岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

タグ:憲法千話 ( 1321 ) タグの人気記事


2017年 09月 03日

憲法便り#2157:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.47: 熊本篇』

2017年9月3日(日)(憲法千話)

(一覧リストに戻る)

憲法便り#2157:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.47: 熊本篇』

以下の記事は、大まかすぎるので、『心踊る平和憲法誕生の時代』、および同書の改題・補訂第二版『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』の第四部には含めませんでしたが、ここで、各都市の中で、該当する部分を紹介しておきます。
【西日本新聞】公布記念(十一月三日付三面より)
「花電車や仮装行列 絢爛 西日本に展く慶祝プロ」
「歓喜沸く新しき出発」 
「平和日本のかどで、民主憲法公布のきょう三日ー西日本各地はいま新しき”くにのあゆみ”に寄する慶祝と歓喜にはち切れそうだ。この日各県各地とも奉祝式典のあとをうけ、それぞれ秘策の慶祝プロにうつり、忍従と屈辱の歴史をかなぐりすてる。
花電車や花トラックが飛び出し、仮装行列が歓喜の街々(まちまち)をねり歩き、きょう西日本の秋空はうちあげられる慶祝の花火にこだまし続けて、久方振りにみる灯の波、旗の波の復活だ。いま各地から洩れきこえる興奮の慶祝プロを綴っておくる。
(以下、[福岡] [佐賀] [大分] [熊本] [長崎] [鹿児島]と各県の行事予定が簡単に紹介されていますが、ここでは、「熊本」の部分を掲載します。)
【熊本】
三日午前十時から県立第一高女で催す本社主催の舞踊歌謡曲大会をはじめとして、第二高女では午後二時から県民大会ひらかれ、文化祭、能楽大会、GKの希望音楽会その他絢爛たるプロが準備されている。また熊本市の連合町内会の運動会、八代、人吉両市の市民体育大会もこのよき日の朝からはじまられる。」

    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

以下は、岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』第四部より

【熊本日日新聞】公布記念(十一月三日付三面より)
「鳴る・民主日本の暁鐘」「打ち樹つ盤石の礎 実践の責・祝福も各人へ」
日いづる国、新しき日本の太陽は上った。菊花かおる明治の佳節、きょうここに我々の憲法は公布され、新生国家盤石の基礎は打ち樹てられたのである。かくて侵略主義軍国の血に色どられ、官僚どもの封建かつ独善主義に歪曲されて来た明治憲法は、その穢れと膿汁悪弊を振り棄てて真の国民憲法へと生まれ変わり、主権は我々国民の手にかえり、民主国家の黎明は訪れたのだ。国政史上、画期的曠古の転換に際会し、きょうこの喜びの感激に浸りうる国民の栄光こそ、過ぐる日の戦禍の悪夢を払掃し、祖国復興の大業に邁進する絶大な精力剤となろう。
いま東京市ヶ谷の法廷では、戦争犯罪人が裁かれている。かつての戦場からは、彼らの犠牲者である白木の箱が続々と故山へ悲しき帰還を急ぎつつある。着のみ着のままの引揚者、住むに家なき戦災者、皆ひとしく戦争の犠牲者である。戦争は決して儲かるものではないことを教えられ、そして戦争がいかに悲惨なものであるかを体験させられた我々日本人に、新憲法は戦争の永久放棄を規定している。平和国家の道行きを示し、文化日本の再建を道標し、人権尊重、自由、平等を認め、生存の意味を高く唱導する新憲法こそ国家のみならず、国民の新生をもたらした狂喜絶叫するに値する一大快事である。
俺達がもたらしたと議会人が自惚れることも、新憲法の精神は認めない。全国民により新しい国家をつくろうとする国民の意思によって齎された憲法だから、勿論、実践の責任も一人一人にあり、祝福する愉快さも一人一人にある。きょうこの盛典の一日は、祝典の意味ならどんな馬鹿騒ぎも官僚どもにたしなめられる気づかいもなく、新日本の門出にふさわしい慶祝行事が国民の歓喜を爆発させて、各地で盛大に展開されよう。民主日本夜明けの鐘は、けさ八千万国民の頭上に大音響をあげて打ち鳴らされた。世界に呼びかける平和日本の門出の鐘でもある。

[祝賀行事]
*四日の記事に紹介されていない熊本市内の行事のみ。
▲熊本地方専売局=午前九時から第一高女で職員、家族合同祝賀運動会を開く
▲大蔵省政務講習所熊本支所=午前十時から九州中学校庭で運動会開催
▲国立熊本病院=午前十時から同病院内で運動競技会、午後一時から職員、患者合同大演説会開催
▲熊本医大=午前九時から同校庭で運動会
▲済々□=午後八時半から同校庭で運動会
▲尚絅高女=午前九時から同校庭で運動会
▲記念講演会「新憲法と国民生活」九大教授菊池勇夫=八日午後二時(建極会)。

[憲法精神普及講演会]
憲法公布祝賀に引続き、県では新憲法の精神を広く全県民に普及徹底させるため、九大から河村、林田両教授を招き、次の日程で講演会を開く。
▲四日第二高女(熊本市、飽託郡)
▲五日玉名公会堂(荒尾市、玉名郡)
▲六日山鹿国民学校(鹿本郡)
▲七日隈府高女(菊池郡)
▲八日宮地国民学校(阿蘇郡)
▲九日御船国民学校(上益城郡)=以上河村教授
▲十一日松橋高女(宇土、下益城郡)
▲十二日八代高女(八代市、郡)
▲十三日佐敷国民学校(芦北郡)
▲十四日人吉東国民学校(人吉市、球磨郡)
▲十六日本渡北国民学校(天草郡)=以上林田教授(何れも午前九時から)

(四日付二面より)
「民主一色に県民の祭り」好天に恵まれた県下の新憲法公布記念の式典や意義あらしめようと企画された各種の催しは、その所を得て随所に盛大に行われたが、この盛んな行事に籠められた「民主」の色彩は、今後さらに輝きを増し、真の民主日本の建設へ―の印象を深く祝福する人々の心に植えつけたのであった。(写真上は県連合の新憲法公布記念式、下は盛況の野外音楽会=熊本市)

昭和21年11月4日付『熊本日日新聞』二面
c0295254_15525852.jpg


(画像の典拠は、国立国会図書館所蔵マイクロ資料:請求記号YBー59)

[県]
「向上への契機」新日本晴れの門出を祝福する県連合の新憲法公布記念式典は、三日午後二時から第二高女講堂で挙行、ピーターセン熊本軍政官の祝辞、松枝県会議長の憲法前文朗読についで櫻井知事は、めでたい憲法公布を契機として、県民各位は一層平和日本国民としての資質向上に努められたい旨の式辞を述べ、引続き福(?)田市長、松枝県会議長、佐藤市会議長、山口裁判所長、松井検事正などのそれぞれ式辞があり、貴衆両院議員代表林田代議士、脇村町村長会長、伊豆熊本日日新聞社長らがそれぞれ祝辞を述べ、続いてつぎのような決議を行い、天皇陛下の万歳を三唱、午後四時散会。(決議文省略)
[熊本市]
「明るい朝の表情 あふる新憲法景気」きのう三日の熊本の表情は、新しい歴史の夜明けを寿ぐ、市民の明るい顔が街一杯に溢れた。この佳き日を祝う本社の記念行事の数々は、水前寺競技場の「市民総合運動会」でまづその幕を切って落としたが爽やかな秋晴れの一日を老いも若きも楽しく祝った。また、午後四時からは新市街記念碑前に数千の観衆を集めたフレッシュマンバンドが「祝賀青空演奏会」を開き、一方「総合美術展」も数千の美術ファンを迎えて開幕以来の記録を作った。
また新市街から上通りにかけてのアベニューは、喜びに胸をふくらませた市民の軽やかな足どりで夜更けまで賑わった。なお、新しき国生みの喜び票壽を捉える「撮影競技会」もこの日一日県下各所に鋭いカメラの眼を向けて傑作を追った。
[天草郡]
新憲法公布のよろこびに湧く天草郡本渡町では、郡教育会、同体育会並びに本社共同主催の体育祭は、三日午前十時から天中グランドで挙行。選手の入場式あり、木原大会委員長、名誉会長小山地方事務所長の祝辞、会長伊豆本社長(代理)の挨拶に次いで審判長の競技上の注意あって、百メートル予選を皮切りに競技開始。郡内各町村の選手達は、郷土の興望に応えんと熱戦を展開。また、趣向を凝らした応援団は、鉦や太鼓の伴奏にそれぞれ力いっぱいの応援戦を行って大会気分をそそり、同郡初の盛大な催しだけに早朝から押しかけた数千の人の波がグランドを埋め尽くし、苓州一円は体育絵巻一色に塗りつぶされたかの観を呈した。
[八代市]
躍進日本の発足を裏づける新憲法公布記念日に贈る本社並びに八代市体育会主催の「八代市体育大会」
は秋晴れの三日、八代全市を運動一色に塗りつぶし盛大に挙行。憲法公布祝賀並びに教化市指定記念式は、午前十時から代陽校講堂で開催。町内会五カ年勤続者、篤行者、納税成績優良者、方面委員、供出成績優良者を表彰、坂田市長の憲法解説等あって十一時半終了。
一方、体育大会は陸上(八中)、学童相撲(代陽校)、弓道(武徳館)の三会場で、青少年の溌剌たる体育絵巻を展開。就中(なかんずく)、弓道では昨年度県女子中等学校弓道大会優勝者竹田和子(八代高女卒)の紅一点が古豪に混じって堂々の戦を演じたのは、本大会の白眉であった。なお、本社賞は各競技団体優勝者に贈呈されたが、第二日目の四日は排球(八中)、籠球(同)、野球(代陽校)でそれぞれ開催される。
[荒尾市]
荒尾市、同体育会、並びに本社共同主催の新憲法公布を祝う体育大会は、三日午後一時から同市第一国民学校グランドにて盛大に挙行された。誂え向きの体育日和に数千の観衆場内を埋むる裡に、定刻会長中嶋市長の挨拶、吉田荒尾署長の祝辞、北野大会委員長の競技上の注意あり直ちに競技に移り、国民学校女子六十米の予選を皮切りに二十数種に亘り展開。就中、青年団、学校職員、官署、職種別団体の紳士駅伝競走は有明、八幡、府本、平井部落間約六キロを一時間足らずで走破し、第二会場四ッ山炭坑グランドでは野球が開催され、参加チームは四ッ山、万田、の炭坑が何れもABの二組、管財局の五チームが接戦を演じて観衆の喝采を浴びた。
[人吉市]
人吉市及び本社共催の体育祭は、憲法公布の佳日を迎え三日午前十時より城内グランドで華々しく開催。山本市長の挨拶あって直ちに体育会のプログラムをあけたが、市民の平和を象徴するいろいろのプラカードは秋陽を浴びて城内を美しく染め、祝日を楽しむ数万の群衆を前に、国民学校児童の音楽遊戯、町内会の年齢別リレー、女子青年の美しい平和音頭或いは鯛釣り競争、各種対抗リレー等、大人も子供もおばあさんも、娘さんも今日許りは嬉しそうに踊り、走り、本社寄贈の優勝旗並びに盛り沢山の賞品をめぐって、熱戦を展開し、午後六時終了した。
[阿蘇郡]
阿蘇郡内における三日の新憲法公布記念祭典は阿蘇神社、内牧菅原神社の記念大祭をはじめ全郡民を挙げて各町村毎に記念祝賀行事を展開した。
▲宮地町では町民大会を開き、引続き宮地体育協会主催の町民大運動会を開催。
▲内牧町では、同役場主催で内牧体育大会を国民校で開き、老若男女挙げて参加し大盛況。
▲なお、本社内牧通信部では、新憲法全文及び解釈を印刷して、一般町民に配布する。」

