人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 07日

憲法便り#354 東久邇宮内閣総辞職の表向きの理由

今日は、昭和20年10月6日付『朝日新聞』に基づいています。

昭和20年10月5日に発表された、東久邇宮内閣総辞職の理由は次の通りです。
ただし、これは表向きの理由であって、本音は別のところに在りました。
本音については『憲法便り#355』に掲載します。

昭和20年10月6日付『朝日新聞』一面より。

【見出し】
東久邇宮内閣総辞職:マ元帥通牒に対処、適任の内閣を期待。きのう闕下に辞表を捧呈。
終戦事務一段落、首相宮御発言
【本文】
東久邇首相宮殿下は五日の閣議劈頭内閣総辞職について次の如く御発言遊ばされ、終戦時における国内人心不安の中に組閣をし、最大終戦事務たる
一、陸、海軍人の復員
一、連合軍の進駐
の二問題は何れも順調に進捗(しんちょく)、一段落を見、組閣の任務は一応完了したので、これを機会に総辞職を決行したいと内閣総辞職の理由を明かにされた

この内閣組織当時はポツダム宣言受諾の直後にして天皇陛下の御軫念(しんねん)は申すまでもなく、人心極度に不安にして何時如何なる事件の勃発せんやも計り知られざる情勢にありたり、然るに一箇月半最大の終戦事務たる陸、海軍の復員も順調に進捗し、連合軍の進駐も開始以来何等の事故なく今日におよび所謂終戦事務は一段落を見、組閣の任務は一応完了したり、
よってこの機会に骸骨を乞い(主君に辞職を願うこと:岩田注)奉り更により適任なる内閣の出現を希望したいと思う


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから

by kenpou-dayori | 2013-10-07 08:10 | 戦後日本と憲法民主化報道


<< 憲法便り#355 東久邇宮内閣...      憲法便り#353 戦後政治の転... >>