岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 58 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 31日

憲法便り#2100:「憲法フォークジャンボリー in 東京2017」に参加します!

2017年7月31日(月)

憲法便り#2100:「憲法フォークジャンボリー in 東京2017」に参加します!

一昨年、昨年にひ引き続き、講釈師・岩田才之助として、講談で出演します。
出演日は、8月4日(金)、午後7時ごろの登場です。

演題は、
『講談・日本国憲法誕生秘話 第3弾 ― 誤報が歴史を動かした!』
1946年2月1日、毎日新聞が第一面いっぱいに、「憲法調査会試案」の「スクープ」記事を掲載した。
この「スクープ」は誤報だった! 政府も否定した!
だが、これを見たGHQは、その直後から極秘裡に動き出していた。
首相官邸内の大金庫にあった情報が、毎日新聞の記者に渡ったのは、なぜか?
その真相に迫る!
c0295254_17162914.jpg
c0295254_17155291.jpg




[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-31 17:18 | 音楽・舞台芸術・芸能・映画
2017年 07月 30日

憲法便り#2099:「『ならコープ 平和の会』のこと」

2017年7月30日(日)(憲法千話)

憲法便り#2099:「『ならコープ 平和の会』のこと」(その1)

「ならコープ 平和の会」からは、2004年11月9日に、講演依頼を受けて以来のお付き合いがあったが、会の活動をやめてしまったという話を2年ほど前に聞いて、残念に思っていた。だが、それは誤った情報だったことが最近になって判り、とてもうれしく思っている。

五月の連休明けに、『ならコープ 平和の会のあゆみ ~ おりづるをたどって ~(1981ー2015)』(2016年5月刊)を送っていただいた。
すぐに、『憲法便り』に感想文を書き、紹介するつもりでいたのだが、体調がすぐれなかったことに加えて、国会情勢から目が離せない状況が続いていたことから、今日に至ってしまった。

お礼の気持ちを伝えるのもかなり遅くなってしまったが、6月30日に、お送り下さったHさん宛で「ならコープ 平和の会」に、手紙と共に次の資料を贈呈した。資料は、『あゆみ』を読んで、今後の活動に役立てていただけそうなものを選んだ。

1.国立公文書館 平成29年春の特別展(日本国憲法施行70年記念) 図録『誕生 日本国憲法』1冊
2.衆議院 憲政記念館『日本国憲法施行70周年記念展示 展示目録』1冊
3.「共謀法」の犯罪対象リスト(法務省へ情報公開請求をして入手した資料)
4.秋田県能代第二中学校で昭和22年に作成された『新憲法漫画いろは歌留多』のカラ―コピー(これは、昨年同校まで取材に行って、コピーをとらせていただいたもの)
5.奈良日日新聞社刊『図解憲法』(再販)(1947)、同第三版(1948)の表紙カラーコピーと、戦争放棄のページのコピー。
6.2004年11月9日に、「ならコープ 平和の会」で憲法講演を行った際の、奈良新聞の記事のコピー
7.岩田行雄著『豊洲新市場移転工事入札経過そして入札弾疑惑解明のための検証ー東京都政改革への提言』2016年12月26日)

以上のほかにも、私の著作のチラシなどを含めて、Hさんのご自宅の住所が記されていなかったので、レターパックで「ならコープ 平和の会」の住所にお送りした。
やっとのことで書いた手紙だし、私としては、他にほとんど差し上げたことのない資料を同封したので、無事届いているのかどうか心配であった。

他の方に手紙を書いたところ、ご本人はこの手紙のことをご存じなく、本部があずかっていることが分かってほっとしたところだ。
資料を今後の活動に活かしていただけるよう願っている。

なお、今日は「カテゴリ」を「今日の話題」としたが、奈良講演には忘れられない数多くのエピソードがあるので、記憶をたどって、ひとつの「エッセー」として書き上げたいと思っている。

c0295254_20153444.jpg
c0295254_20155884.jpg
c0295254_20153444.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-30 11:40 | 今日の話題
2017年 07月 30日

憲法便り#2098:【安倍政権連続批判第1弾ー第30弾 プラス2(安倍昭恵夫人+石破茂元幹事長)】一覧リスト

2017年7月30日(日](憲法千話)

憲法便り#2098:【安倍政権連続批判第1弾ー第30弾 プラス2(安倍昭恵夫人+石破茂元幹事長)】一覧リスト


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-30 09:24 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 29日

憲法便り#2097:ナイトキャップに『古代教会スラブ語入門』を!

