人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 29日

憲法便り#1875:『豊洲新市場移転工事入札経過と入札談合疑惑の検証』を小池都知事に届けました!(第3回)

2016年12月29日(木)

憲法便り#1875:『豊洲新市場移転工事入札経過と入札談合疑惑の検証』を小池都知事に届けました!(第3回)(第4回はここをクリック)

本 文   豊洲新市場移転工事入札経過、そして入札談合疑惑解明のための検証(増補改訂第二版)

はじめに・・調査を開始した経緯

20161113日、日本共産党都議大山とも子事務所主催のシンポジウム『どうする?豊洲・築地』で下記の報告を聞いた。

   1.東京中央市場労働組合執行委員長・中澤誠氏 「豊洲市場と食の安全問題」

2.日本環境学会元副会長・坂巻幸雄氏 「科学者の目で見た豊洲問題―予防原則尊重の立場から」

3.日本共産党東京都議会議員・大山とも子氏 「どうする?豊洲・築地」

中澤氏と坂巻氏の報告は長年の調査・研究に裏付けられた説得力のある内容であった。当初は三つの報告を紹介するつもりであったが、落札金額や入札の経過で多くの疑問が生じたので、30年間の営業経験をもつ一都民として、また歴史研究者として、独自の調査・研究をもとに分析を行った。その結果、豊洲新市場移転工事の入札を担当したのは財務局経理部契約第一課だが、入札予定価格および共同企業体(JV)の条件設定をしたのは中央卸売市場であることをはじめ、入札の仕組みの問題点など、様々なことが判明した。

第一項 調査についての説明と問題点の指摘

(1)問い合わせたところ・・都庁各部署への電話による問い合わせのほか、1121日-1226日に連日直接訪問して調査を実施

1.東京都中央卸売市場担当者(電話および直接面接)

2.財務局経理部契約第一課への電話および財務局情報コーナーでの入札経過調書【建築関係】閲覧

3.都民情報ルーム直接訪問・・『東京都公報特定調達公告版平成25年』の閲覧、下記(2)基礎資料1-3の閲覧と複写作業

4.日本共産党都議団・・・事務局への数回の問い合わせ、および大山とも子都議にも一回直接の電話連絡を行った

(2)基礎資料・・・『東京都公報 特定調達公告版』は、有料で定期購読可能

1.東京都公報 特定調達公告版 平成23715日号(112頁)

2.東京都公報 特定調達公告版 平成25年度

3.東京都公報 特定調達公告版 平成26年度

. 平成24年度―平成28年度の入札経過調書【建築関係】(入札の結果)

(3)疑問点(不自然な点)・・・以下の三つの「なぜ?」について、東京都はその根拠を明らかにすべきである!

1、【表1】【表2】を比較すると、鹿島JV、清水JV、大成JVのスーパーゼネコン3社が、5街区、6街区、7街区の各工事を「指定席受注」している! なぜ?

2.【表5】の入札から一カ月しか経過していないのに、【表6】の入札予定価格が大幅に引き上げられている! なぜ? 

  5街区=1,623倍、6街区=1,677倍、7街区=1,633倍となっているが、これらの増額の根拠を明らかにすべきである!

3.不調に終った【表5】の入札から一カ月後、【表6】の5街区のJVの構成企業数の条件が6社→7社に変更されている! なぜ?


本文第1頁
はじめに・・・調査を開始した経緯
第一項調査についての説明と問題点の指摘
【訂正】はじめに1.の労働組合名に誤りがありましたので、訂正します。
(誤)東京中央卸売市場労働組合
(正)東京中央市場労働組合
c0295254_21324447.jpg


by kenpou-dayori | 2016-12-29 21:34 | 築地市場・豊洲新市場・都政改革


<< 憲法便り#1876:『豊洲新市...      憲法便り#1874:『豊洲新市... >>