岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

タグ:憲法千話 ( 1236 ) タグの人気記事


2017年 07月 28日

憲法便り#2093:【安倍政権連続批判第28弾】時事川柳「言いなりの ジャーナリストが たかり飯(めし)!」(作・岩田才之助)

2017年7月28日(金)(憲法千話)

憲法便り#2093:【安倍政権連続批判第28弾】時事川柳「言いなりの ジャーナリストが たかり飯(めし)!」(作・岩田才之助)

7月13日(木)【首相の一日より】午後6時49分、東京・紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」。レストラン「WASHOKU 蒼天」で田崎史郎時事通信特別解説委員、島田敏男NHK解説副委員長ら報道関係者と会食。
(*こうした会食は、定期的におこなわれている。)

知人が、休暇を取った日に、たまたまテレビのワイドショウ見て驚いたと言っていた。
「コメンテーターとして出演しているジャーナリストたちが、あまりにもひどい」。
「特に、時事通信の田崎という人物はひどすぎる」。

私は、応じて言った。
「彼は最悪です。まるで自民党の広報担当ですよ!」
「私は彼を、じじい通信と呼んで軽蔑しています」
「彼は、私よりかなり若いんですけれども、じじむさい」

すると知人が言った。
「あれは、自民党というよりは、安倍内閣の広報担当そのものですよ!」

私はふたたび応じた。
「欧米でこんなことをしたら、一発でアウトですよ!」
「日本のジャーナリズムは、異常です!」

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-28 22:20 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 28日

憲法便り#2092:【安倍政権連続批判第27弾】時事川柳 題・加計理事長3大臣と面会「加計ありき 仕掛けありきで 駆け歩き」

2017年7月28日(金)(憲法千話)

憲法便り#2092:【安倍政権連続批判第27弾】時事川柳 題・加計理事長3大臣と面会「加計ありき 仕掛けありきで 駆け歩き」

閉会中審査で浮き彫りになった、加計ありき。

下は、2017年7月27日付『しんぶん赤旗』日刊紙一面を借用!
c0295254_22172857.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-28 21:51 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 28日

憲法便り#2091:【安倍政権連続批判第26弾】時事川柳「官邸も 安倍政権も 崖っぷち!」(作・岩田才之助)

2017年7月28日(金)(憲法千話)

憲法便り#2091:【安倍政権連続批判第26弾】時事川柳「官邸も 安倍政権も 崖っぷち!」(作・岩田才之助)

首相官邸の地理的な位置は、崖の上にある。文字通り「崖っぷち」だ!
そして、いま、その住人が、政治的な「崖っぷち」にある。

以下は、2017年7月30日付『しんぶん赤旗』日曜版一面を借用。
右の写真は、安倍首相を鋭く追及する日本共産党小池晃書記局長・参院議員
c0295254_21400242.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-28 21:42 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 28日

憲法便り#2090:【安倍政権連続批判第25弾】時事川柳 題;稲田防衛相辞任「おにゃんこと 「恋人つなぎ?」 安倍首相」(作・岩田才之助)

2017年7月28日(金)(憲法千話)

憲法便り#2090:【安倍政権連続批判第25弾】時事川柳 題;稲田防衛相辞任「おにゃんこと 「恋人つなぎ?」 安倍首相」(作・岩田才之助)

国民を守らず、あくまでも稲田防衛相をかばい、守り続けた安倍首相。

罷免せずに、事前に二人だけで相談し、辞表を受理した。

改めて、安倍首相の任命責任を、強く問う!

以下は、2017年7月28日付『東京新聞』朝刊一面、および同夕刊一面を借用。
ただし、カラーの頁をモノクロコピーし、葬送の意を込めた。
c0295254_21275291.jpg

















c0295254_21284891.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-28 21:30 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 28日

憲法便り#2089:【安倍政権連続批判第24弾】御用天気予報士発「永田町は暗雲が垂れ込めていますが、官邸は一点の曇りもありません!」

2017年7月28日(金)(憲法千話)

憲法便り#2089:【安倍政権連続批判第24弾】御用天気予報士発「永田町は暗雲が垂れ込めていますが、官邸は一点の曇りもありません!」

もしも、天気予報士がこんなことを真顔で言ったら、たちまち信頼を失ってしまう。

だが、政治情勢については、御用学者や御用評論家や御用ジャーナリストが、明明白白な事実を曲げて、ゆがめて、コメントを言い続けている。

こんな者たちは要らないし、
それに支えられている

安倍政権は
まったく要らない!

