岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 26日

憲法便り#519 昭和20年12月25日『朝日新聞』社説「危機打開の根本方向」ほか

12日25日
昭和20年12月25日(火)の「日本の民主化と憲法民主化の日歴」
入力の際の体への負担軽減のために、今後の「日歴」は一面のコピーを中心とします。(当時の新聞は、通常は、二頁建てです。)

[社説]
「危機打開の根本方向」

〔一面〕
供(出)米の実績振わず。
大消費地の窮迫深刻。
飛行場を藍田に、年産三十五万トン目標。
その他。
c0295254_2282375.jpg


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると思っています。
自公政権とその補完者である維新の会の暴走を食い止め、憲法改悪を阻止しましょう。

by kenpou-dayori | 2013-12-26 07:10 | 戦後日本と憲法民主化報道


<< 憲法便り#520 自著紹介④ ...      憲法便り#518 昭和20年1... >>