人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 29日

憲法便り#689 歴史クイズ第三問と第四問の正解は?

第三問:大本営政府連絡会議が決定した昭和16年12月8日に開戦した戦争の呼称は? 
答  :③大東亞戦争
第四問:12月8日に開戦しましたが、平時と戦時の分界時期はいつでしょうか?
答  :12月8日午前1時30分

(岩田注)昭和16年12月9日付『朝日新聞(東京)』朝刊一面トップ記事は、次のように伝えています。
「西太平洋に戰闘開始 布哇(注:ハワイ)米艦隊航空兵力を痛爆」
【大本營陸海軍部發表】(十二月八日午前六時)帝國陸海軍は今八日未明西太平洋において米英軍と戰闘状態に入れリ
【大本營海軍部發表=八日午後一時】
一、帝國海軍は本八日未明ハワイ方面の米國艦隊並に航空兵力に對し決死的大空襲を敢行せり
   
【出題の典拠とした史料】
『日本外交文書 第一冊』(平成二十二年)p.17‐18。
●印は、外務省が「防衛省防衛研究所図書館」より補填した資料。

(資料№)8 昭和16年12月10日 大本営政府連絡会議決定
 付記 昭和十六年十二月十二日発表
   「大東亜戦争」の呼称に関する情報局発表
●今次戰爭ノ呼稱竝平戰時ノ分界時期ニ付テ
一、今次ノ對米英戰爭及今後情勢ノ推移ニ伴ヒ生起スルコトアルヘキ戰爭ハ支那事變ヲモ含メ大東亞戰爭ト呼稱ス
ニ、給與、刑法ノ適用等ニ關スル平時、戰時ノ分界時期ハ昭和十六年十二月八日午前一時三十分トス
三、帝國領土(南洋群島委任統治區域ヲ除ク)ハ差當リ戰地ト指定スルコトナシ
  但シ帝國領土ニ在リテハ第二號ニ關スル個々ノ問題ニ付其他ノ状態ヲ考慮シ戰地竝ニ取扱フモノトス
(付記)
 大東亞戰爭ノ呼稱ニ關スル情報局發表
(十二月十二日)
今次ノ對米英戰ハ(支那事變ヲモ含ム)大東亞戰爭ト呼稱ス、大東亞戰爭ト稱スルハ大東亞新秩序建設ヲ目的トスル戰爭ナルコトヲ意味スルモノニシテ戰爭地域ノ大東亞ノミニ限定スル意味ニ非ス


※平和憲法を守る闘いに寄与するため、2014年5月に下記の新著を緊急出版しました。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―
(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)

「アベノミクス」のみを前面に打ち出していた今回の衆院選で国民の信任を得たとして、安倍首相は、早くも憲法改悪を「自民党結党以来の目標」「歴史的チャレンジ」として強調し始めました。
彼らの論拠は、「押し付け憲法」論です。
『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』は、実証的反論です。
是非とも本書を活用していただきたい。
ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146
FAX 03-3402-4147

by kenpou-dayori | 2014-12-29 20:29 | 歴史クイズ


<< 憲法便り#675 太平洋戦争に...      憲法便り#688 歴史クイズ第... >>