岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ

タグ:記録・資料 ( 939 ) タグの人気記事


2017年 05月 28日

憲法便り#2029:『憲法便り』への、5月1月ー5月27日掲載記事一覧リスト!

2017年5月28日(日)(憲法千話)

憲法便り#2029:『憲法便り』への、5月1月ー5月27日掲載記事一覧リスト!


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-28 10:40 | 憲法便り掲載記事一覧
2017年 05月 27日

憲法便り#2028:(第2弾)南スーダン派遣・陸上自衛隊の、平成28年7月12日(火)付『モーニングレポート』

2017年5月27日(土)(憲法千話)

憲法便り#2028:(第2弾)南スーダン派遣・陸上自衛隊の、平成28年7月12日(火)付『モーニングレポート』を画像により紹介します!

2017年2月10日(金)付の「行政文書開示請求書」で、別紙『東京新聞』を添付して情報公開を求めていた資料の一部分を、5月16日(火)にようやく入手しました。開示されない部分があり、7月7日まで開示検討中の部分もあります。

開示された部分にも、黒塗りの箇所が多数見られますが、それでも、一年前の緊迫していた様子が手に取るように分かります。

稲田防衛大臣が、「戦闘」を「武力衝突」と言い換えて、現地がいかにも安全かのように答弁していた嘘が、明らかになります。

今回入手しのは、A4サイズ433頁(うちカラ―は407枚)。

今日、ここで紹介するのは、カラ―の画像が多くて分かりやすい、平成28年7月12日(火)付『モーニングレポート』です。
すでに『憲法便り#2014』(ここをクリック)で紹介している7月11日(月)付『モーニングレポート』と併せ読むと、日に日に状況が切迫して来ていることが、手に取るように判ります。

私は、南スーダンも、軍事関係も詳しくありませんので、必要最小限のことだけを書くことに止めます。

率直な感想を言えば、黒く塗りつぶされた部分にこそ、真実、危険な状況が隠されていると思います。

稲田防衛大臣の「真っ赤な嘘」と、真っ黒に塗りつぶされた真実!

南スーダンの首都は、ジュバ。その中心部には、政府議会、大統領府、日本大使館などがありますが、その近辺で、戦闘が行われています。

南スーダンのその他のことについては、外務省ホームページが掲載している「南スーダン共和国」基礎データが詳しいので参考にして下さい。(ここをクリック

モーニングレポートに記された略語
UNMISS=国連南スーダン共和国ミッション
SPLA=スーダン人民解放軍
iO(SPLM-IO)=スーダン人民解放運動反体制派
GDPE


中央即応集団司令部作成の『モーニングレポート』

(岩田注)
①平成28年7月12日(火)のモーニングレポートは、これで、全ページです。
②ページのナンバーは、ありません。
③(「中央即応集団」については、ここをクリックして下さい)(防衛省陸上自衛隊のホームページが出ます)


【表 紙】
c0295254_15212447.jpg
























【モーニングレポート実施要領】
c0295254_20372259.jpg
























【周辺国等主要情勢】
c0295254_16444391.jpg























【南スーダン全域の状況】(7月11日18:00時点)
c0295254_15251702.jpg
























【ジュバ周辺の状況】
c0295254_09040260.jpg
























【ジュバ市内におけるSPLA及びiO間の衝突事案(7月11日)】
c0295254_15272596.jpg

























【事案発生位置(7月11日)】
c0295254_15290680.jpg

























【11日に確認された主要事象】
c0295254_15302536.jpg

























【南スーダン国内セキュリティレベル】
c0295254_09141589.jpg




























【ジュバ周辺の情勢評価】
c0295254_09220601.jpg
























【南スーダン情勢(評価)
c0295254_15325167.jpg



























【ジュバ市内におけるSPLA及びiO間の衝突事案の概要】
c0295254_15354679.jpg
























【ジュバ市内におけるSPLA及びiO間の衝突事案の概要】
c0295254_15384685.jpg























【UNMISS等の状況】
c0295254_15402672.jpg

























【派遣施設隊等の状況】

c0295254_15420495.jpg

























【UNMISS等としての現在の状況】

c0295254_15482617.jpg
























【上級部隊等の状況(1/2)】

c0295254_15522644.jpg























【上級部隊等の状況(2/2)】
c0295254_15533974.jpg

























【フライト経路(Cー130)】
c0295254_15553722.jpg























【上級部隊等のじ後の予定】
c0295254_15564706.jpg














以上で、終わりです。

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-27 16:00 | 南スーダン
2017年 05月 23日

憲法便り#2019:「共謀罪」書簡の国連特別報告者 日本政府の抗議に反論!

