安倍首相は「一般人は対象外」と、まやかしの答弁に終始している。

担当の金田法務大臣に至っては、答弁不能の連続。

実質的な法案論議は、ほとんど無い。

にもかかわらず、週明けにも、採決を強行しようとしている。
とんでもないことである。

2017年5月3日付『しんぶん赤旗』一面に掲載されたインタビュー記事は、
元刑事だった人の話だから、具体的で、本当に説得力がある。
その記事を紹介したい。明日は、法務省に行政文書開示請求して得た資料を紹介する予定です。
c0295254_22074401.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-14 22:10 | 共謀罪
2017年 05月 12日

憲法便り#2005:昭和22年5月4日『福島民報』民報評論「新憲法と婦人の立場」再録!

2017年5月12日(金)(憲法千話)

憲法便り#2005:昭和22年5月4日『福島民報』民報評論「新憲法と婦人の立場」再録!

日本国憲法施行に伴う民法改正について調べていて、真っ先に思い出しのがこの記事です。
論文の中で言及することは決めているが、全文にするか、一部分にするかは、まだ検討中です。

筆者の櫛田吹きさんがこの文章を書いた時点では、『憲法便り#2000』でふれたように、民法改正はまだ途上にあり、十条からなる時限立法による応急的措置が取られただけでした。

**************************************************************
2015年3月26日(憲法千話)

(*50紙の社説一覧リストへ戻るのは、こちらをクリックして下さい

憲法千話・憲法施行に際しての社説No.14:昭和22年5月4日『福島民報』民報評論「新憲法と婦人の立場」

『福島民報』には、「社説」がなく、その代わりに「社説」の位置に「民報評論」が掲載されている。
ただし、5月3日号には「民報評論」がないので、一面の上半分のみを紹介する。c0295254_20501479.jpg


翌5月4日一面には「民報評論」の掲載があるので、まず、その紙面を紹介する。
c0295254_2053175.jpg


5月4日付『福島民報』の「民報評論」『新憲法と婦人の立場』は拡大したコピーが読み易いので、文字起こしをせず、紙面紹介のみにするこもを考えた。だが、公布時および施行時に婦人の問題を題名に掲げているものは数少ないこと、筆者が婦人民主クラブ書記長の櫛田ふきさんであることを考慮して、私自身の記憶に刻み込むためにも、文字起こしをすることとした。

5月4日付の民報評論『新憲法と婦人の立場』
新憲法に即して民法も改正され、日本独特の家族制度が廃されることになったのは、長い間あるいは守られ、あるいは束縛されてきた女性にとってゆゆしい問題である。しかし純然たる家族制度というものが果して今まで存在していたであろうか。一部特権階級は知らず。今日の経済状態の中で恐らく家長たる戸主はその大家族を養う能力はないから、家族はそれぞれ独立の生計をたてて戸主の保護や監督の外にあるもので、家族制度はすでに一枚の戸籍謄本の上でだけの存在となって崩れてきているのではあるまいか。それならこれが廃止になるのは世間一般がすぐに道徳のたい廃と結びつけ憂慮するには当たらないことである。
 封建的な思想や制度のもとでいつでも損をするのは女性であるように、家族制度のためにはずいぶん女はみじめな目を見た。家の廃止にあたって一番救われるのはやはり女性で、この家のワクの中での娘として、妻として、母として、「しゅうとめ」としてはなはだしい忍従を強いられてきた女性ははじめて解放されるわけである。
 換言すれば女性は民法の改正によってまず家から解放され、日本の民主化のためにも封建的なものを徹底的に一掃して、まず手近かなところから新しい生活を建設するその使命が委ねられたのである。民法を実際に活かすもまた有名無実として殺すのも女性の実践力一つにまたれるということになったのである。 
 そこで女性はまず手近な家庭生活の民主化から着手するせきにんがある。例えば民法を見ると、第一条に「私権ノ享有ハ出生二始マル」とあるから、生れた瞬間から男女貧富の別なく経済生活において同じ人格を宣明されている。自分の生んだ子といえどもそれはすでに社会構成の一単位として、個人としての尊重を忘れずに育ててゆかねばならない。そこで新しい育児や教育に対する確固たる信念をもたなければならない。すべて古い観念から割出したものでは意味をなさない。夫唱婦随、または男尊女卑式の思想を家庭からまず追出し、家庭生活を合理化するために何といっても妻や娘はここのところを大いに勉強をして教養を高め、人間として社会人としての自覚の上にたって、新しい家庭生活の様式を編出さなければならない。
 家庭内ではだれの独裁も専制も許さず「しゅうと」も「しゅうとめ」も、夫も妻も娘も心を協せて話合いの上でどこまでも明朗に生活をすすめるようにする。一人の不満も不平もないように、いつでも機会をつかまえてはすべての人の意見をきいて、家計のことも、子女の教育のことも、選挙のことも、食べもののこともきめてゆくようにする。民主主義の方法はこうして家庭にまず実行されるように主婦の力で習慣づけてゆかなければならない。
 新しい法律で広く自由結婚を認めるようになっても、実際として若い人たちの間に男女の交際が自由かっ達に行われていない間は、お互いに認識不足な結婚をして親兄弟を失望させ、自分も不幸になる例も多いであろうし、親族会議などという封建的なものがなくなってそのために幼少者や未亡人が苦しい立場に置かれることがなくなるかわりには夫を失い、かつ金を持った人がいつの間にか人にだまされて一文なしになり、遺児が憂き目を見るということもできるであろう。これ等はすべて個人を尊重したためだが、個人個人の社会的な自覚が伴わぬ間は犠牲者もできるであろう。
 それで今後の家庭生活はすべてにおいてもっと民主化され、しかも社会性を帯びなければならない。民法の改正が女性の解放を要求しており、女性の解放が家庭生活の民主化、日本全体の民主化をめざしている限り、女性の責任は重大である。(婦人民主クラブ書記長・櫛田ふき)

c0295254_20561513.jpg

(典拠は、国立国会図書館所蔵マイクロ資料による)

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-12 22:59 | 民法、女性史