岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 26日

憲法便り#2084:【安倍政権連続批判第19弾】時事川柳「支持率が トランプよりも 低いアベ」(作・岩田才之助)

2017年7月26日(水)(憲法千話)

憲法便り#2084:【安倍政権連続批判第19弾】時事川柳「支持率が トランプよりも 低いアベ」(作・岩田才之助)

アメリカのトランプ大統領は、問題だらけだが、それでもまだ40%の支持率を保っている。

国会答弁の中で、高い内閣支持率を鼻にかけていた安倍首相は、戦々恐々としている。

内閣不支持の最大の理由は、「安倍首相の人柄が信頼できない」で、それが50%を超えている世論調査の結果もある。

いま、四面楚歌の状況が現出しつつある。

[PR]

# by kenpou-dayori | 2017-07-26 08:16 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 26日

憲法便り#2083:【安倍政権連続批判第18弾】狂歌「夢にまで 追いかけてくる 秋葉原 あんな人たち こんな人たち」(作・岩田才之助)

2017年7月26日(水)(憲法千話)

憲法便り#2083:【安倍政権連続批判第18弾】狂歌「夢にまで 追いかけてくる 秋葉原 あんな人たち こんな人たち」(作・岩田才之助)

この作品、題して「安倍首相の真夏の夜の夢」

安倍首相は、通常は、官僚が書いた文書を読み上げているだけだ。

だから、云々(うんぬん)を、「でんでん」とためらいもなく、読み間違える。
最大の原因は、あまり勉強をしたことがないからだ。

秋葉原の場合は、原稿なしで、「本音」(ほんね:安倍首相が「ほんおん」と読まないように、カナをふっておく。なお仮名と書くと安倍首相が「かめい」と読みそうなので、カタカナにした)を言ったまでのことだが、それが間違いのもとであった。

読み違いならば、笑われてすむことだが、彼の本音は、国民の怒りを呼び起こしたのだ。

もう辞めたほうが、国民のためになる。
国会を解散して、国民に信を問え!

[PR]

# by kenpou-dayori | 2017-07-26 08:07 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 25日

憲法便り#2082:【安倍政権連続批判第1弾―第17弾】一覧リスト!

2017年7月25日(火)(憲法千話)

憲法便り#2082:【安倍政権連続批判第1弾―第17弾】一覧リスト!

各項目をクリックして下さい。


[PR]

# by kenpou-dayori | 2017-07-25 20:41 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 25日

憲法便り#2081:【安倍政権連続批判第17弾】答弁が破綻(はたん)した安倍首相!

2017年7月25日(火)(憲法千話)

憲法便り#2081:【安倍政権連続批判第17弾】答弁が破綻(はたん)した安倍首相!

つじつまを合わせるために、場当たり的な答弁を繰り返してきた安倍首相は、過去の答弁や資料に基づく追及に耐えかねて、ついに「過去の答弁の修正」という、前代未聞の醜態を演じた。
だが、事の重大性を、かれはまったく分かっていない。

こんなことが当たり前に許されるならば、議論の積み重ねなど、一切無駄なことになってしまう。
かれは、退陣するしかない。!

下は、2017年7月25日付『東京新聞』夕刊一面を借用。
c0295254_20354139.jpg

[PR]

# by kenpou-dayori | 2017-07-25 20:36 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 25日

憲法便り#2080:【安倍政権連続批判第16弾】山本担当相の「身代わり」答弁は、まるでヤクザの「身代わり」出頭まがい!

2017年7月25日(火)(憲法千話)

憲法便り#2080:【安倍政権連続批判第16弾】山本担当相の「身代わり」答弁は、まるでヤクザの「身代わり」出頭まがい!

山本幸三地方創生担当大臣の、「身代わり」答弁は、その強引さが目にあまる!

質問者が、安倍首相を指名しているにも関わらず、安倍首相は立ち上がらない。
山本担当相は、すかさず挙手して、答弁席にしゃしゃり出て来る。
指名をする委員長もグルだ!

質問者が、安倍首相の頭の中にあることを聞いているのに、山本担当相が代わって答える。
こんな茶番が、繰り返されている。
質問者が何回も、「山本担当相に聞いてはいない」、「安倍首相に聞いている」と叫んでも、限られた質問時間を減らすために、長時間にわたって、強引に原稿を読み続ける。
安倍首相は、他人事のように、座り続けている。

議会制民主主義、国会審議の破壊である。

ヤクザの場合、「身代わり」出頭をしたものは何年かの刑務所入りのあと、その功績を認められ、幹部の道を進む。しかしながら、これは、ヤクザの組織内の問題である。

だが、山本担当相の場合は、日本の民主主義と、重要な政治にかかわる問題なのだから、その犯罪的な行為の責任は、計り知れないほど大きい。

かれがどのような見返りを求めようとも、この腐った政治屋の政治生命を国民の選択により、終わらせなければならない。

下は、2017年7月25日付『東京新聞』朝刊一面を借用。
左に立っているのが山本担当相、座っているのが安倍首相。
c0295254_20202204.jpg



[PR]

# by kenpou-dayori | 2017-07-25 20:22 | 安倍首相への抗議・反論・批判