2017年5月23日(火)(憲法千話)(文末に、私のひと言)

憲法便り#2019:「共謀罪」書簡の国連特別報告者 日本政府の抗議に反論!

「私の懸念に答えていない」
2017年5月23日付『東京新聞』朝刊は、一面トップで、国連のプライバシー権に関する特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏の、日本政府に対する反論を掲載しました。

その全文は、下記の通りです。

「共謀罪」書簡の国連特別報告者 日本政府の抗議に反論「私の懸念に答えていない」

2017年5月23日 朝刊

ジョセフ・ケナタッチ氏=国連ホームページから

写真

 【ロンドン=小嶋麻友美】安倍晋三首相宛ての公開書簡で、「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案に懸念を表明した国連のプライバシー権に関する特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏は二十二日、菅義偉(すがよしひで)官房長官が同日の記者会見で抗議したと明らかにした日本政府の対応を「中身のないただの怒り」と批判し、プライバシーが侵害される恐れに配慮した措置を整える必要性をあらためて強調した。電子メールで本紙の取材に答えた。

 ケナタッチ氏によると、「強い抗議」は十九日午後、国連人権高等弁務官事務所を訪れた在ジュネーブ日本政府代表部の職員が申し入れ、その後、約一ページ余りの文書を受け取った。しかし、内容は本質的な反論になっておらず「プライバシーや他の欠陥など、私が多々挙げた懸念に一つも言及がなかった」と指摘した。

 抗議文で日本側が、国際組織犯罪防止条約の締結に法案が必要だと述べた点について、ケナタッチ氏は「プライバシーを守る適当な措置を取らないまま、法案を通過させる説明にはならない」と強く批判。法学者であるケナタッチ氏自身、日本のプライバシー権の性質や歴史について三十年にわたって研究を続けてきたとし、「日本政府はいったん立ち止まって熟考し、必要な保護措置を導入することで、世界に名だたる民主主義国家として行動する時だ」と訴えた。

 ケナタッチ氏は日本政府に引き続き、法案の公式な英訳文とともに説明を求めている。菅官房長官は二十二日、ケナタッチ氏の書簡に「不適切だ」と反論していた。

◆与党きょう衆院採決方針

写真

 犯罪の合意を処罰する「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案を巡り、衆院議院運営委員会は二十二日の理事会で、衆院本会議を二十三日に開くことを佐藤勉委員長(自民党)の職権で決めた。与党は「共謀罪」法案を採決し、衆院を通過させる方針。二十四日の参院での審議入りを目指している。

 与党が理事会で「共謀罪」法案の採決を提案したのに対し、民進、共産両党は、与党が衆院法務委員会で法案の採決を強行したことに反発して拒否。双方が折り合わず、佐藤氏が本会議開催を決めた。「共謀罪」法案を採決するかどうかは与野党の協議に委ねた。

 法案を巡っては、安倍晋三首相(自民党総裁)が二十二日の党役員会で「今国会での確実な成立を目指す」と強調。高村正彦副総裁も「二十三日に間違いなく衆院通過させる」と話した。民進党の野田佳彦幹事長は記者会見で「審議は不十分だし、この間のやり方は極めて遺憾だ」と与党の国会運営を批判した。

 与党は法案の成立を確実にするため、来月十八日までの今国会の会期延長も検討している。  

<国連特別報告者> 国連人権理事会から任命され、特定の国やテーマ別に人権侵害の状況を調査したり、監視したりする。子どもの人身売買や、表現の自由に関する人権状況などの報告者がいる。政府や組織などから独立した専門家で、調査結果は理事会に報告する。

【岩田からのひと言】

一昨日、妻の友人が国会前の集会に5時間半も参加していた最中に、メールを送って来ました。

自民・公明・維新が、今日、「共謀罪」の採決を強行しようとしています。

私も、今日、体力の続く間、抗議行動に参加してきます。



[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-23 10:55 | 共謀罪
2017年 05月 21日

憲法便り#2015:「共謀罪」に懸念表明、国連特別報告者の、首相宛の書簡を紹介します!