*次回は、大分篇。


※平和憲法を守る闘いに寄与するため、2014年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―

(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)
c0295254_2152425.jpg


闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-09-03 13:58 | 日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では
2017年 09月 03日

憲法便り#2156:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.46: 長崎篇』

2017年9月3日(日)(憲法千話)

(一覧リストに戻る)

憲法便り#2156:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.46: 長崎篇』

以下の記事は、大まかすぎるので、『心踊る平和憲法誕生の時代』、および同書の改題・補訂第二版『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』の第四部には含めませんでしたが、ここで、各都市の中で、該当する部分を紹介しておきます。
【西日本新聞】公布記念(十一月三日付三面より)
「花電車や仮装行列 絢爛 西日本に展く慶祝プロ」
「歓喜沸く新しき出発」 
「平和日本のかどえ、民主憲法公布のきょう三日ー西日本各地はいま新しき”くにのあゆみ”に寄する慶祝と歓喜にはち切れそうだ。この日各県各地とも奉祝式典のあとをうけ、それぞれ秘策の慶祝プロにうつり、忍従と屈辱の歴史をかなぐりすてる。
花電車や花トラックが飛び出し、仮装行列が歓喜の街々(まちまち)をねり歩き、きょう西日本の秋空はうちあげられる慶祝の花火にこだまし続けて、久方振りにみる灯の波、旗の波の復活だ。いま各地から洩れきこえる興奮の慶祝プロを綴っておくる。
(以下、[福岡] [佐賀] [大分] [熊本] [長崎] [鹿児島]と各県の行事予定が簡単に紹介されていますが、ここでは、「長崎」の部分を掲載します。)
恰(あたか)も復興祭第二日と重なる長崎市は市民大会のあとをうけて名物の蛇踊りや、獅子踊りなどの郷土芸能大会で賑(にぎわ)い、また諫早市でも名物浮立や笹踊りを繰りひろげることになっている。」

以下は、岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』第四部より

【長崎新聞】公布記念(十一月四日付三頁より)マイクロフィルムの状態が悪いため判読出来る範囲でまとめた。
[県庁]
「新時代の黎明 憲法公布の歓び湧く 各地で厳かに祝賀式典」新憲法公布記念式は、三日午前十一時から長崎商工会議所で杉山知事はじめ全職員、県会議長はじめ各県会議員が参列、祝辞があって閉式した。引続いて県庁知事室で祝賀会を開催、万歳三唱、乾杯ののち閉宴、意義深く記念行事を終了した。
[長崎市]
久しぶりの”蛇踊” 昔懐かし“モッテコイ モッテコイ”の連続」「復興祭三日目」圧政と屈辱よおさらば!自由と平等の新国家建設をめざした歴史の朝あけが、復興に燃ゆる十八万市民待望のうちに訪れた。三日午前十時新憲法公布記念式典が、市主催で本大工町市民運動場に於いて、長崎軍政府司令デルノーア中佐、杉山長崎県知事、中部長崎商工会議所会頭はじめ各階層代表並び市民千余名が参集の下に挙行(以下、復興市民大会の式次第は省略。復興祭の余興については、概略次の通り。)
午後一時から余興として豊年踊り、獅子舞、長崎市芸能保存会メンバーの舞踊などが終れば、本籠町の蛇踊がミナト長崎再建に秋天にのびよと、絢爛たる異国情緒をただよわせて、踊れば、“モッテコイ モッテコイ”のアンコールが続き、暮色にかげる四時すぎ、ようやく余興の幕を閉じた。(「蛇踊り爆心地で乱舞」の説明文と写真)(注・長崎市では十一月一日から十日まで長崎市主催・復興協賛会後援の「長崎市復興祭」を挙行した)
[佐世保市]
佐世保市では□□の憲法公布祭典を寿ぎ、午前十一時から戦災の跡未だに整わぬ市会議場で記念式典を挙行、中田市長、中野市会副議長外、各市議、部課長、終戦連絡事務局県出張所員、市吏員多数参列、中田市庁より民主主義日本再建へ邁進せんの力強い式辞があり、宮城遥拝ののち閉式した。引続いて冷酒でささやかな祝杯、新生日本創造の決意を新たにして十一時半終了。
▲佐世保復員局では憲法発布記念日の三日、午前九時十五分から大和町の庁舎で記念式を挙行、一宮局長が訓話を行い、運行、経理、造修、補給の独立各部課でもそれぞれ厳かに式典を行った。
▲佐世保署では憲法公布記念式を三日午後十一時より、署訓示室で内田署長以下参列、厳粛に挙行した。
▲佐世保市各国民学校、青年学校では三日午前九時からそれぞれ明治祭並びに新憲法公布祝賀会を開催。各校長先生から各児童へお話があり、難しい言葉は判らないながら、平和国家の出発を童心に固く誓った。
▲早岐署では、新憲法公布記念行事として、三日午前九時から管内署員、及び家族の大運動会を開催、その他警防団を始め各種団体が参加、競技に入り、盛会を極めた。
[島原市]
島原市の新憲法公布記念式典は、三日午前九時から□島海岸県民修錬所において挙行、片岡市長、全市会議員、連合町内会長、商工会議所、農業会、漁業会、その他各界代表者多数参加の下に開式、市長式辞、来賓祝辞などあって式典を終了。その後祝賀宴に移り片岡市長の発声で万歳を三唱し、新日本の将来を寿ぎて記念行事は終った。この日、在市各官署は午前九時からそれぞれの在所に於いて祝賀記念式を開催した。なお、各学校は午前九時一斉に記念式を挙行し、新憲法発布の意義深きことを訓示に、講演に、或いは弁論会の開催によって、徹底を図った。その他行事として弁論会、相撲、青年弁論会、講演会、音楽会、展覧会等
[大村市]
憲法発布記念の清酒特配に、終戦以来初めて取り戻した明朗な祭日気分に、市中の各戸では、久し振りで見る日の丸、さては街頭に立つ制服にも新生日本の生気が溢れている。この日、大村市では準備期間がなかったため全市民の祝賀式や街頭行動は行われなかったが、官署、各団体、町内会等はそれぞれ演芸会、運動会などにこの意義ある一日を費やした。大村警察署は、午前九時から署員の演芸会を公開、志方署長以下各主任達も今日は階級を抜きにして得意の隠し芸を披露し、笑いの一日を過ごした。主なる催し左の通り。
▲市役所祝賀会、十時より会議室で
▲大村警察署演奏会、午前九時から武徳殿で
▲大村郵便局式典、午前九時から局長室で、なお土俵出来上がり次第、近く憲法公布記念相撲大会 △竹松青年団主催町内会慰安演芸会、竹松劇場で
▲西大村青年団結団式、午前十時、西大村国民学校で、なお午後六時から慰安演芸会
▲大村市松並青年団祝賀演芸会、同本部にて
▲大村高女運動会、午前八時半より、同校庭で
▲大村大工労働組合記念総会、午前十時本経寺
▲諏訪住宅第二区町内会記念総会、午前九時より同所にて。」

*********************************************
以下は、【再録】の記事です。

2013年5月28日付
憲法便り#23 憲法公布記念シリーズ(第12回)「当時の長崎県では」

「蛇踊りも」

今日は、『長崎新聞』昭和21年11月3日付と4日付の紙面からふたつ紹介します。

ひとつは、11月3日付二面の下半分に掲載された祝賀広告です。

「新憲法公布 明るく躍る佐世保商工界 平和な楽しい郷土建設
この祝賀広告にある言葉が、すべてを表わしていると思います。

c0295254_2019359.jpg



ふたつ目は、11月4日付三面の上半分の記事。

新時代の黎明 憲法公布の歓び湧く 各地で厳かに祝賀式典」
この見出しの下に、長崎、佐世保、島原、大村など各地の行事を伝えています。

その記事の隣には、「復興祭三日」の記事があります。見出しは、
「久しぶりの“蛇踊”」「昔懐かし“モッテコイ モッテコイ”の連続」とあります。
c0295254_20195089.jpg


原爆で壊滅的な打撃を受けた長崎の人々の、復興に立ち向かう姿です。」

(画像の典拠は、2点とも、国立国会図書館所蔵マイクロ資料:請求記号YB-1928)

以上は、【再録】の記事です。
*********************************************

*次回は、熊本篇。

※平和憲法を守る闘いに寄与するため、2014年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―

(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)
c0295254_2152425.jpg


闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-09-03 13:52 | 日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では
2017年 09月 03日

憲法便り#2155:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.45: 佐賀篇』

2017年9月3日(日)(憲法千話)

(一覧リストに戻る)

憲法便り#2155:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.45: 佐賀篇』

以下の記事は、大まかすぎるので、『心踊る平和憲法誕生の時代』、および同書の改題・補訂第二版『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』の第四部には含めませんでしたが、ここで、各都市の中で、該当する部分を紹介しておきます。
【西日本新聞】公布記念(十一月三日付三面より)
「花電車や仮装行列 絢爛 西日本に展く慶祝プロ」
「歓喜沸く新しき出発」 
「平和日本のかどで、民主憲法公布のきょう三日ー西日本各地はいま新しき”くにのあゆみ”に寄する慶祝と歓喜にはち切れそうだ。この日各県各地とも奉祝式典のあとをうけ、それぞれ秘策の慶祝プロにうつり、忍従と屈辱の歴史をかなぐりすてる。
花電車や花トラックが飛び出し、仮装行列が歓喜の街々(まちまち)をねり歩き、きょう西日本の秋空はうちあげられる慶祝の花火にこだまし続けて、久方振りにみる灯の波、旗の波の復活だ。いま各地から洩れきこえる興奮の慶祝プロを綴っておくる。
(以下、[福岡] [佐賀] [大分] [熊本] [長崎] [鹿児島]と各県の行事予定が簡単に紹介されていますが、ここでは、「佐賀」の部分を掲載します。)
【佐賀県】
「この佳き日に自治功労者百三十名を表彰するほか各地とも運動会、秋祭りを織込んで多彩な行事をおくる。また県ではまる一ヶ月米なし生活を送った消費者層にこの喜びをわかつため、県下の生産農家に新米の早期供出を懇請、二日中に一日一人二合宛の慶祝新米配給を開始する。」


