岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 17日

憲法便り#2808:ご存知ですか? ロシアの外務大臣ラヴロフの経歴について!

2019年1月17日(木)(憲法千話)

憲法便り#2808:ロシアの外務大臣ラヴロフの経歴について!

これは、ロシア外務省(ロシア連邦)のホームページに掲載された、公式な経歴です。
かれの経験と経歴と比較して、河野太郎外務大臣は、経験も、理論的に、全くたちうち出来ない。

安倍首相の、「お友達外交」など、何の役にも立たない>

生年月日 1950321 (年齢 68)

生まれ ロシア モスクワ

身長 188 cm

配偶者 Maria Lavrova

現職 Minister of Foreign Affairsof the Russian Federation

子供 Ekaterina Lavrova






# by kenpou-dayori | 2019-01-17 15:51 | ご存知ですか?シリーズ
2019年 01月 16日

憲法便り#2807:幣原喜重郎元首相の経歴をご存知ですか?

2019年1月16日(水)(憲法千話)

憲法便り#2807:幣原喜重郎元首相の経歴をご存知ですか?

【幣原喜重郎の経歴】

*この経歴は、幣原首相の長男・道太郎氏作成の略年譜を参照した。

明治5年(1872年)大阪府に生まれる。

明治28年(1895年)東京帝国大学英法科卒業。

明治29年(1896年)外務省に入省、領事館補、仁川在勤。

明治32年(1899年)ロンドン在勤。

明治33年(1900年)領事、アンヴェルス在勤。

明治34年(1901年)釜山在勤。

明治38年(1905年)外務書記官、大臣官房電信課長。

明治41年(1908年)大臣官房取調課長。條約改正準備委員。

明治44年(1911年)外務省取調局長。

明治45年(1912年)大使館参事官。米国在勤。

大正2年(1913年)英国在勤。

大正4年(1915年)外務次官。

大正8年(1919年)特命全権大使、米国駐剳。

大正9年(1920年)男爵を授けらる。

大正10年(1921年)ワシントン軍縮会議に全権委員として出席。

大正13年(1924年)外務大臣(第一次加藤内閣)

大正14年(1925年)外務大臣(第二次加藤内閣)

大正15年(1926年)外務大臣(第一次若槻内閣)、貴族院議員に勅任。

昭和4年(1929年)外務大臣(浜口内閣)

昭和5年(1930年)浜口首相奇禍のため内閣総理大臣臨時代理となる。

昭和6年(1931年)外務大臣(第二次若槻内閣)

昭和20年(1945年)10月 東久邇内閣総辞職の後を受け内閣を組織す。

昭和21年(1946年)国務大臣兼復興庁総裁(第一次吉田内閣)

昭和22年(1947年)大阪府より衆議院議員に選出、進歩党総裁、のち民主党名誉総裁、自由党に合体後同党最高顧問。

昭和24年(1949年)211日 衆院議長に選任。

昭和26年(1951年)310日 狭心症のため急逝。


*外務省取調課、取調局に関して正確を期して、外務省外交史料館に問い合わせ中。

**この経歴は、幣原喜重郎著『外交五十年』(原書房版、昭和49年)の巻末に付されたもの。幣原喜重郎の長男・道太郎氏が、自ら記した解説の末尾に収めた。



# by kenpou-dayori | 2019-01-16 15:54 | ご存知ですか?シリーズ
2019年 01月 15日

憲法便り#2806:インフルエンザのため38度台の高熱が続き、4日間寝ていましたが、憲法便りを明日から、再開します!

2019年1月15日(火)(憲法千話)

憲法便り#2806:インフルエンザのため38度台の高熱が続き、4日間寝ていましたが、憲法便りを明日から、再開します!

パソコンのウイルスも警戒すべきですが、
インフルエンザのウイルスもこわいです。
パソコンに触るのも冷た過ぎて、何も出来ませんでした。

不運なことにかかりつけの病院は、土曜の午後から休診。
今日、午前中に病院へ行きましたが、20人待ち。

皆さん、高熱が出たら、すぐ病院へ。









# by kenpou-dayori | 2019-01-15 21:32 | お知らせ
2019年 01月 11日

憲法便り#2805:厚労省の「勤労統計」不正 対象延べ1973万人、保険過少支給537億円! この国は壊れている!!

2019年1月11日(金)(憲法千話)

憲法便り#2805:厚労省の「勤労統計」不正 対象延べ1973万人、保険過少支給537億円! この国は壊れている!!

2019年1月11日(金)付『東京新聞』夕刊一面が報じるところによれば、

1月11日午後、根本匠厚労相が、厚労省で記者会見し、不正を認め謝罪した。

【記事】

「賃金や労働時間の動向を把握する厚生労働省の「毎月勤労統計」の不適切調査問題で、厚労省は十一日、雇用保険の失業給付や労災保険などの過少支給の対象者は延べ千九百七十三万人で、総額は五百三十七億円に上ったと明らかにした。担当職員らは不適切調査と認識しながら、組織全体で情報を共有していなかった。過少支給のあった全ての対象者に不足分を追加支給する。」(以下、略)

『東京新聞』は、併せて、菅官房長官の談話として、「56基幹統計総点検へ」と報じているが、これは、犯罪的行為である。

点検や、担当者の責任追及だけで済まされる問題ではない。

厚労相のみならず、安倍首相をはじめ、安倍政権全体の責任を追及すべきである。



# by kenpou-dayori | 2019-01-11 20:41 | 安倍首相への抗議・反論・批判
2019年 01月 11日

憲法便り#2804:『東京新聞』連載記事「税を追う」を追跡する!(第2回)

2019年1月10日(木)(憲法千話)


憲法便り#2804:『東京新聞』の連載記事「税を追う」を追跡する!(第2回)


2018年10月29日(月)付『東京新聞』朝刊(「税を追う」取材班)

【一面トップ記事の見出し】

兵器ローン残高5兆円突破

18年度、防衛予算に匹敵

米から購入 安倍政権で急増

〔解説〕日米の軍事一体化で加速

【23面の見出し】

取引先1位は米政府

装備品、「言い値」で高騰度々

「価格の中身 分からず」

************************************************

【再録】

憲法便り#2795:『東京新聞』の連載記事「税を追う」を追跡する!

『東京新聞』が昨年から連載記事「税を追う」は好企画である。

一回あるいは、数回の連載では伝えきれない安倍政権の強引な政治、矛盾、行き詰まり、制度疲労、国民の負担を追及している。

昨年から、「税を追う」が掲載されている紙面を、切り抜かずに保存してきたので、かなりの量になる。

したがって、要点だけでもかなりの字数になるので、取りあえず、大きな見出しだけを紹介する。

これは、私自身のメモでもある。

2019年1月4月(金)朝刊一面トップ

官邸主導の「空母化」

首相「専守防衛 厳しい」

報道陣に公開された護衛艦「いずも」の甲板のカラ―写真付き

2019年1月4日(金)朝刊23面(社会)*一面からの続き

F35大量調達が発端 

自動車関税と引き換え

元海将「机上の空母化」

いずも「空母化」までの経緯(一覧表)



# by kenpou-dayori | 2019-01-11 20:02 | 見逃せない真実