2017年5月21日(日)(憲法千話)

憲法便り#2015:「共謀罪」に懸念表明、国連特別報告者の、首相宛の書簡を紹介します!

昨5月20日に、すでに概略が報道されていましたが、2017年5月21日付『東京新聞』朝刊3面に、上記書簡の日本語訳が掲載されていました。

時間が許せば、自ら翻訳した文章を掲載したいところですが、重大な局面であり、急を要しますので、『東京新聞』の紙面を借用して、そのまま紹介します。


c0295254_13003598.jpg

















c0295254_13035430.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-21 13:04 | 共謀罪
2017年 05月 20日

憲法便り#2014:(改訂版)南スーダン派遣・陸上自衛隊の、平成28年7月11日(月)付『モーニングレポート』を画像により紹介します!

2017年5月20日(土)(憲法千話)

憲法便り#2014:(改訂版)南スーダン派遣・陸上自衛隊の、平成28年7月11日(月)付『モーニングレポート』を画像により紹介します!


2017年2月10日(金)付の「行政文書開示請求書」で、別紙『東京新聞』を添付して情報公開を求めていた資料の一部分を、5月16日(火)にようやく入手しました。開示されない部分があり、7月7日まで開示検討中の部分もあります。

開示された部分にも、黒塗りの箇所が多数見られますが、それでも、一年前の緊迫していた様子が手に取るように分かります。

稲田防衛大臣が、「戦闘」を「武力衝突」と言い換えて、現地がいかにも安全かのように答弁していた嘘が、明らかになります。

今回入手しのは、A4サイズ433頁(うちカラ―は407枚)。

今日、ここで紹介するのは、カラ―の画像が多くて分かりやすい、平成28年7月11日(月)付『モーニングレポート』

私は、南スーダンも、軍事関係も詳しくありませんので、必要最小限のことだけを書くことに止めます。

率直な感想を言えば、黒く塗りつぶされた部分にこそ、真実、危険な状況が隠されていると思います。

稲田防衛大臣の「真っ赤な嘘」と、真っ黒に塗りつぶされた真実!

南スーダンの首都は、ジュバ。その中心部には、政府議会、大統領府、日本大使館などがありますが、その近辺で、戦闘が行われています。

南スーダンのその他のことについては、外務省ホームページが掲載している「南スーダン共和国」基礎データが詳しいので参考にして下さい。(ここをクリック

モーニングレポートに記された略語
UNMISS=国連南スーダン共和国ミッション
SPLA=スーダン人民解放軍
iO(SPLM-IO)=スーダン人民解放運動反体制派
GDPE


中央即応集団司令部作成の『モーニングレポート』

(岩田注)
①平成28年7月11日(月)のモーニングレポートは、これで、全ページです。
②ページのナンバーは、ありません。
③【ジュバ市内におけるSPLA及び iO間の衝突事案(7月8日以降)は重複して3枚ありましたので、1まいだけを入れました。
④(「中央即応集団」については、ここをクリックして下さい)(防衛省陸上自衛隊のホームページが出ます)


