人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 21日

憲法便り#316 戦後初めて「国家基本法(憲法のこと)の再検討」を論じた『朝日新聞』の記事

昭和20年9月21日付『朝日新聞』は、一面で「終戦政治の基本的動向 真の民主日本確立―教育改革、官吏制度刷新」と題する論説(社説とは別)を掲載しています。
その中見出しは、①新生政治の建設へ、②国民教育の確立、③総選挙と貴(族院)改革、④国家基本法の再検討、⑤再建一朝に成らず、この五つです。

「憲法の再検討」と直接的な表現をせずに、「国家基本法」という一般的には馴染みのない表現をしているところに、まだ、おずおずとした感じがありますが、とにかく憲法改正について初めて論じた記念すべき論説です。
この記事の核心部分を6月3日付『憲法便り#32』に掲載してありますので、ご参照下さい。


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから

by kenpou-dayori | 2013-09-21 08:05


<< 憲法便り#317 本日、「国際...      憲法便り#315 最新の『平和... >>