人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 24日

憲法便り#137 昭和20年7月24日(68年前の今日)何が?

外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」

今日から新シリーズとして、外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」から、毎日、68年前の今日、何があったのかをお知らせします。
「日歴」そのものは、下記のようにごく短いものがほとんどで、解説はありません。

昭和20年7月24日(火)
[日本]
米機動部隊浜松以西各地攻撃。
B29名古屋、阪神、中国に来襲。
[外国]
記入なし

これは外務省がまとめた記録です。その正確な内容については検証しておりませんが、当時、国民には知らされてなかったことも多いかと思います。

全国民が空爆の恐怖に怯え、家を焼かれ、傷つき、命を落とし、苦しんでいる毎日を、僅か数行で淡々と記し続けていることが、何とも恐ろしい。

私が講演のために訪れたほとんどの都市が、米軍の爆撃を受け、海岸線に沿ったところでは、艦砲射撃も受けています。

外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」は大まかな記録です。
これから各地で「平和のための戦争展」などが開催され、詳しい調査結果が展示されることと思いますので、是非、そちらにもお出掛け下さい。

※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから

by kenpou-dayori | 2013-07-24 07:00 | 太平洋戦争日歴


<< 憲法便り 号外(2)『東京革新...      憲法便り#136 「笑いのめそ... >>