以下は、岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』第四部より

【佐賀新聞】公布記念(十一月四日付二面より)
「街も村も慶祝と歓喜に溢る」新憲法公布のきのう三日、日本民主化に画期的な巨歩を踏み出すこの佳き日を讃頌す。慶祝記念行事は県下一圓を歓喜の色に塗りつぶして絢爛、華麗の絵巻を繰り展げた。佐賀駅前、県庁前に建てられたみどりの大奉祝アーチは、菊花とともにその喜びを表徴するかのようにクッキリと秋空に映え、全県津々浦々に至るまでそれぞれ趣巧を凝らし式典に、スポーツに、講演会に九十万県民はあげて明るい希望と歓喜に湧いた。
[佳日に晴れの表彰 地方自治功労者その他]地方自治功労者永年勤続勤労者、県政功労者表彰式は三日午前九時から県議事堂で行われたが、永年に亘り県政に関する報道に貢献した本社記者金子政吉氏、西日本新聞大石今朝六氏も県政功労者として表彰を受けた。受賞者は次の通り(氏名は省略)〔地方自治功労者〕佐賀郡十二名、神埼郡四名、三養基郡七名、小城郡十三名、東松浦郡十六名、西松浦郡十三名、杵島郡十一名、藤津郡十一名、佐賀市二名、唐津市二名 〔永年勤続者〕三十名 〔県政功労者〕七名 〔勤労献功彰伝達〕一名。

[県庁]
「躍り出た仮装行列 記念祝典や庁員運動会」菊花香るこの日の喜びを胸にふるわせながら、まず午前八時から庁員全部の記念祝典が議事堂で行われたのを皮切りに、九時半から同じく議事堂で県政功労者、自治功労者、永年勤続者百三十余名の表彰式を挙行、武下知事代理の挨拶、中尾本社会長の祝辞等行われ、午前十時半閉式、一方庁員運動会は早くも午前八時から秋陽をグランドいっぱいに浴びた成美高女で開催され、日頃の繁忙な事務を頭から忘れ去って男女職員総出場、百足競争、スプーンレース、抽籤競争等……なかでも呼び物は各課秘策の仮装行列に珍装、珍芸で多数の見物人を爆笑の渦に巻き込んだ。なお、この日を祝って心づくしの白米二合と祝賀酒が配給され、県下は挙げて祝賀一色に塗りつぶされた。
[佐賀市]
「茶樹を植えて 記念式典や講演会」菊かおる佳き日を迎えて、佐賀市の県庁、市役所、警察署、学校はじめ各官公署はそれぞれ午前九時から記念式典を挙行したが、市主催の記念式典は三日午前九時から公会堂で市職員、市会議員、町内会長、警防団長、学校長など市政関係者をはじめ、一般市民多数参列して詔書奉読、万歳三唱したのち、引続き佐高教官糸川勇次郎氏の記念講演会を聞いた。市当局ではこの佳き日を永久に記念するために、玄関前に金木犀、庁舎西に茶樹の植樹を行ったほか、この日本社主催市内青年団体育祭(循誘)、全九州高校陸上競技(九時から、佐高)、県庁職員運動会(成美)など各種スポーツが花と咲いた。
[復興体育祭]
「熱と意気の敢闘譜 賑わった復興体育祭」本社並びに佐賀市連合青年団共催の復興体育祭は、秋晴れの天気に恵まれ、三日午前八時から佐賀市循誘国民学校グランドに市内男女一万余の団員が参集して華々しく開幕。佳き日を寿ぐ若人たちは青空のもと清澄な秋の大気を胸一杯に吸ってそれぞれの力の限りを尽して、熱と意気の敢闘譜を繰りひろげた。(開会式と競技成績は略)
[藤津郡]
鹿島町では午前十一時から役場で記念式を挙行、続いて記念植樹を行った。各家庭でも記念に柿、蜜柑、茶などを植えた。また、鹿島中学では創立五十周年を兼ね記念体育会を午前八時半から行った。記念講演は四日午前十時から行う。
[小城町]
町役場では午前九時から全吏員参集して記念式を挙行、城島主事の解説等あり、その後桜岡国民学校で町民体育大会を開き、町内各種会社、団体継走リレー、青年団の仮装行列など多彩なプログラムで賑わった。一方、青年学校では佐賀師範首藤教官を迎えて新憲法講演会、そのほか小城町役場では記念事業として天山山麓に本年度四町歩、来年度二十町歩の植林を行う。農家では今日あたり稲刈りの最盛期であるため、特別行事はなかったが、午前九時を期して田園から祝福して、供米完遂の力強い表現が見られた。
[東松浦]
「山笠も繰出す」
▲東松浦郡有浦村では三日午後二時から同役場階上会議室で記念式を行い、引続き村民一同の祝賀会を催した。
▲呼子町では午前十時から同町国民学校で記念式典を挙行、つづいて正午から各町内区に飾られた山笠を繰り出し、全町を挙げてこの佳き日を奉祝併せて、豊作豊漁を祝福した。
▲相知町は町民記念祝典を午前九時から町内公会堂に挙行、一般農家は供米の完遂こそ何よりの祝だと、刈り取りに励みながら、同時刻を期して心からなる祝をした。
▲長(?)島岩屋炭鉱は、三日の新憲法公布記念日は第三十四回創立記念日にあたるので、当日午前九時から山神社の秋祭に引続き、岩屋国民学校で記念祝典勤続者表彰式を行い、午後は鉱内対抗相撲大会などの記念行事を催した。
[唐津]
「体育絵巻繰り展ぐ」唐津市はこの佳き日を記念するため、奉祝絵巻を繰り展げた。
▲松浦体育協会では、陸の祭典として本社唐津支社後援のもとに、第一回陸上競技選手権大会を唐津青年学校で午前九時から体育絵巻を展開したが、出場選手は初中学校、一般など約二百名で盛会を極めた。
▲一方市役所では、午前八時半から唐津国民学校郊外運動場に市吏員参集し式典を挙げ、引続き十時から吏員の体育大会を開いた。なお、初中等学校は明治節祭と新憲法発布を兼ねて、午前八時から各校一斉に全生徒に対し憲法発布についての講演を行い、終って松浦体協主催の第一回陸上競技選手権大会にのぞんだ。
▲さらに唐津文化□は、午後一時から武徳殿で青年男女の弁論大会を開き、このほか官公署、会社、一般市民は民主日本再建の首途を祝って、明朗な喜色を市内一圓に漂わせた。
[西松浦]
「体育大会や演芸会で賑わう」△西松浦地方事務所では、午前十時から官民多数参列の下に記念式を挙行するとともに、伊万里第一国民学校で午前十時から佐賀師範中野効四郎氏を招き講演会を開いた。
▲伊万里中学では、午前八時から記念体育大会を開き、陸上競技のほか、伊万里川でボートレースを催し、伊万里高女でも運動会を開いた。
▲また、民間では小岩炭鉱、同出(?)炭鉱、国見炭鉱等で復興祭をかねて、演芸大会を催すなど、各方面でそれぞれ民主日本の新しい首途を祝福する行事を行った。
[杵島]
▲武雄町の憲法発布祝賀式典は自治功労者の表彰式を兼ね、三日午前九時半から武雄国民学校講堂で挙行、式後佐高和仁教官から憲法問題について講演があった。なお、自治功労者として表彰者されたのは二十二名(氏名は省略)。
▲北方町西杵炭鉱では、復興祭を兼ね、三日午前九時から祝賀行事を挙行、午前九時から運動場で相撲、午後一時から仮設会館で演芸を催したほか、武雄まで往復の駅伝競走、鉱員倶楽部における書、画、生花の展覧会などがあった。また武雄中学校でも、午前九時から体育大会を挙行した。
[神埼]
「学校で講演会」
▲神崎町では、午前十時から国民学校講堂で式典を挙行ののち、県教学課納富視学官の“新憲法について”の講演会を開いた。
▲神埼農学校では午前九時から挙式、田淵校長の話についで、青木教官の新憲法についての講演があった。なお、校庭に記念植樹を行った。
▲神埼高女では、午前九時挙式、森川校長の話があって吉村教官の憲法と時代精神と題する講演があり、生徒の演説に移り、乙女の意気と喜びを発表した。
▲神埼郡下の各国民学校では午前九時からそれぞれ挙式、学校長やその他の先生の話があり、記念植樹を行った。」

*次回は、長崎篇。

*********************************************
以下は、【再録】です。

2013年5月27日付
憲法便り#22 憲法公布記念シリーズ(第11回)「当時の佐賀県では」

今日は、『佐賀新聞』昭和21年11月3日から三つ、11月4日からひとつの紙面を紹介します。

『佐賀新聞』を調べる以前は、佐賀県との関連で思い出すのは、
早稲田大学創設者大隈重信さんの出身県、
唐津港、
伊万里焼、
吉野ヶ里遺跡、
熱気球大会、
と限られたものでした。

しかしながら、昭和21年11月3日の憲法公布記念日前後を調べているうちに、印象は一変しました。

公布当日、県内各地での記念行事は、とても活発でした。
憲法公布祝賀広告にも、各界からの平和日本再建、民主日本再建、復興への意欲が明確に打ち出されています。

それらを、以下の四つの紙面で紹介します。

ひとつ目は、昭和21年11月3日一面下の祝賀広告です。
「祝 新憲法発布 平和日本再建」の見出しの下に、各官署、学校等の名称が列記されています。

佐賀県庁、
佐賀市役所 職員一同、
佐賀地方裁判所長、
佐賀地方裁判所検事正、
佐賀高等学校長、
内務省佐賀国道改良事務所長・兼 鳥栖国道改良事務所長、
農林省 佐賀食糧事務所長、
佐賀警察署長、
佐賀郵便局長、
佐賀専売局長、
佐賀少年刑務所長、
佐賀県町村会長一同、
佐賀郡市中等学校 校長会、
佐賀市会議員一同。
個人名は省略しましたが、実にさまざまな人たちが意思表示をしています。

c0295254_2075590.jpg



ふたつ目は、昭和21年11月3日二面に掲載された、浦崎造船所単独での祝賀広告です。
「祝 憲法発布」「生産再開へ 一路驀進」という言葉の他に、船を建造中のイラストがあります。