2017年7月29日(土)(憲法千話)

憲法便り#2097:ナイトキャップに『古代教会スラブ語入門』を!

正確には、ナイトキャップ(寝酒)代わりに、『古代教会スラブ語入門」を、ちょっとだけながめること。

7月15日(土)午後に、早稲田大学ロシア文学会の公開講演会で、岩井憲幸先生の「古代教会スラブ語のすすめ」を聞く機会があった。

木村彰一先生の『古代教会スラブ語入門』(1985、白水社)は持っていて、最後まで赤線を引きながら読んだことはあるが、とても理解しているなどとは言えない。

来年から、ロシア研究に復帰したいと思っていたところだったので、ウオーミングアップのつもりで、ほんの少しだけ、本を開いてながめることを始めた。ただし、長い時間をかけて読むと、疲れて眠れなくしまうので、ほんのわずかな時間だ。

憲法研究の傍ら始めた『憲法便り』に時間とエネルギーをかけすぎ、寝ても疲れが取れない。

だが、嬉しいことに、『古代教会スラブ語入門』を、ナイトキャップ代わりに眺めるようにし始めてからは、昼間の続きのような夢を見なくなった。

名著は、まるで良質な古酒のように、質の良い眠りをもたらしてくれる。

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-29 21:44 | 名著・名文・名言紹介
2017年 07月 29日

憲法便り#2096:【安倍政権連続批判第30弾】防衛省からの平成29年7月7日付「行政文書開示決定通知書」に稲田朋美防衛大臣名なし!

2017年7月29日(土)(憲法千話)

憲法便り#2096:【安倍政権連続批判第30弾】防衛省からの平成29年7月7日付「行政文書開示決定通知書」に稲田朋美防衛大臣名なし!

以下は、一週間前に掲載した記事の再録である。
文書のコピーに防衛大臣とあって、防衛大臣の印が押されている。しかし、稲田朋美大臣名はない。

この記事には、コピーを添付していないが、次の二通の文書にも防衛大臣名はない。
平成29年3月15日付の「開示決定等の期限の特例規定の適用について(通知)
平成29年4月14日付の「行政文書開示決定通知書」

私は、内閣法制局および法務省にも、「行政文書開示請求」を行っているが、少なくとも、このふたつの官庁は、長官名、大臣名を書いた文書を送ってくる。

防衛省の場合は、習慣的に名前を省略しているのかも知れないが、現在の状況を見ていると、想像をたくましくしてしまう。
8月上旬に、下記のモーニングレポートを受け取りにいくので、その際に、質問をしてみたいと思っている。
*************************************************************
【再 録】
2017年7月22日(土)(憲法千話)

憲法便り#2061:今年の2月10日付で防衛省に情報公開を請求していたPKO部隊のモーニングレポート開示決定通知書が届きました!

開示請求を行ったのは、2月10日ですから、ちょうど、稲田防衛大臣の発言が問題になっている時期と重なります。

防衛省から、平成29年7月7日付で、行政文書開示決定通知書が送られてきました。
届いたのは、7月13日。
すでに入手していた、モーニングレポートの開示決定の判断が保留されていた部分です。
入手できるのは、8月4日ごろの予定で、先方からの連絡を待っているところです。
送付されてきた文書の最初のページは、次の通りです。
黄色の付箋の部分は、文書番号です。
前回入手して、憲法便りで公開した部分よりも、現地が、さらに危険な状況にあったことが分かるのではないかと期待しています。
なお、前回入手したモーニングレポートについては、憲法便り#2014、及び#2028をご覧下さい。
c0295254_22161565.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-29 11:33 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 29日

