岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 02日

憲法便り#719:行雲の時事川柳 『「横領」が ダメなら言おう 「猫糞(ネコババ)」と』 

2015年4月2日

「横領」が ダメなら言おう 「猫糞(ネコババ)」と

2015年4月2日付『東京新聞』14面(文化・娯楽)に、「出演者の発言 テレ朝が謝罪 NHK会長をめぐり」 の見出しで次の記事があった。まず、その全文を紹介しよう。
「テレビ朝日は一日、報道情報番組「ワイド!スクランブル」の三月十七日の放送でNHKの籾井勝人会長の私的ハイヤー代金請求問題を取り上げた際、コメンテーターが不適切な発言をしたとして番組内で謝罪した。
 十七日の番組では、教育評論家の水谷修さんが「業務上横領じゃないか」「すぐに自首してほしいくらい」などと発言した。テレビ朝日広報部は「事前に水谷さんから相談があったが、スタッフが適切な注意喚起をすることができなかった」としている。」

この記事の中で「スタッフが適切な注意喚起をすることができなかった」という部分、私にはよく判らない。
「その発言は、やめてくれ」というのか、「その発言は、別の表現にして欲しい」と言って、何か別の「適切」な表現を示せば良かったのか、釈然としない。

この国は、いま、表現の自由が極端に狭められていると感じさせる事例である。

そこで、私は、水谷さんへの「応援歌」として、一句、詠んでみた。
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-04-02 09:44 | 川柳・俳句・短歌・狂歌


<< 日本国憲法施行日の社説No.2...      日本国憲法施行日の社説No.2... >>