「造船従業員 大募集」「採用人員 二〇〇名」とありますが、職種が興味深い。
木型工、鋳型工、熔解工、混砂工、旋盤工、
組立工、管工、製罐工、罫書工、撓鉄工、
電気瓦斯溶接工、組合工、取付工、船台木工、
鋲打工、鍛工、仕上工、銅工、塗装工、
船具工、木工、穿孔工。
船の建造が、多くの技術の共同作業であったことが判ります。

c0295254_209717.jpg



三つ目は、昭和21年11月3日四面の、光り輝く国会議事堂と鳳凰のイラストを配した、「新憲法制定 民主日本再建」の祝賀広告です。
唐津市と東松浦郡の企業、および唐津市会議員30人の名前が連なっています。
それらの中に、時代を感じさせる「貝島炭礦株式会社 岩屋炭礦」の名前があります。
「唐津酒造界 東ノ木屋、古屋、酒井屋」とあるのも、日本酒ファンの私には気になるところです。

上の段には、「歌劇座、蓬莱座、大正座」が連名で出した「新憲法発布記念大興行」の広告。
祝賀広告とはなっていないが、その右隣に、「大日本相撲協会 東京大相撲 羽黒山、照国一行 百五十名一挙来演」とあり、さらに隣には、昭和館跡「平和劇場」の広告。この時代、各地の道路や橋、公園などにも「平和」という名称が付けられていました。

c0295254_2010315.jpg



四つ目は、昭和21年11月4日一面下の、佐賀県農業会による祝賀広告。
左に国会議事堂、右に鳩を配し、会長および4名の理事、常任監事、部長および室長11名の
名前が列記されています。

c0295254_20114288.jpg



(画像の典拠は、4点とも国立国会図書館所蔵マイクロ資料:請求記号YB-68)
佐賀県のみなさーん、私は、鳥取県と徳島県同様、佐賀県からもご注文をいただいたことがありません。よろしくお願いします。

明日は、長崎県です。

以上は、【再録】部分です。
*********************************************

※平和憲法を守る闘いに寄与するため、2014年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―

(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)
c0295254_2152425.jpg


闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-09-03 13:47 | 日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では
2017年 09月 03日

憲法便り#2154:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.44: 福岡篇』

2017年9月3日(日)(憲法千話)

(一覧リストに戻る)

憲法便り#2154:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.44: 福岡篇』

昭和21年11月3日付『西日本新聞』一面上
絵は、藤田嗣治画『 黎 明 』。
c0295254_1014289.jpg


昭和21年11月3日付『西日本新聞』一面下
最下段に、出版社合同の祝賀広告。
c0295254_10145472.jpg



以下の記事は、大まかすぎるので、『心踊る平和憲法誕生の時代』、および同書の改題・補訂第二版『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』の第四部には含めませんでしたが、ここで、各都市の中で、該当する部分を紹介しておきます。
【西日本新聞】公布記念(十一月三日付三面より)
「花電車や仮装行列 絢爛 西日本に展く慶祝プロ」
「歓喜沸く新しき出発」 
「平和日本のかどで、民主憲法公布のきょう三日ー西日本各地はいま新しき”くにのあゆみ”に寄する慶祝と歓喜にはち切れそうだ。この日各県各地とも奉祝式典のあとをうけ、それぞれ秘策の慶祝プロにうつり、忍従と屈辱の歴史をかなぐりすてる。
花電車や花トラックが飛び出し、仮装行列が歓喜の街々(まちまち)をねり歩き、きょう西日本の秋空はうちあげられる慶祝の花火にこだまし続けて、久方振りにみる灯の波、旗の波の復活だ。いま各地から洩れきこえる興奮の慶祝プロを綴っておくる。
(以下、[福岡] [佐賀] [大分] [熊本] [長崎] [鹿児島]と各県の行事予定が簡単に紹介されていますが、ここでは、「福岡」の部分を掲載します。)
[福岡県] 
まず、西鉄北九州線を走る一台二萬円の豪華花電車、
小倉市の花火大会、
八幡の帆柱山県立公園山開き、引き続く工場復興祭、
福岡市では市内五ヶ所で奉祝生菓子の自由販売、
久留米では各官公署合同の運動会を医(?)大グランドで催すなど、
祖国のあたらしき出発を記念する。(福岡)

昭和21年11月3日付『西日本新聞』三面上
c0295254_10222619.jpg



以下、岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』第四部より


【西日本新聞】公布記念(十一月四日付二面より)
「菊日和、慶びの人波 おおらかに謳う歴史の日」平和日本の門出を祝う新憲法公布記念日の諸行事は、さんさんとふる秋陽を浴びて明るく賑わしく各地でくり展げられた。桎梏の世界から解放された歓喜に酔う人々の群は一斉に行われた新憲法祝賀式典についで思い思いの姿で催された仮装行列や運動会、展覧会、音楽会、あるいは芸能競演大会のなかになだれ込んでゆき、花電車、花トラックに見とれる人も仮装行列に眼をみはる人も、慶びの歌に聞き入る人も、すべて菊の香り豊かな秋風の中に今日の佳き日をことほぎ、さらに『新しき憲法』をわれわれの手で育ててゆく決意にもえていた。

[県庁]
県の憲法公布記念式典は、三日午前十一時から県庁で開き、西岡知事の挨拶、来賓の祝辞などあり、最後に添田県会議長の発声で万歳三唱、新憲法の門出を祝った。
[福岡市]
三好福岡市長は午前十時から市庁で全吏員に新憲法公布の意義と特色について訓示、新生の在り方として文化国家建設を力説、つづいて祝賀宴に移った。一方、市内の国民学校では式を挙げ、あるいは運動会を催すなど、この日を祝ったが、戦災の御供所校では、新校舎三教室の落成式を挙げた。なおこの日、福岡税務署でも記念式終了後演芸会を催し、署員の素人演芸会で賑わったが、巡業中の二村定一劇団の飛び入りもあって盛況であった。
[憲法公布記念講演会]
新憲法公布を記念する本社主催の記念講演会は、民間における憲法研究の権威鈴木安蔵氏を迎えて、三日午後二時から本社大講堂で開催。松井本社講演部長の開会の挨拶についで、鈴木氏は『新憲法と日本』と題して約二時間にわたり民主日本の確たる新憲法に平易な説明を加え、聴衆に多大な感銘を与えた。
[久留米市]
この日各戸に国旗を掲げ、各官公署では午前十時からそれぞれ厳粛な記念式並びに祝賀会を挙行、午後一時からは中学明美校で官民合同の記念運動会を開催、またデパートでは記念大売出しを行うなど、意義ある日を祝った。
[大牟田市]
記念式典を午前十一時から市役所で挙行、引きつづき祝賀宴を張った。一方、市内では色とりどりの記念行事を行い、祝賀一色に埋めた。」

昭和21年11月4日付『西日本新聞』二面上
c0295254_10234017.jpg


(画像の典拠は、4点とも、国立国会図書館所蔵マイクロ資料:請求記号Z81-68)

*次回は、佐賀篇。

※平和憲法を守る闘いに寄与するため、2014年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―

(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)
c0295254_2152425.jpg


闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-09-03 12:04 | 日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では
2017年 09月 03日

憲法便り#2153:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.43: 高知篇』

2017年9月3日(日)(憲法千話)

(一覧リストに戻る)

憲法便り#2153:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.43: 高知篇』

岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』第四部より

【高知新聞】公布記念(十一月四日付四面より)
「民主日本の歩み 歓呼に沸る巷の表情」新憲法公布の日、三日は秋色酣(たけなわ)なる県下各地で記念式が挙行され、講演会、運動会をはじめ、演芸会、バザーなど多彩な記念行事が盛大に繰りひろげられた。三味線、太鼓で市中を練り歩く山車や仮装行列などは、戦争中見ることが出来なかっただけに、復興する平和の街に絢爛たる異彩を放ち、夥しい観衆を集めた。以下は県下各方面で行われた記念行事。

[県庁]
県庁では午前九時から西村新知事以下全庁員参列のうえ、明治節奉祝式並びに新憲法公布記念式を挙行し、西村知事の奉祝の辞があって、同九時二十分閉式。
[高知]
「刑務所で演芸大会」高知刑務所で恩赦令の恩典に浴したのは、同所収容中の既決囚七百四十名のうち約六割の四百八十余名。同所では、午前十時恩赦の詔書奉読に引続き、受刑者中の素人演芸会を開催した。出演希望者は五十余名に上り、一人五分以内の制限付きで出演した。
[中村町]
戸毎に日の丸を掲げ、午前九時から同町国民学校校庭で町民運動会を開催、また中村中学講堂で記念大講演会を、午後四時頃からは青年団の奉仕による山車が繰り出し、歓声と囃子の音は秋空に轟き非常な賑わいで、夜間は仮装行列、芸能大会、提燈行列と盛り沢山な行事が深更まで続き、全町が祝賀の喜びに浸った。
[宿毛]
宿毛町では、午前九時宿毛国民学校で町民記念式を挙行、同十時から国民学校児童、十一時から宿毛公園で町民大運動会が行われ、夜間は天満座で芸能会、また中村高女宿毛分校では慶祝バザーを開くなど、昼夜にわたってこの日の喜びを讃えた。
[須崎町]
須崎小学校校庭で記念須崎町民運動会を開催、応援団がのりこみ非常に盛況で、夜間は講演会があり、また町青年団や学童よりなる芸能大会が繰りひろげられ、町をあげて賑わった。
[美良布村]
男女青年団の体育大会を挙行した。
[槇山村]
村民大会を開催、公布精神の徹底に意義ある一日をすごした。
[西豊栄村]
仮装行列で村民をわかせる一方、村民体育大会には青年団対抗リレーあり、祝賀式、記念講演会をひらいた。
[夜須町]
各町内会の常会を開いて、新憲法精神普及の真意を期し、講演を行った。
[安芸町]
全戸国旗を掲げて慶祝の真意を示し、午後一時からマラソン競争、仮装行列をはじめ、山車と伊尾木、川北方面からの仮装隊も加わってにぎにぎしく町内を練り歩き、意義ある記念日を祝い、夜は六時から第一国民学校で記念講演会が行われた。
[学園の多彩な行事]
市内各学校では記念式を挙行、憲法解説などののちそれぞれの意義ある行事を行った。城東中学、海南中学では運動会を開き、土佐中学で展覧会、校内野球大会、工業は職員生徒対抗野球戦を行ったが、高知高女では万余点出品のバザーと妙技に父兄を感嘆させた演劇など、南海高女では分校も参加して運動会とバザーがあり、中村高女は生徒の第二回意見発表会に引続き座談会及び対話劇を上演した。土佐高女では自由研究表彰式を挙行したほか、第四国民学校の音楽会などが行われた。