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-28 09:47 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 28日

憲法便り#2088:【安倍政権連続批判第23弾】第一回 知らんぷり・グランプリ大賞 安倍首相とその取り巻きの皆さん!

2017年7月28日(金)(憲法千話)

憲法便り#2088:【安倍政権連続批判第23弾】第一回 知らんぷり・グランプリ大賞 安倍首相とその取り巻きの皆さん!

何を訊かれても、「記憶にございません」「覚えていません」の一点張り。
舞台裏は、透(す)けて見える。

口裏合わせは、簡単だ。
「何も言うな」。
「嘘を言うと、偽証罪に問われることになる」
「だが、記憶にないと言っておけば、偽証罪に問われることはない」
「だから、何を訊かれても、何も言うな」
「記録は、廃棄処分にしてあるのだから」

(*安倍首相が「とうけて」と読まないように、カナをふりました。)


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-28 08:21 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 27日

憲法便り#2086:【安倍政権連続批判第21弾】豊田真由子議員風に「♪加計理事長は、なんで3大臣に会えるのかな~ ♪なんであえるのかな~」

2017年7月27日(木)(憲法千話)

憲法便り#2086:【安倍政権連続批判第21弾】豊田真由子議員風に「♪加計理事長は、なんで3大臣に会えるのかな~ ♪なんであえるのかな~」

加計ありき!
仕掛けありき!

加計ありきったら!
仕掛けありき!

加計歩き!
仕掛け歩き!
3大臣を駆け歩き!

下は、2017年7月27日付『しんぶん赤旗』日刊紙一面を借用!
c0295254_22172857.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-27 22:23 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 26日

憲法便り#2085:【安倍政権連続批判第20弾】時事川柳「目が泳ぎ しどろもどろの 安倍首相」(作・岩田才之助)

2017年7月26日(水)(憲法千話)

憲法便り#2085:【安倍政権連続批判第20弾】時事川柳「目が泳ぎ しどろもどろの 安倍首相」(作・岩田才之助)

過去の答弁との矛盾を指摘され、自信に満ちたというよりは、傲慢な表情が消え、ただうろたえる姿は哀れである。

病気にならないうちに、お辞めなさい。
もっとも、すでに、「権力病」に侵されていることは、誰の目からも明らかだ。

国民の大多数は、あなたも、あなたの答弁も信じていないし、首相の座に居続けることを望んでいない。
「恋々と」しがみつくのは、みっともない!

下は、2017年7月26日付『東京新聞』一面を借用。
c0295254_21374572.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-26 21:41 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 26日

憲法便り#2084:【安倍政権連続批判第19弾】時事川柳「支持率が トランプよりも 低いアベ」(作・岩田才之助)

2017年7月26日(水)(憲法千話)

憲法便り#2084:【安倍政権連続批判第19弾】時事川柳「支持率が トランプよりも 低いアベ」(作・岩田才之助)

アメリカのトランプ大統領は、問題だらけだが、それでもまだ40%の支持率を保っている。

国会答弁の中で、高い内閣支持率を鼻にかけていた安倍首相は、戦々恐々としている。

内閣不支持の最大の理由は、「安倍首相の人柄が信頼できない」で、それが50%を超えている世論調査の結果もある。

いま、四面楚歌の状況が現出しつつある。

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-26 08:16 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2017年 07月 26日

憲法便り#2083:【安倍政権連続批判第18弾】狂歌「夢にまで 追いかけてくる 秋葉原 あんな人たち こんな人たち」(作・岩田才之助)

2017年7月26日(水)(憲法千話)

憲法便り#2083:【安倍政権連続批判第18弾】狂歌「夢にまで 追いかけてくる 秋葉原 あんな人たち こんな人たち」(作・岩田才之助)

この作品、題して「安倍首相の真夏の夜の夢」

安倍首相は、通常は、官僚が書いた文書を読み上げているだけだ。

だから、云々(うんぬん)を、「でんでん」とためらいもなく、読み間違える。
最大の原因は、あまり勉強をしたことがないからだ。

秋葉原の場合は、原稿なしで、「本音」(ほんね:安倍首相が「ほんおん」と読まないように、カナをふっておく。なお仮名と書くと安倍首相が「かめい」と読みそうなので、カタカナにした)を言ったまでのことだが、それが間違いのもとであった。

読み違いならば、笑われてすむことだが、彼の本音は、国民の怒りを呼び起こしたのだ。

もう辞めたほうが、国民のためになる。
国会を解散して、国民に信を問え!

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-26 08:07 | 安倍首相への抗議・反論・批判