【表 紙】

c0295254_16412358.jpg

























【モーニングレポート実施要領】
c0295254_20372259.jpg
























【周辺国等主要情勢】
c0295254_16444391.jpg



























【南スーダン全域の状況】

c0295254_20383025.jpg


























【ジュバ周辺の状況】
c0295254_09040260.jpg


























【ジュバ市内におけるSPLA及びiO間の衝突事案(7月7日)】
c0295254_16481549.jpg



























【事案発生位置(7月7日)】
c0295254_16494633.jpg
























【7日の銃撃事案発生に係る評価】
c0295254_16523819.jpg


























【事案発生位置(7月8日)】
c0295254_16564370.jpg























【8日に発生した主要事象】
c0295254_09070444.jpg




























【事案発生位置(7月9日)】
c0295254_17012932.jpg
























【9日に発生した主要事象】
c0295254_09102547.jpg























【事案発生位置(7月10日)】
c0295254_17043512.jpg




























【10日に発生した主要事象】

c0295254_17092102.jpg


























【ジュバ市内におけるSPLA及びiO間の衝突事案(7月8日以降)】
c0295254_16545120.jpg





























【南スーダン国内セキュリティレベル】
c0295254_09141589.jpg

























【ジュバ周辺の情勢評価】
c0295254_09220601.jpg
























【ジュバ市内情勢評価(7-10日の事象)】
c0295254_17131676.jpg























【ジュバ市内におけるSPLA及びiO間の衝突事案の概要】
c0295254_09255618.jpg

























【ジュバ市内におけるSPLA及びiO間の衝突事案の概要】
c0295254_09321467.jpg
























【UNMISS等の状況】
c0295254_09432682.jpg























【派遣施設隊等の状況】
c0295254_09463713.jpg


























【UNMISSトンピン地区の状況】
c0295254_09501247.jpg




























【上級部隊等の状況】(2頁にわたっている。)

c0295254_09531818.jpg















c0295254_09540404.jpg














[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-20 16:38 | 南スーダン
2017年 05月 20日

憲法便り#2013:『憲法便り』5月19日の「記事ランキング」

2017年5月20日(土)(憲法千話)

憲法便り#2013:『憲法便り』5月19日の「記事ランキング」

記事ランキング[設定]×

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-20 11:11 | アクセス・ベストテン
2017年 05月 18日

憲法便り#2011:本当の「国際的な犯罪の防止に関する国際連合条約(通称パレルモ条約)」はマフィアなどの経済事犯を取り締まるためのものだ!

2017年5月18日(木)(憲法千話)

憲法便り#2011:本当の「国際的な犯罪の防止に関する国際連合条約(通称パレルモ条約)」はマフィアなどの経済事犯を取り締まるためのものだ!

安倍政権が共謀罪法案の強行採決を明日にも行おうとしている。

「国際的な犯罪の防止に関する国際連合条約(通称パレルモ条約)」に加入するために、必要とされる国内法の整備と主張している。
だが、この国際条約は、マフィアなどの経済事犯を取り締まるためのものであって、テロ対策の条約ではない!

この条約の起草者であるアメリカ人も、そう証言していた。

この条約に加入する場合の条件などにはなっていない。

共謀罪法案がなければ、オリンピックが出来ないというのは、こじつけである。

安倍首相が行っていることは、でたらめである。

だから、金田法務大臣も、説明不能に陥っている。

テロ対策は、既存の法律で対処できる。

彼らの目的は、言論の自由の剥奪であり、民主主義の圧殺である。

私は、かつてのナチスの手口を思い出す。

だから、共謀罪法案には絶対に反対である。







[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-18 22:22 | 共謀罪
2017年 05月 17日

憲法便り#2010:5月1日ー5月15日に掲載した『憲法便り』一覧リスト!

2017年5月17日(水)(憲法千話)

憲法便り#2010:5月1日ー5月15日に掲載した『憲法便り』一覧リスト!


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-17 13:46 | 憲法便り掲載記事一覧
2017年 05月 15日

憲法便り#2007:法務省への情報公開請求した、共謀罪法案「別表第4」を入手しましたので、掲載します!

2007年5月15日(月)(憲法千話)

憲法便り#2007:法務省への情報公開請求した、共謀罪法案「別表第4」を入手しましたので、掲載します!

共謀罪法案、正式には、「組織的な犯罪及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案」という、何だか訳の分からない長い名称です。

この法案は、いま、法務省のホームページ上で、公開されています。法案には、別表1-4も付いています。



ところが、今回私が入手した別表4は、公開されていません。提案者にとって都合が悪いからです。

情報公開請求してから入手出来るまでに、時間が掛かりました。そのため、せっかく入手して、詳細に検討を加える前に、法案の強行採決が行われようとしていることに、怒りを覚えます。

この法律がないと、オリンピックが出来ないというのは、嘘です。
この法律がないと、日本の治安がないと守れないというのも、嘘です。
c0295254_21541308.jpgc0295254_21545177.jpgc0295254_21560894.jpg

c0295254_21563674.jpgc0295254_21571311.jpg
c0295254_21580005.jpg
c0295254_21583253.jpg

c0295254_21585556.jpg

c0295254_21592290.jpg






[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-15 22:03 | 共謀罪
2017年 05月 11日

憲法便り#2003:5月1日ー5月10日掲載『憲法便り』一覧リスト!

2017年5月11日

憲法便り#2003:5月1日ー5月10日掲載『憲法便り』一覧リスト!


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-11 20:23 | 憲法便り掲載記事一覧