[高知新聞社主催行事]「改正憲法公布記念マラソン競争」
〔日時〕十一月十日午前十一時(雨天でも決行)
〔コース〕高知市(正庁前―電車通りに沿い知寄町を経て葛島)―大津―後免―赤岡(警察署から二百米二二東)往復二十六マイル四分の一(オリンピック正式距離)
〔資格〕一般、学生、青年男子、年齢不問(ただしオリンピック規定により、脚力及び体力をもって職業とせる者は除く、例えば職業力士、車夫など
〔申込締切〕十一月七日。

昭和21年11月4日付『高知新聞』四面上
c0295254_2123528.jpg

(画像の典拠は、国立国会図書館所蔵マイクロ資料:請求記号YB-38)

********************************************

下記の囲碁大会について、見落としており、拙著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』に含めていなかったので、ここで、加筆致します。

【公布記念 県下囲碁大会】
本社主催県下囲碁大会は三日午前九時から市大川筋囲碁研究所で開かれたが、県下の碁士多数が集まり、刈谷数雄四段が審判長となり、烏鷺を戦わし盛会を極めた。(写真はその現場)

昭和21年11月4日付『高知新聞』四面下
c0295254_21184792.jpg

(画像の典拠は、国立国会図書館所蔵マイクロ資料:請求記号YB-38)
********************************************

【施行記念】(五月十日付二面より)
昭和二十二年五月十一日、高知市で新憲法施行記念行事として、「辻 久子 ヴァイオリン独奏」が開催された。伴奏は東照子。
主催 高知音楽連盟第一回講演会
日時 五月十一日午後七時 
場所 リベラル劇場 会員入場無料 臨時会員券三十円
曲目は、バッハ作曲シャコンヌ(無伴奏)、ビュータン(ヴュータン)バイオリン作曲協奏曲第四番、サラサーテ小品曲集、パガニーニ作曲カプリス第二十四番」

*次回は、福岡篇。

※平和憲法を守る闘いに寄与するため、2014年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―

(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)
c0295254_2152425.jpg

闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-09-03 11:58 | 日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では
2017年 09月 03日

憲法便り#2152:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.42: 愛媛篇』

2017年9月3日(日)(憲法千話)

(一覧リストに戻る)

憲法便り#2152:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.42: 愛媛篇』

岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』第四部より

【愛媛新聞】公布記念(十一月四日付二面より)
「今ぞ“魂”還る 街に村に歴史飾る慶び」戦い敗れてここに一年有余、誤れる神がかり的な世界観に指導されて来た国民は、真の自由と責任ある権利を確保、表現した。
憲法公布の日を、きょう菊の佳節に世界の視線を浴びて迎えた。
天皇は雲上から降りて国民の象徴となり、また世界に戦争の放棄を宣言し、さらに封建的な奴隷的家族制度を打破した男女同権……等の微笑ましい幾多の民主的要素を盛った憲法は、数々の希望を沸き立たせて輝かしい民主歴史の第一頁を飾ったのである。
顧みれば、明治二十二年の憲法発布以来半世紀に亘る矛盾に満ちた憲法は、民主的一大飛躍を成し遂げて国民の懐に還って来たのである。
――この日、朝来の晴天、菊花は燎乱と咲き薫り、新憲法発布に弾む足どりは、内省的な静かな式典から始められて徐々に高まり、運動会に、旗行列に、また特配酒に心浮かせた仮装行列となって夜遅くまで続き、喜ぶ団欒の光景は県下の街頭に、村落にも様々に点綴された。
腹はへっても“魂の還元”に謳い酔いしれる終日であった。

[松山]
「音楽会や講演」
学校、各職場別に記念式典を挙げ、市庁ホールでは記念講演会や音楽大会等を開催。また、愛媛師範学校では県庁前グランドで開校四周年記念を兼ねた運動会を挙行、約一千五百の男女生徒と付属児童が体育絵巻を展開。その他女学校でもそれぞれ記念の催しがあり、農村地区でも青年の演芸大会などが開かれた。

△愛媛新聞社主催「愛媛美術工芸展」(十一月三日~七日)
 第一会場(洋画・日本画)本社階上ホール、第二会場(同)本社別館、第三会場(美術工芸品)三越階上
[宇和島]記念式を三日午前九時から市議事堂で開催した。記念行事としては、旧グランドで職域野球、市民及び青年団のゴザネプリ、六千メートルのマラソン競争等あり、商工会館では中井コツフ氏の日本書個人展があり、各町内会で常会を行った。△宇和島市主催・愛媛新聞社後援の新憲法公布記念行事の「五社巡りマラソン」は、三日九時二十分市役所前を出発、参加十数チームが新生日本のスタートに相応しい秋空の下に敢闘、二十三分十二秒で坂下津青年団がトップを切ってゴールイン。続いて半秒の差で小池青年団、三番哈青年団で、十時から賞品授与式が行われた。
[今治]
市では三日新憲法公布に際し市役所で記念式典を挙行、新憲法全文を朗読した。引続き市民より募集の憲法公布用語入選発表等があった。
△なお同日一般市民へは祝賀用として、食糧営団今治支所を通じて家族三人まで一キロ、三人から五人まで二キロ、六人以上は三キロの割で新米を配給した。
△市は記念行事として、十日午後一時越智中学校講堂で憲法公布記念模擬市会を開催、青年団から三十名の議員を選出、市庶務課長の指導で模擬市会を行い、市政並びに憲法及び地方自治行政の実□を研究する。
[西条]
「花自動車や仮装行列」十時から西条高女講堂で記念式を挙行、この日同市では二台の花自動車がブラスバンドを乗せて町内を練り、また市内二ヶ所の演芸場では素人演芸が終日催されたほか、各町内会の仮装行列や山車が繰り出されて、民主日本の門出を寿いだ。
[新居浜]
三日の午後六時から市公会堂で祝賀講演会を開催、同日午後八時から討論会を行い、昼間は素人演芸大会を催し、また町内会では仮装行列を賑やかに繰り出した。
[八幡浜]
記念式を三日午前九時から市庁ホールで開き、市長の訓話を行った。
[伊予]
伊予地方事務所では憲法発布を記念して三日から年末まで伊予郡同胞援護強化運動を展開する。
[宇摩郡]
宇摩郡町村主催で学校、諸団体合同の式典と、三島、川之江、金生、上分の町村中には仮装行列、太鼓台が担ぎ出された。
▲三島勤労署は午前八時から三島中学校運動場で百三十工場従業員(五千六百七名)秋季運動会を開き、また三島青年団では敬老会を開いた。

〔編集中記⑨〕
父が八幡浜の出身なので、私は東京生まれだが結婚するまでの本籍地は八幡浜であった。たとえ一行でも記事が載っていたのは嬉しいことである。本書の読者の皆さんも、まず故郷の記事を探すことと思い、細大もらさず載せているうちに本書第四部は八十頁を超えた。」

*次回は、高知篇。

*********************************************
以下h、【再録】部分です。

【 再録 】
「宇和島警察署長も、宇和島税務署長も」

今日は、『愛媛新聞』昭和21年11月3日付から、ふたつの紙面を紹介します。

ひとつ目は、11月3日付一面下半分に掲載された二段の祝賀広告です。

「民主日本の礎 新憲法公布を祝す」
これは、上の段にある企業10社の祝賀広告です。
伊予鉄道株式会社、日本通運、三越などの名前が並んでいます。

下の段は、他の新聞にもよく出ていた、出版社21社(22件)のセット広告です。
当時の出版の様子が分かって、興味ふかいものです。
c0295254_9182865.jpg



ふたつ目は、11月3日付二面下半分に掲載された祝賀広告です。
上段は、西条市長、今治商工会議所をはじめ、今治の企業、新居浜市長が名を連ねています。
下段は、宇和島市役所・市長・助役、宇和島営林署長、宇和島勤労署長、宇和島郵便局長、宇和島税務署長、宇和島警察署長のほかに、宇和島の企業・団体が名を連ねています。
c0295254_9205827.jpg


(画像の典拠は、国立国会図書館所蔵マイクロ資料:請求記号YB-37)

2006年2月11日に「愛媛九条の会」の招きにより、松山で講演を行ったことがあります。
翌12日午後に、「広島革新懇」からも講演依頼を受けていましたので、せっかく松山まで行きながら、松山城にも、道後温泉にも行けなかったことを残念に思っています。

松山での講演の際、飛行機が嫌いな私が、前日の10日に新幹線と特急を乗り継いで松山まで行った時のことを、詩の形で書きのこしています。
今日は、趣きを少し変えて、これを紹介します。

『早春の四国で』(憲法講演の旅より)

新幹線を降りた岡山で
私は「しおかぜ」に乗る
海にかかった大橋を渡り終えると
そこは父の故里につながる懐かしい四国

単調なレールの響きが
昼食後の眠気をさそう
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ウトウト~ ウトウト
ウトウト~ ウトウト

いつの間にか眠りにおち
目をあけるたびに景色が変わる
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ウトウト~ ウトウト
ウトウト~ ウトウト

おだやかな瀬戸内の海は
何事もないように青く美しい
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ウトウト~ ウトウト
ウトウト~ ウトウト

お椀をふせたような島
トンガリ帽子のような島
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ウトウト~ ウトウト
ウトウト~ ウトウト

反対側の窓を見ると
高い山にうっすらと雪がある
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ウトウト~ ウトウト
ウトウト~ ウトウト

伊予柑の畑に
大きな実が落ちている
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ウトウト~ ウトウト
ウトウト~ ウトウト

学校帰りの中学生たちが
ゆるい坂道を自転車でのぼってゆく
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ウトウト~ ウトウト
ウトウト~ ウトウト

かわら屋根の家並
大きな町のコンクリートのビル
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
ウトウト~ ウトウト
ウトウト~ ウトウト

夕陽の中
列車はようやく松山に着き
私は駅の食堂で
「じゃこ天うどん」を食べた。

(2006年2月10日記)」

以上は、【再録】部分です。
*********************************************

※平和憲法を守る闘いに寄与するため、2014年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―

(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)
c0295254_2152425.jpg


闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-09-03 11:46 | 日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では
2017年 09月 03日

憲法便り#2151:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.41: 香川篇』

2017年9月3日(日)(憲法千話)


