人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 24日

憲法便り#757:『見逃せない真実』⇒普天間補修費、米が要求 穀田氏暴露 41事案で114億円

2015年4月24日(金)

2015年4月23日付『しんぶん赤旗』より

『普天間補修費、米が要求 穀田氏暴露 41事案で114億円』

写真
(写真)質問する穀田恵二議員=22日、衆院外務委

「米国政府が米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の約114億円・全41事案に及ぶ大規模な補修事業を計画し、日本側に費用負担を要求していたことが初めて分かりました。日本共産党の穀田恵二議員が22日の衆院外務委員会で防衛省の内部文書から明らかにし、「政府の約束した『5年以内の運用停止』と全く矛盾する行為だ」と批判しました。

 普天間補修をめぐっては、2012年4月の日米合意で同県名護市辺野古の新基地が「完全に運用可能となるまで」実施することを確認。内部文書はその後の12年9月に防衛省地方協力局提供施設課が作成したものです。

 米側の41事案の負担要求に対し、防衛省は「わが方の対処方針」として、「普天間基地の固定化につながるものではない旨対外説明が可能となるよう」精査。当初、日本側で8事案(約31億円、米側試算額)の採択を検討していました。13年度から実施中の5事業(表)の内容は、内部文書の8事案といずれも一致しています。

 さらに内部文書には、「米側は複数年にわたる事業リストを提示してきた」ことから、固定化ととられないよう「原則、13年度で全て採択」するとしながらも「(名護市辺野古への)移設事業の進捗(しんちょく)等が遅れた場合は、米側と再度協議」と補修事業を追加する方針も明記しています。

 穀田氏の質問に対し、左藤章防衛副大臣は「米国との関係もあり控えたい」と米側からの要求内容の公表を拒否しました。

 穀田氏は、辺野古新基地建設が遅れれば補修費用の負担増が日本に求められる仕組みになっていると指摘しました。左藤副大臣は「5事業が16年度に完了した後の、さらなる補修について現時点では予定していない」と述べ、17年度以降の事業追加の可能性を否定しませんでした。

 穀田氏は、米側の負担要求に応じることは「5年以内の運用停止」に逆行すると批判しました。」

*岩田注:穀田さんは、私の著書を贈呈すると、ご多忙にもかかわらす、必ず、ご感想をお寄せ下さる方です。
お電話をいただいたり、FAXでご感想を送って下さったこともあります。
今後も、お体に気をつけて、ご活躍下さるよう願っています。

※平和憲法を守る闘いに寄与するため、昨年5月に下記の新著を緊急出版しました。

『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』
―押し付け憲法論への、戦後の61紙等に基づく実証的反論―
(これは『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版です)

闘いは、まだこれからも続きます。「押し付け憲法」論、自主憲法制定論に対する闘いに、是非とも本書を活用していただきたい。

ご注文は、下記の書店へ
美和書店 電 話03-3402-4146  FAX 03-3402-4147

by kenpou-dayori | 2015-04-24 08:48 | 見逃せない真実


<< 憲法便り#758:今日「一押し...      憲法便り#758:『見逃せない... >>