岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 11日

憲法便り#588 百田NHK経営委員への公開質問状 

2014年5月11日

2014年5月4日の『東京新聞』一面の報道によれば、NHKの経営委員を務める百田さんが、「護憲派は大ばか者」と断じたとあります。個人的発言だということですが、
私が、ここで紹介する、
昭和27年5月3日付『朝日新聞』(夕刊)の一面記事「天皇陛下のお言葉」、及び
昭和27年5月4日付『朝日新聞』の一面トップ記事「首相再軍備に慎重、「お言葉」へ特に進言、自由党新政策 憲法改正の項削る」を読んでみて下さい。

日本の平和は、この二人だけではなく、国民の圧倒的多数による戦争への反省と、日本国憲法尊重によって、築かれ、護られてきました。

百田さん、あなたは、これらの記事で伝えられている昭和天皇や吉田茂首相による、平和を守り、憲法を守る発言に対しても、「大ばか者」といいますか?
率直に問い掛けます。
c0295254_2312558.jpgc0295254_2301479.jpgc0295254_22591034.jpg


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると、本気で思っています。
安倍政権とその補完者である維新の会の暴走を食い止め、憲法改悪を阻止しましょう!
[PR]

by kenpou-dayori | 2014-05-11 23:04 | 吉田茂


<< 憲法便り#589 連載:講演記...      憲法便り#587 連載:講演記... >>