岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 29日

憲法便り#406 昭和20年10月29日付『朝日新聞』、「近衛公は憲法起草者に不適任」ほか

昭和20年10月29日(月)の「日本の民主化と憲法民主化の日歴」
今日は、試みとしてコピーを掲載します。
「近衛公は不適任、改正憲法の起草者に:米紙論調」は、一面中ほどの赤線を付した記事。
昭和20年10月29日付『朝日新聞』
c0295254_751501.jpgc0295254_7492012.jpg



※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると思っています。
安倍首相と石原慎太郎議員は、「ウソも百回言えば真実となる」というヒットラーばりのデマを繰り返しています。
ならば、本書の真実で、世論の千倍返しを!
[PR]

by kenpou-dayori | 2013-10-29 08:00 | 戦後日本と憲法民主化報道


<< 憲法便り#407 ジャーナリス...      憲法便り#406 安倍・石原両... >>