人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 29日

憲法便り#325 『朝日新聞』が昭和20年9月に連載した歴史の証言「ヒットラ来り去る」 

昭和20年9月の「日本の民主化、憲法民主化の日歴」への補足。
昭和20年9月17日から25日までの間に、『ヒットラ来り去る』と題する連載が、下記の通り、6回にわたって掲載された。
筆者は、前ベルリン支局長守山義雄(1910-1964)。この連載を執筆した時、彼はちょうど30代半ばである。朝日新聞大阪本社勤務。

各回とも、第二次世界大戦中のヨーロッパの生々しい様子、そして人々の息づかいが伝わってくる名文である。
全文を紹介したいところだが、著作権の問題もあり、また、それぞれ長文なので紹介方法を検討している。
今回は、とりあえず連載開始にあたっての冒頭の文章を、原綴(げんてつ)のまま紹介する。カッコ内は、岩田による補足。

「ながい悪夢の夜があけた。頭の芯のどこかに『見よ東海の』といふうたの調べがのこつてゐる。いゝうたであつたのに、いまはなんとなく頭がいたい。何の因果であらうか、伯林(ベルリン)と東京と、敗れさる二つの首都の目撃者となつた自分にいま『自由なペン』が與へられた。あゝ自由なペン!新聞記者になつていく年そのことを夢にみたことか。まだこの『自由』は借りものだけれど、それでもなほ讀者にいくぶんの眞実をつたへうるであらう。さて何を書かうか。軽いゝゝしかしある意味で哀しいペンを握つて、ぢつと目をとぢた。」
(岩田注:「軽いゝゝ」は、原文は縦書きなので、長い二文字文の「〱」が使われている)。

前ベルリン支局長 守山義雄著「ヒットラ来り去る」の見出し一覧。 
①9月17日二面 失われた言論:離反する“思想の闇”、勝利のみが支えた独裁。
②9月18日二面 制服文化の失敗:沙漠のナチス楼閣、恐喝者をつくる教育。
 (9月19日、20日は刊行停止)
③9月21日四面 ルーレットと戦争:切りあげの“潮どき”、運命かけた恐ろしい偶然。
④9月23日二面 開戦の秘密:遂に陥る侵略の轍、鍍金のはげた戦争目的。
⑤9月24日二面 英雄国を滅ぼす:買手なき“民族理論”、こけおどしの「舞台美術」。
⑥9月25日二面 世界戦の遺:業病の血、軍国主義。同胞よ、新鮮な空気の中に。

〔次回以降の予告〕①9月17日二面「失われた言論:離反する“思想の闇”、勝利のみが支えた独裁」の全文を、「二つの戦勝演説」、「誤れる栄光の眩惑」(追加訂正)、「自由なきペンの兵」、「盲聾唖の奴隷状態」の順で、4回(追加訂正)に分けて紹介します。
暴走する安倍政権のありようと、ヒトラーの政治手法あまりにも類似していることに、驚くことと思います。


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから

by kenpou-dayori | 2013-09-29 07:30 | ナチス


<< 憲法便り#335 歴史教育者協...      憲法便り#334 昭和20年9... >>