人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 31日

憲法便り#156 昭和20年7月31日「清水港、苫小牧港艦砲射撃をうける」

外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」

昭和20年7月31日(火)

[日本]
清水港、苫小牧港艦砲射撃をうく。

[外国]
アレキサンダー元帥、カナダ総督に任命。

(注)憲法便り#151に、昭和19年10月以降の、沖縄、日本本土への爆撃、艦砲射撃の日歴を記載した。(上記以外の地域への日本軍に対する攻撃は対象外とした)
この日歴を見れば、「ポツダム宣言黙殺、戦争邁進」の声明が、如何に無謀で、無責任で、馬鹿げたものであったかが判る。


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから

by kenpou-dayori | 2013-07-31 07:00 | 太平洋戦争日歴


<< 憲法便り 号外(5)『反韓デモ...      憲法便り#155「笑いのめそう... >>