憲法便り#2095:【安倍政権連続批判第29弾】時事川柳 題・稲田防衛相辞任直後「品格も 反省もなし 薄笑い」(作・岩田才之助)

2017年7月29日(土)(憲法千話)

憲法便り#2095:【安倍政権連続批判第29弾】時事川柳 題・稲田防衛相辞任直後「品格も 反省もなし 薄笑い」(作・岩田才之助)

ダテ眼鏡越しのうすら笑い。
この一枚の写真が、稲田という人物の本質をよく表している。

その背後には、問題だらけの稲田防衛相を罷免せず、二人で密談のうえ、辞任を容認した安倍首相の国民をなめた顔が潜んでいる。

次回の、閉会中審査で、徹底的に追及し、国民をなめた薄ら笑いをたたきのめしてほしいものだ。

下は、2017年7月29日付『東京新聞』朝刊一面を借用。
c0295254_10110647.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-29 10:14 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 28日

憲法便り#2094:【安倍政権連続批判】第1弾―第28弾一覧リスト

2017年7月28日(金)(憲法千話)

憲法便り#2094:【安倍政権連続批判】第1弾―第28弾一覧リスト


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-28 22:27 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 28日

憲法便り#2093:【安倍政権連続批判第28弾】時事川柳「言いなりの ジャーナリストが たかり飯(めし)!」(作・岩田才之助)

2017年7月28日(金)(憲法千話)

憲法便り#2093:【安倍政権連続批判第28弾】時事川柳「言いなりの ジャーナリストが たかり飯(めし)!」(作・岩田才之助)

7月13日(木)【首相の一日より】午後6時49分、東京・紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」。レストラン「WASHOKU 蒼天」で田崎史郎時事通信特別解説委員、島田敏男NHK解説副委員長ら報道関係者と会食。
(*こうした会食は、定期的におこなわれている。)

知人が、休暇を取った日に、たまたまテレビのワイドショウ見て驚いたと言っていた。
「コメンテーターとして出演しているジャーナリストたちが、あまりにもひどい」。
「特に、時事通信の田崎という人物はひどすぎる」。

私は、応じて言った。
「彼は最悪です。まるで自民党の広報担当ですよ!」
「私は彼を、じじい通信と呼んで軽蔑しています」
「彼は、私よりかなり若いんですけれども、じじむさい」

すると知人が言った。
「あれは、自民党というよりは、安倍内閣の広報担当そのものですよ!」

私はふたたび応じた。
「欧米でこんなことをしたら、一発でアウトですよ!」
「日本のジャーナリズムは、異常です!」

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-28 22:20 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 28日

憲法便り#2092:【安倍政権連続批判第27弾】時事川柳 題・加計理事長3大臣と面会「加計ありき 仕掛けありきで 駆け歩き」

2017年7月28日(金)(憲法千話)

憲法便り#2092:【安倍政権連続批判第27弾】時事川柳 題・加計理事長3大臣と面会「加計ありき 仕掛けありきで 駆け歩き」

閉会中審査で浮き彫りになった、加計ありき。

下は、2017年7月27日付『しんぶん赤旗』日刊紙一面を借用!
c0295254_22172857.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-28 21:51 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 28日

憲法便り#2091:【安倍政権連続批判第26弾】時事川柳「官邸も 安倍政権も 崖っぷち!」(作・岩田才之助)

2017年7月28日(金)(憲法千話)

憲法便り#2091:【安倍政権連続批判第26弾】時事川柳「官邸も 安倍政権も 崖っぷち!」(作・岩田才之助)

首相官邸の地理的な位置は、崖の上にある。文字通り「崖っぷち」だ!
そして、いま、その住人が、政治的な「崖っぷち」にある。

以下は、2017年7月30日付『しんぶん赤旗』日曜版一面を借用。
右の写真は、安倍首相を鋭く追及する日本共産党小池晃書記局長・参院議員
c0295254_21400242.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-28 21:42 | 安倍首相への抗議・反論・批判