憲法便り#2151:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.41: 香川篇』

岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』第四部より

【四国新聞】公布記念(十一月三日付二面より)
「新憲法公布を祝し 多彩な記念行事 希望に光る讃岐路」 各官署、学校では午前九時から明治節の式典に引続き新憲法公布式典が行われ、終って祝賀式が盛大に催される。
▲また、栗林公園商工奨励館では国民学校、中等学校の図画その他の工芸品百五十点が一般美術界の出品に混じって展覧され、即売に応じる、
▲他方、県内の映画館では幕間を利用して案内ガールの美声で新憲法の精神や県民の心構えを放送する。また館内には標語入りのビラを貼り、観客に新憲法の趣旨を徹底する。
▲この日朝七時十五分からラジオを通じて塚原知事が「新憲法公布と県民の心構え」と通じて放送。
▲また、各市町村単位で催し物として、国民学校の運動会、児童の成績品展覧会などが展開され、夜は各青年団の芸能大会に打ち興じ、各隣組では一斉常会を開き老人たちに新憲法の精神を周知させる。
▲また地域によっては旗行列や仮装行列、提燈行列など各種の催しがある。
▲識者階級のためには記念講演会が三豊高女校、善通寺町中央国民学校、坂出市鎌田社会館、津田町大川高女でそれぞれ午後二時から「新憲法公布と県民の心構え」と題して、香川師範、経済専門学校、大川高女等の教師や高松裁判所判事らによって催される。△愛酒家のためには、一人二合の清酒が各家庭に特配される。

[高松市]
市役所では三日午前十時から市職員、市会議員、警防分団長、引揚同胞会、戦災者同盟、遺族厚生会代表ら出席して祝賀式を挙行、続いて祝賀会を開催。
▲職員組合は正午ごろから栗林公園で記念運動会を催す。
▲連合町内会では臨時常会を開き、区内国民学校長から講話を聴く。
▲各町内会では会長から新憲法の要旨の説明を聴き、三日は各戸に国旗を掲揚し、それぞれの町内会で独自の祝賀行事を五日までに行う。
[高松海運監理部]
午前九時から黒木島で慰安祝賀会を開く。
[高松地方専売局]
午前八時から高松一中グランドで記念式を行い、引き続き管内体育大会を催す。種目は野球、庭球、排球、卓球、相撲など。
[高松市女]
「あす高松市女で音楽会」新憲法公布の記念行事として、四日午後一時から高松一中雨天体操場で音楽会を催すが、一般の来聴を歓迎している。
[四鉄局]
四鉄局では、三日午前十時半から四の丸鉄道寮で全国中継放送のラジオにより記念式典の祝賀会を催し、引続き“四鉄吹奏楽団”を聴く会を催す。
[大川郡造田青年団]
午後一時から造田国民校で文化講演会を開き、「新しき日本の道」と題して竹田敏彦氏が講演する。

[煙草の特配]
高松地方専売局では、三日の新憲法公布記念の特配用煙草を成年男子十本、女子五本の割で四国四県に十日から二十日の間に配給する。
(注・男女同権の新憲法を祝いながらも、特配に男女間格差がある)

(四日付二面より)
「和やかに君が代斉唱」
[県庁]
十時から三階会議室で明治節祭典に引続き新憲法祝賀会(約百名)」

昭和21年11月3日付『四国新聞』二面
c0295254_19265267.jpg


(画像の典拠は、香川県立図書館所蔵マイクロ資料より)
【研究メモ】5月7日に加筆予定

*次回は、愛媛篇。

※平和憲法を守る闘いに寄与するため、2014年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―

(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)
c0295254_2152425.jpg


闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-09-03 11:41 | 日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では
2017年 09月 03日

憲法便り#2150:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.40: 徳島篇』

2017年9月3日(日)(憲法千話)

(一覧リストに戻る)

憲法便り#2150:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.40: 徳島篇』

岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』第四部より

【徳島県】
徳島県内の祝賀行事に関しては、当時は『徳島新聞』と『徳島民報』の二紙が伝えているが、伝え方の違いが興味深いので、両紙の記事を紹介する。

【徳島新聞】(十一月三日付二面より)
「少国民に二ツづつ 待機する特配のお祝いパン」きょう三日は再建日本の新憲法が公布される画期的な国のお祝いの日である。県では小国民にこの祝日を意義あらしめるため三日、県下国民学校児童六万人に甘いパンを特配する。(以下、各地製パン所での慌ただしいパン作りの様子、学校への配布準備については、活字不鮮明の箇所が多いため省略)

(四日付三面より)
「湧き立つ明るい希望 獅子舞や勇屋台も繰出す」新憲法公布の三日、全県下は祝賀一色に彩られ、八十余万県民は折から立ち込める層積雲を突き破らんばかりに熱狂、平和日本の巨歩を心から喜んだ!

[徳島市]
この日県庁をはじめ各官公署、会社、銀行、学校では一斉に祝賀式を挙行。引続き各所に運動会を催した。
市役所では九時からの式典についで十時から市民運動場で二人三脚、障碍縄跳びなど三十三種目にわたる競技を展開、さらにバックネット裏では人形、鶏、曲芸師等の紙細工を仕込んだ打上げ花火で景気をつける。
徳島刑務所でも午前中に受刑者の運動会、午後は職員のピンポン大会を開き、
徳島綿業、徳島酒(?)造、長尾産業共同主催の運動大会は九時から佐古校で挙行、
また徳島郵便局では県下の通信従業員を佐古校へ集めて午前十時から芸能大会を催し、
国立徳島病院も式典についで徳中OBと排球練習試合を行った。
また学校では、徳島校と沖の洲が運動会を開催した。
【阿波踊り】
一方、市の中心市役所をめぐる阿波踊り、獅子舞、勇屋台などは十一時ごろから徳島駅前広場へぞくぞくとつめかけ、三味線、太鼓、鼓の囃子に群がる人々の心をいやが上にもわき上がらせた。
やがて、お祝いの酒肴に握り飯の昼飯もすんだころ、まづ板野郡藍園村矢野大字原の獅子舞がトップを切って市役所前で、ついで名東郡新居村の勇屋台、國の舞、君が代、鶴亀の三台がそれぞれ可愛い乗子を乗せ、担ぎ手三百余名が太鼓と歌の拍子にあわせて元町を練ったうえ市役所へ向かい、つづいて市北島田町三丁目の青年有志約百名が同じく勇屋台御國を担いで行く。
このうち新居村の勇屋台國の華は明治三年の御大典記念に造ったもので最も古く、市内への進出は大正三年の御大典に一度あったのみで、三十二年ぶりの再進出である。
これらの獅子舞、勇屋台は市役所前で舞い踊った帰路、本社へたちより、獅子舞は社内へ、勇屋台は社前道路で大いに気勢を上げた。
つづいて鷹匠町三丁目の料理屋松□も鼓、太鼓、三味線に派手な姿を現した。

午後から夕刻にかけては元町マーケット、放送局喫茶平クラブ、内町竹の家、今年竹などの華やかな阿波踊りが続々とみられ、『二合五勺なんのその、お米がなければむし薯(?)で』とばかり踊りぬく。
市内へ出かけた地方人も十時ごろからは、どの列車も鈴なりの満員。
この日は定期客は少なく、切符客は平日の二倍以上にのぼっている。
そのため駅前は大混雑で、交通取り締まりの巡査も『今日は取締りも出来ず目茶苦茶です』と青息吐息のありさま。
どうと流れ出た人の波は、ほとんどが元町から新町へ向かい、おかげで各映画館は立錐の余地もない満員の盛況。
繁華街の各店も夜間営業、丸新は休んだが、隣の潮(?)見商会では盛典に呼応して、五時閉店を九時に延長。
喫茶店、飲食店では電蓄にショパンの夜想曲、流行歌等をかけて、祝賀気分を盛り上げた。県下に魁けて出来た蔵本翆園社交倶楽部ダンス教習所では、祝賀ダンスパーティを催し、会員五十名が出席、天井にはりめぐらした万国旗、交叉する紅燈靑燈の光りに映えて踊る淑女、紳士の映像は、シュトラウスのワルツの流れに乗って終日賑わった。

[池田町]
町主催の町民運動会は池田国民学校校庭で催され、四十五町内会は会旗、むしろ旗などで出場選手を応援、リレー、玉送り、対抗リレー等を展開、町内では久方振りに国旗が掲揚せられ、祝賀気分が溢れた。
[市場町]
各組は屋台に祝賀装飾をし町内を練り、□崎青年団は祝賀踊りで、大賑わいを呈した。
[小松島町]
各学校、官署、会社は午前九時から、役場は十二時から、国民学校は午後一時から祝賀式を挙行、同町婦人有志会は「新生日本の進むべき道」について座談会、東洋紡小松島工場では従業員の野球大会等の催しがあり、全町内は賑わった。
[富岡町]
地方事務所では祝賀式を挙行、町内商工会主催祝賀踊りは賞品多数あり、全町は踊り抜いた。また□□会主催で町内目抜きの場所に奉祝ポスターを貼付、人目を引いた。
[羽ノ浦町]
町内常会の運動会を岩脇校で開催、中島運送店主催の相撲大会も岩脇妙見山で開かれた。各製材工場は休業奉祝、農家は牛馬を総動員して、奉祝増産記念日として平日に増して仕事に励んだ。
[長生村]村体育会主催の軟式野球大会を開催。
[日和佐町]
町民は国民学校に集まりラジオ放送により天皇の憲法公布上諭を聴取後、竹谷町長代理助役、宮原校長の祝辞があった。
[三岐田町]
由岐校で町民記念体育大会を開催。
[撫養町]
三日は奉祝阿波踊りで全町大賑い、四日、五日は軟式野球、商品売出し、華道展、美術写真展等引きつづき記念催しで祝賀気分を繰り展げる。
[新野町]
体育協会主催町内軟式野球大会を国民校で挙行。
[板西町]
署管内の十四町村の警防団が記念大運動会を催し、また板西体育協会文化クラブ主催で郡内十二チームを招聘、野球大会を催した。

【施行記念】
新憲法は二十二年五月三日から施行されたが、徳島新聞ではそれを記念して憲法普及会県支部やNHK徳島放送局などとともに、新憲法に関する論文や「徳島県民の歌」を募集。施行日当日には西の丸球場で憲法まつりを開き、全徳島―駿台クラブの野球戦や阿波踊り大会などで祝った。また五日には南原繁東京大学総長による「新憲法と精神革命」と題した講演会を富田小学校で開催し、六、七日にわたってその要旨を載せた。
 募集論文のタイトルは「新憲法実施と徳島県民の行くべき道」で四百字詰め原稿用紙十五枚以内、一等賞金は二千円。三月二十二日の社告で募集を開始。四月二十日に締め切られた。加藤修一師範学校長らが審査の結果、徳島市南佐古町一丁目、徳島タイムス編集部員砂川健治、毎日新聞徳島支局員日野晃(のち西部本社編集局長兼論説委員)ら四人の論文はいずれも力作であるとして入選とし、紙面に掲載した。賞金は二等の分もあわせ三千円を四等分。若い応募が多く、入選四人のうち三人は二十歳代だった。ミニコミ紙やライバル紙の記者も応募、またその論文が入選するなど今では考えられないおおらかな時代だった。(『徳島新聞社史』より)

