岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 05日

憲法便り#712 「憲法千話」に挑戦します! 明日が第一話です。

2015年3月5日
ニュースはたくさんあったのですが、目の痛みから、長い間休んでいましたが、再開します。
憲法をめぐる情勢が急を告げていますので、「憲法千話」に挑戦します。
一日一話だと、3年間もかかってしまいますので、出来ることならば、一年間でやり遂げたいと思っています。

敗戦から、日本国憲法の公布、そして施行に至る時代の新聞は、戦争に協力をした反省を踏まえ、平和、文化、民主主義の日本を実現するために大きな役割を果たしていました。
その歴史的事実の実感を味わっていただくため、刊行物や新聞のコピーを多数使います。
未来を担う小学生、中学生、高校生を含む若者たちにも、難しいところがあっても読んで欲しいと思っています。

安倍首相の歴史認識の説明や答弁は、一貫して「歴史の捏造」と呼ぶべきものに基づいて行われています。
中谷元防衛相が、2月27日の閣議後の会見で、「文官統制」の規定が盛り込まれた理由について戦時中の軍部暴走反省からかと問われ「そういうふうには思わない」と述べ、理由や経緯について重ねて尋ねられると「私はその後生まれたので、当時どういう趣旨だったのかは分からない」と、恥ずかしげもなく述べています。
かれらは、あまりにもデタラメです。
彼らのデタラメを許さず、平和憲法を守るために、「憲法千話」を活用していただきたいと思います。







[PR]

by kenpou-dayori | 2015-03-05 22:40 | お知らせ


<< 憲法千話・概要と目次No.1:...      憲法便り#711 安倍首相の一... >>