人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 20日

憲法便り#783行雲の 時事川柳:題「新国立競技場」『おもてなし 金もなければ 屋根もなし』

2015年5月20日(水)(憲法千話)

時事川柳:題「新国立競技場」
「おもてなし 金もなければ 屋根もなし」

林家木久翁が、早速、「笑点」で、”ヤーネー”と茶化すだろう。

しかし、これは笑い事ではない。
新国立競技場建設は、コンペを経ての、決定段階から。多くの問題点が指摘され、疑問視されていた。
その矛盾が吹き出したのである。

決定のプロセス、環境破壊、天井知らずの予算増大。
税金の無駄遣い。
誰も責任を取ろうとしない。
問題点をもう一度、洗い直す、必要がある。

以下は、2015年5月20日付『東京新聞』 朝刊一面トップ記事の借用である。
見出しの赤字部分は、岩田による補足部分。

新国立競技場 開閉屋根建設を先送り
舛添都知事「国責任取らず」 500億円負担要請批判


写真(新国立競技場の完成予想図)
 文部科学省が二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の計画見直し方針を明らかにした問題で、舛添要一知事は十九日の定例会見で「設計図通りになるのを国民が期待し、国民の税金で造る。できないなら誰の責任なのか。誰も責任を取らない」と強い口調で批判し、「不利な情報は早く開示した方がいい」と情報共有の必要性を訴えた。
 下村博文文部科学相は十八日、新国立競技場の開閉式屋根の設置を五輪後に先送りにする方針を表明し、都側に五百億円の費用負担を要請した。
 会見で舛添知事は「コストの問題と(工期が)間に合わないということだが、計算して予定を立てていたのではないか」と苦言。費用負担についても「都民に五百億円の拠出をお願いするだけの論理が必要だ」と指摘した。「国民に現状を理解いただいて打開策をみんなで考えるしかない」と危機感を示した。
 一方、下村文科相は十九日の会見で、開閉式屋根は五輪後、施設が赤字にならないようコンサートなどに活用するためとして「五輪・パラリンピックやラグビーのための準備として必然性があったわけではないから問題はない」と語った。
 文科省によると、一九年ラグビー・ワールドカップに向け同年春の完成を目指すが、グラウンド上部に予定する開閉式屋根の取り付けは技術的に難しく、完成が間に合わない恐れがある。観客席を覆う固定屋根は建設当初から設ける。可動式の約一万五千席の設置は取りやめ仮設席に変える。 (北爪三記)
◆維持費も莫大 「後から設置無意味」「技術的に困難」
 開閉式屋根は、高さ七十メートルある競技場頂上部周辺の約一万五千平方メートルに及ぶ。建築エコノミストの森山高至さんは「後から設置するのは相当ナンセンス」と指摘する。工事の危険度など難しさが増す上、足場を組む追加の費用がかかりコストも割高になるためだ。 (森本智之)
 そもそも、開閉式屋根は「トラブルの元凶」と批判されてきた。
新国立競技場の外観イメージ=日本スポーツ振興センター提供
写真
 独創的な外観のため、複雑な曲面にならざるを得ない。面積も広大で「世界に例がないほど技術的に難しい」(日本スポーツ振興センター=JSC)とされ、懸案の工期やコストを押し上げる要因と指摘されてきた。
 屋根といっても、テントに用いる柔らかい素材を折り畳んだり張り巡らせる構造だ。曲面を覆うにはこうした可燃性の素材を選ばざるを得なかった。建築基準法は安全のため屋根を不燃材で造ることを義務づけており、そのままでは違反の可能性があった。JSCは昨年五月、突然「開閉式屋根」の名称を「開閉式遮音装置」に変更しており、「違反逃れ」との指摘もある。
 また、屋根は日照を遮り内部の風通しを悪くするため、グラウンドの芝生が傷みやすい。新競技場は年二回芝生を全面張り替えする計画で、年間の管理費用は三億三千万円に達する。
 こうした問題点にもかかわらず、JSCや国が設置にこだわるのは、収益性の高いコンサートなどイベントを開くためだ。旧国立競技場は周辺への騒音のためコンサートは年数日が限度だったが、屋根を閉じれば音が漏れるのを防ぐことができる。
 新競技場は巨大スタジアムであるがゆえ完成後の維持費も莫大(ばくだい)。JSCの試算でも旧競技場の五倍の年三十五億円。スポーツだけでは赤字は確実のため、コンサートを年十二日(六億円の収入)開き、収益の柱にすることにしている。だが、一連の問題を踏まえれば屋根によるコスト増は避けられず、割に合うとは言えない。森山さんは「開閉式屋根は不合理そのもの。設置をやめてもっと合理的な計画を作り直すべきだ」と主張する。

by kenpou-dayori | 2015-05-20 16:17 | 川柳・俳句・短歌・狂歌


<< 憲法便り#784:「新国立競技...      憲法便り#1012 第九条:加... >>