【徳島民報】公布記念(十一月四日付二面より)
「新憲法公布 県下に沸く祝賀気分」「(写真説明)衣裳とりどりに乱舞する徳島市民」
(マイクロフィルムの最初の部分が欠落)……で県下津々浦々に至るまで祝賀気分が横溢した。
[徳島市]
徳島市では午前九時を合図に、本社の打上げ煙火が続けざまに数発中空に炸裂すると、市民は胸のすく思いでお祝いに取りかかり、気早の踊子連中は道化た見拵えに夢中になり、三味や太鼓の音が花街を中心に、どこからともなしに響きわたり、本社と商工会議所共催の祝賀踊りが次第に街々から繰り出し始める。この間、煙火は時をおいて景気よく打ち上げられ、民報の社章をあらわした風船や旗が空高く飛んでゆく。九時から徳島新聞社主催の中等学校争覇野球が西の丸球場で行われ、十一時になると県庁のバルコニーでは岡田知事以下全職員が祝賀式典を挙行し、市庁においても吉積市長司宰の下に祝賀式が執り行われ、各学校その他官公署、団体でもそれぞれ式典が挙げられ、撫養富岡をはじめ池田、鴨島の地方郡邑では多彩な行事が繰展げられていた。
[名東郡新居村]
祝賀日の朝から新居村では舁ぎ屋台(よいやしょ)三台は水色鉢巻、揃いの衣裳のいなせな若者に舁がれ、お祭り衣装の撫養娘など行列をつくって繰出し、午前十時から市古通から市の中心へ向かった。また市□本からも舁ぎ屋台を出すなど、秋祭をぶり返したような新憲法風景を見せた。
[美馬郡脇町]
脇町では同町小川春義氏の主催で、新憲法公布を寿ぐため全町四七班各常会から「阿波踊り組」を送り出し、朝八時から夜十時まで華やかに踊りの会を催す。

[撫養の祝賀書道展]
撫養町の新憲法祝賀行事の最後を飾る書道展は、来る十一月二十三日、二十四の両日、撫養商工会議所で開催されることとなり、これが実際活動には同町の瑞穂書道会が携っているが、このほど募集要項を発表、その概要は次のようである。揮毫内容は憲法公布に因んだもの及び憲法精神普及に役立つもので、町内国民学校児童並びに官立学校男女学生、私立学校生徒の出品を希望し、撫養町一般人よりの出品をも歓迎している。
[撫養美術展覧会]
撫養撫養美術協会主催・本社後援の撫養美術展覧会は、十一月二十三、二十四の両日、撫養町本通り撫養郵便局階上で華々しく開かれることになった。会員は目下力作の為に不眠不休の努力を行い、晩秋の撫養美術界を飾るにふさわしい大作の出品が要望され、前人気も沸立っている。」

*次回は、香川篇。

*********************************************
以下は、【再録】部分です。

2013年5月13日付
憲法便り#8 憲法公布記念シリーズ(第2回)「当時の徳島県では」
[ 2013-05-13 07:00 ]
《新憲法祝賀おどり》そして三木武夫さんの祝賀広告

 『心踊る平和憲法誕生の時代』の書名は、昭和21年11月1日付『徳島民報』一面に掲載された《新憲法祝賀おどり》の広告の、次の喜び溢れる言葉に因んでいます。
「11月3日は新憲法公布の日だ、新日本の黎明だ、平和だ、友好だ、豊年じゃ、満作じゃ、みんなで祝う、阿波踊りが許された、踊りおどるなら華やかに踊ろう」(〔日時〕11月3日朝9時から夜11時まで〔会場〕市役所前〔主催者〕徳島商工会議所と徳島民報)。
 11月4日付『徳島民報』の第二面には、「新憲法公布 県下に沸く祝賀気分」と題する記事と並んで、「衣裳とりどり乱舞する徳島市民」と説明文がついた写真が掲載されています。これが当時の国民の姿です。

 実は、私が3.11の大震災直後に調査した時点では、国立国会図書館が『徳島新聞』と『徳島民報』を所蔵していなかったため、徳島県立図書館を訪問してマイクロフィルムからコピーをしてきたものです。
 徳島県は、生れて初めての訪問です。同図書館は徳島駅前からバスを乗り継いで約一時間のところにありますので、予め電話で連絡を取り、イタリア料理店が同じ敷地内にあるとのことで安心して行きましたが、当日は運悪く厨房改装のため休業日。それでも、マイクロリーダーの台数が少ないため、一番乗りをしようと開館1時間前に到着していたことが幸いでした。図書館がある小高い山の上からおりて川を越え、スーパーに辿りついて昼食を買い入れました。この日は他にマイクロリーダーの利用希望者がいなかったので、図書館前からの最終バスが出る時間ギリギリまでマイクロフィルムを読み続け、コピーして来たうちの一枚が、今回紹介した紙面です。この数日後、徳島で震度5の地震がありました。埼玉県立浦和図書館で調査したいた時は震度4の地震がありましたから、研究も「命懸け」という感じです。

 なお、国立国会図書館新聞資料室には、『徳島新聞』が補充されています。

c0295254_13411942.jpg


(画像の典拠は、徳島県立図書館所蔵マイクロ資料より)

 次の紙面は、昭和21年11月3日付『徳島民報』二面に掲載された、新憲法公布記念祝賀広告。三木武夫衆議院議員、日本民主党準備会の委員として憲法改正案委員会(72名で構成)に参加していた秋田大助衆議院議員の名前もあります。紙面の下が切れているのは、マイクロフィルムを作成した時に切れているためです。なお、『徳島民報』は現在は発行されていません。
c0295254_1342575.jpg


(画像の典拠は、徳島県立図書館所蔵マイクロ資料より)

 ところで、私の憲法書は今回で5冊目になりますが、鳥取県、佐賀県、と並んで徳島県内の方からは残念ながら一度も注文を受けたことがありません。5月10日の『しんぶん赤旗』一面に「九条の会徳島」の活動が写真入りで紹介されていましたが、連絡先が判りませんので、このブログをご覧になった方からの御注文を期待しています。
全国の祝賀行事と祝賀広告については、『心踊る平和憲法誕生の時代』の第四部、第五部をご覧ください。

以上は、【再録】部分です。
*******************************************

 
※平和憲法を守る闘いに寄与するため、2014年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―

(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)
c0295254_2152425.jpg


闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-09-03 09:24 | 日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では
2017年 09月 03日

憲法便り#2149:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.39: 山口篇』

2017年9月3日(日)(憲法千話)

(一覧リストに戻る)

憲法便り#2149:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.39: 山口篇』

岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』第四部より

*山口県内の祝賀行事に関しては、『中国新聞』十一月四日付四面「新日本の黎明に歓呼 各地に繰り展げた記念行事」より引用する。

【山口県】
秋晴れの美しい空の下、民主日本の晴れやかな門出、菊薫る明治の佳節三日、新憲法の公布を祝して、山口県下の各地に多彩な祝典行事が繰り展げられた。

[県庁]
県庁では午前九時から記念式に続いて優良警察署及び警察官の表彰式を挙行、十時からは全庁員の楽しい記念運動会に終日を送った。

[山口市]
この日、山口市内の各町内会でも、総出の運動会に、また秋深む長門峡の探勝に意義ある国民休日を、老いも若きも楽しく送った。

[柳井町]
▲柳井町主催で午前十時から記念式を挙行、
▲各中等、国民学校では午前十時から記念奉祝式を挙行、
▲国民学校児童には町から奉祝パンを贈った、
▲商工校では自治会主催で奉祝遠足を行う、
▲女子農では四日に記念講演会、五日に祝賀演芸会を開く。

昭和21年11月4日付『中国新聞』四面上
このページの右上に、中国地方の各地のニュースが混載されており、その中から山口県に関する情報を選んでまとめた。
c0295254_20235815.jpg


(画像の典拠は、広島市立図書館所蔵マイクロ資料より)

*次回は、徳島篇。

**************************************
当時の山口県に関する記事が少ないでの、話題提供として、次の記事を再録します。

2013年5月17日付
憲法便り#12 ご存知ですか?シリーズ(第1回) 「念仏者九条の会」

[ 2013-05-17 07:00 ]
「安倍首相の地元である山口県から、二月に『心踊る平和憲法誕生の時代』15冊の予約注文葉書が届きました。
文面には、「私たち浄土真宗の僧侶・門徒の有志で『念仏者九条の会』を結成し、憲法、第九条を守りたいと活動しています」とありました。
正式名称は『念仏者九条の会・山口』
c0295254_11144449.jpg


『心踊る・・・』(233頁)に宗教者の活動を簡単に紹介するコーナーを設け、その中に含めたいので承諾をいただく電話をしたところ、快く応じて下さった。
そして、全国本部が広島県の三次にあり、全国的に活動を展開していること、元龍谷大学学長の信楽峻磨さんが同会の世話人代表であることも教えていただいた。

さっそく調べてみたところ、次のことがわかりました。

念仏者九条の会
2012年11月10日現在の賛同人 1,259人。

現在、「念仏者9条の会 全国集会 in 富山」の開催準備中です。

念仏者9条の会 全国集会in富山
(第16回全国集会)
テーマ 平和憲法をまもるために
・期日 2013年6月24日(月)午後1時半~5時半
・会場 浄土真宗本願寺派富山別院
(富山県市総曲輪2-7-12 ℡076-421-66726672)
・日程 12:30 受付
    13:30~17:30全国集会
    18:00 交流会交流会
・基調講演・基調講演 テーマ 改憲論の歴史認識
・講師 藤野 豊さん

詳しく知りたい方は、「念仏者九条の会」のホームページをご覧ください。

明日は、ご存知ですか?シリーズ(第2回)「閣議の議事録は、昔も今も、ありません」です。

※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから

以上は、【再録】の部分です。
**************************************

※平和憲法を守る闘いに寄与するため、昨年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―

(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)
c0295254_2152425.jpg


闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-09-03 09:16 | 日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では
2017年 09月 03日

憲法便り#2148:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.38: 岡山篇』

2017年9月3日(日)(憲法千話)

(一覧リストに戻る)

憲法便り#2148:シリーズ『日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では、No.38: 岡山篇』

岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』第四部より

********************************************
岡山篇も、岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』第四部に掲載した祝賀行事は、ごくわずがである。
そこで、何とか、「その日」の雰囲気を伝える記事を増やせないかと考えた。
 
その結果、昭和21年11月3日付『合同新聞』一面の紙面構成そのものをニュースとして捉え、
紹介することとした。
他紙との大きな違いは、一面トップが、東京裁判におけるヒギンス検事の劈頭陳述になっていることである。
 
見出しは、「東條内閣出現の不幸 呪いのX日(Xデー)決る 交渉しつつ先端開く」
「かくて太平洋戦争起る ヒギンス検事の日英米関係劈頭陳述」

「起る」は、正確ではない。「ひきおこされた」のである。
戦争は、自然現象ではない。

この見出しは、生きている。
私は、思わず、見出しの中の二文字を、頭の中で入れ替えた。

安倍内閣出現の不幸 呪いのX日(Xデー)決る 交渉しつつ先端開く」
これは、ジョークではなく、私の実感であり、近未来の予測である。

だが、いまなら、まだ間に合う。
「戦争法案」を阻止しなければならない。

抹消されるべきは、
「戦争法案」という発言ではなく、
「戦争法案」そのものである。

昭和21年11月3日付『合同新聞』一面上
c0295254_10372087.jpg


昭和21年11月3日付『合同新聞』一面下
c0295254_10382879.jpg



なお、太平洋戦争の開戦が、愚かな日本の指導者たちによって決定された時の文書を、以下の本文の後に、『憲法便り』の【再録】として、示すこととする。

********************************************
岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』第四部(176ー177頁)より

【合同新聞】公布記念(十一月四日付三面より)
「平和日本へ強き歩み 岡山県下に彩る憲法公布記念行事」日本民主化の基盤となる新憲法公布の日は明治節でもあり、咲き誇る菊花のもと、岡山県下ではこれを記念する各種行事を一斉に展開した。岡山市役所は式典後運動会を催し、各市町村地方事務所、警察署等でも同様式典を行い、岡山市東校ではこの日、合同新聞社主催「中国四国音楽コンクール」の晴れの本選を一般に公開、岡山専売支局では記念煙草を配給、このほか祝酒も一般にゆきわたることになった。

[県庁]
「県庁で厳粛な祝賀式」
岡山県の新憲法公布記念式典は、菊薫る三日午前十時半から県会議事堂に、岡山進駐軍政部長ホイットニー少佐をはじめ、県会議員、各官公署長、団体長、新聞社長、県庁全員参列、厳粛に挙行した。国家合唱ののち豊島知事式辞、貴族院における天皇陛下親臨の中央式典実況放送聴取で閉式、引続き祝賀会に移った。

[倉敷]
倉敷市の新憲法公布記念式典は、三日午前九時から倉敷市□□校講堂に町内会隣組長以上の役員が参列し挙行。記念式終了後、同所で国民校児童、幼稚園児、女学校生徒による祝賀演芸会、また午後七時から東校講堂で記念講演があった。

[本社主催 大衆歌曲本選大会]
「感激の舞台で競演」超満員の聴衆席、しかも未だ続々と入場者の群が入口に詰め掛ける。
“故郷はなれてはるばる千里”なつかしのメロディーが聴衆の頭上に拡がって行く。国境の町だ!
審査員席にどっしりと構えたレコード界のオールドボーイ東海林太郎氏の頬が、若き日の感激を想って紅潮する。
やがて登壇した、本大会選手中の紅一点、津山の福田武子嬢が興奮のうちに晴れの舞台から豊かなソプラノで満場を魅了する。
十一月三日午後一時、岡山市旭東国民学校で開かれた合同新聞社主催の中国四国コンクール大衆歌曲本選の序幕風景。
かくしてプログラムはアマチュア歌手の精鋭たちに織りなされて、きらびやかに進行。
香川県坂出・津島良夫氏の“明月赤城山”を以て終了。
引続き模範進行歌唱にうつり、まづ小笠原美津子嬢が洗練された至芸で満場を悩殺、
続いて東海林太郎氏が“国境の町”“隅田川”と情趣あふれるバリトンで聴衆を恍惚とせしめ、音楽の祭典は幕を閉じた。(写真は会場:三面上中央)

昭和21年11月4日付『合同新聞』三面上
c0295254_1046445.jpg


昭和21年11月4日付『合同新聞』三面下
下の四段分に、「祝 民主新日本憲法公布」の祝賀広告。
c0295254_10465537.jpg


(画像の典拠は、国立国会図書館所蔵マイクロ資料:請求記号YBー34)

*次回は、山口篇。

***************************************
以下は、【再録】です。

2014年 12月 29日付
憲法便り#688 歴史クイズ第一問と第二問の正解は?

第一問:戦争計画を決定したのは誰でしょうか? 
 答 :①天皇 ②政府 ③大本營の三者すべて。

第二問:戦争計画を決定したのは、いつでしょうか?  
答 :昭和十六年十一月五日

昭和16年11月5日の御前会議が決定した「帝國國策遂行要領」に基づき、連絡会議(大本営政府連絡会議)によって一連の決定が矢継早になされています。

【出題の典拠とした史料】
『日本外交文書 第一冊』(平成二十二年)p.8‐10。
 ●印は「防衛省防衛研究所図書館」より補填した資料。

(文書№)2 昭和十六年十二月八日 
東郷茂徳外務大臣・在本邦オットー独国大臣会談
「対英米開戦につき在本邦独国大使へ通報」
(付記一)
●十一月五日 御前會議決定「帝國國策遂行要領」ニ關聯スル對外措置
昭和一六、一一、一三
連 絡 會 議 決 定
一、對獨伊
  對米交渉ノ結果タル了解事項中英國ニ關係アル事項ヲ英國をシテ受諾セシメ且之ニ積極的ニ協力セシムル様速ニ直接又ハ米ヲ通シ措置ヲ置クモノトス
  右以外企圖隠匿ノ見地ニ於テ特別ノ外交措置ヲ行フコト無シ
一、對蘭印
  我企圖秘匿欺騙ニ資スルタメ成ルヘク速カニ從來交渉繼續ノ形式ニ於テ帝國ニ對スル所要物資ノ供給ヲ主眼トスル外交交渉ヲ逐次開始ス
一、對「ソ」
  概ネ昭和十六年八月四日大本榮政府連絡會議決定ニ係ル對「ソ」外交交渉要綱第一項ニ準據シテ交渉ヲ續行ス
一、對泰
 1.進駐開始直前左記ヲ要求シ迅速ニ之ヲ承認セシム
    泰ニシテ帝國ノ要求ニ應セサル場合ニ於テモ軍隊ハ予定ノ如ク進駐ス、但シ日泰間武力衝突ハ之ヲ極限スルニ務ム
      左  記
  イ、帝國軍隊ノ通過竝ニ之ニ伴フ諸般ノ便宜供與
  ロ、帝國軍隊ノ通過ニ伴フ日泰軍隊ノ衝突囘避措置ノ即時實行
  ハ、泰ノ希望ニヨリテハ共同防衛協定ノ締結
 (註)本交渉開始前ニ於ケル對泰態度ハ從來ト特別ノ變化ナカラシメ特ニ開戰企圖ノ秘匿ニ萬全ノ考慮ヲ拂フモノトス
 2.進駐後速カニ概ネ左ノ諸件ニ關シ具体的ニ現地ニ於テ取極ヲ行フ
  イ、帝國軍隊ノ通過及駐屯ニ關スル事項
  ロ、軍用施設ノ供用及新設増強
  ハ、所要ノ交通通信機世紀及工場施設等ノ供用
  ニ、通過竝ニ駐屯軍隊ニ對スル宿營、給養等
  ホ、所要軍費ノ借款
備考 第一、第二項ノ交渉ニ當リテハ昭和十六年二月一日大本營政府連絡會議決定ノ對佛印泰施策要綱ニ順據シ泰ノ主權及領土ノ尊重ヲ確約シ尚泰ノ態度ニヨリテハ將來「ビルマ」若クハ馬來ノ一部ヲ割讓スベキ事ヲ考慮スベキ旨ヲ仄カシ以テ交渉ヲ有利ナラシム
一、對支
  出來得ル限リ消耗ヲ避ケ以テ長期世界戰ニ對處スヘキ帝國綜合戰力ノ確保及將來兵力減少ノ場合等ヲ念頭ニ置キ左ノ通リ措置スルモノトス
1.在支米英武力ヲ一掃ス
2.在支敵性租界(北京公使館區域ヲ含ム)及敵性重要權益(海關、鑛山等)ヲ我實權下ニ把握ス但シ我國ノ人的竝ニ物的負擔ヲ成ルヘク輕カラシムル樣留意スルモノトス
 (註)共同租界及北京公使館區域ハ敵性武力ヲ一掃シテ我實權下ニ收ムルモ友好國權益オモ混入スルヲ以テ接收等ノ形式ヲ(ト欠カ)ラサルモノトス
3.前諸項ノ發動ハ我企圖ヲ暴露セサル爲我對米英開戰後トス
4.重慶ニ對スル交戰權ノ發動ハ特ニ宣言等ノ形式ヲ以テスルコトナク對米英開戰ヲ以事實上其實效ヲ收ムルモノトス
5.在支敵國系權益中國民政府ニ關係アルモノモ必要ニ應シ差當リ我方實權下ニ把握スルモノトシ之カ調整ハ別ニ措置ス
6.占領地内ニ於ケル支那側要人ノ活動ヲ出來得ル限リ誘導促進シ日支協力ノ下ニ民心ノ把握ニ力メ以テ可能ナル地域ヨリ漸次局部和平ヲ實現セシム
7.對支經濟關係ニ於テハ物資獲得ニ重點ヲ置キ之カ爲現行諸制限ニ合理的調整ヲ加フルモノトス
なお、(編注 本書第7文書付記とある。これは、昭和十六年十二月九日付、在ソ連邦建川美次大使より東郷外務大臣宛の電報「ソ連外務人民委員代理へ対米英開戦に付き通告及び中立条約遵守方確認について」だが、省略する)

※平和憲法を守る闘いに寄与するため、2014年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―
(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)

「アベノミクス」のみを前面に打ち出していた今回の衆院選で国民の信任を得たとして、安倍首相は、早くも憲法改悪を「自民党結党以来の目標」「歴史的チャレンジ」として強調し始めました。
彼らの論拠は、「押し付け憲法」論です。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』は、実証的反論です。
是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146
FAX 03-3402-4147

以上は、【再録】部分です。
*****************************************
※平和憲法を守る闘いに寄与するため、昨年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―

(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)
c0295254_2152425.jpg


闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-09-03 09:11 | 日本国憲法公布、その日、あなたの故郷では