人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 23日

憲法便り#2232:11月17日(金)、公明党代表・山口那津男参院議員の事務室を訪ね、拙著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』を贈呈してきました!

2017年11月23日(木)(憲法千話)

憲法便り#2232:11月17日(金)、公明党代表・山口那津男参院議員の事務室を訪ね、拙著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』を贈呈してきました!

11月14日付『東京新聞』朝刊一面に、
「公明、慎重姿勢強める」「改憲『国民の3分の2以上支持で』」という記事が掲載されていた。
11月12日に、山口代表がラジオ放送に出演した際に発言したことに関連した記事だ。

私は、安倍9条改憲を阻止するため、少しでも可能性があるところには、働きかけをすることにしている。

もしも、公明党が反対したら、参議院では改憲派の議員は3分の2にはならず、改憲の発議は、出来ない。

山口代表以外にも、記事に名前が載っていた公明党の北側一雄衆院議員にも届けたいと思ったが、衆院本会議のためか、事務室は電話に出る方がいなかったため、日を改めることにした。

2005年3月に、拙著『検証・憲法第九条の誕生』(第三版)を衆参両議員全員(719名)に届けたことがある。

今回は、全議員に贈呈する予定はないが、公明党の山口代表以外にも、贈呈を考えている。

なお、参考までに、2005年に全議員に著書を届けた際には、当時の様々な議員の方々か、手紙や電話をいただいているので、紹介しておきたい。

岩田行雄編著『検証・憲法第九条の誕生』【増補・改訂 第三版への序文】より
今年(2005年)三月に、平和憲法を守る運動の一環として、手紙を添付し、全国会議員に本書を届けた。
当初、私は費用をあまりかけずにすますため、毎日数十冊を持参して、五月三日の憲法記念日までに直接届け終えるつもりで三月七日から行動を開始した。だが、情勢が急展開しているので、郵送料をかけても一気に発送を行うことにした。発送の作業は、妻の協力を得て、三月一四日から一六日の間にすべて終えた。この結果、次の議員から様々なメッセージや書物と共に礼状をいただいた。判っている範囲でその時点での役職名を含めて紹介したい

中川雅治参議院議員は、ご本人からの直接の電話である。
なお、左記の一覧表には含まれていないが、
日本共産党の不破哲三議長からは、文化放送で行った講演をまとめた本(初版)をいただいた。
日本共産党の上田耕一郎副委員長・参議院議員からは、葉書をいただいた。
また、同じく日本共産党の市田忠義書記局長・参議院議員からは、昨年七月に初版を贈呈した際に、対談・エッセイ集と共に、自筆の丁重な礼状をいただいている

無所属:河野洋平衆議院議長、糸数慶子参議院議員
自民党:与謝野馨衆議院議員(政務調査会長・新憲法起草委員会事務総長)、中川秀直衆議院議員(国会対策委員長)、佐藤錬衆議院議員、亀井郁夫参議院議員、武見敬三参議院議員、中川雅治参議院議員、中島啓雄参議院議員、
民主党:鳩山由起夫衆議院議員、増子輝彦衆議院議員
公明党:神崎武法衆議院議員(公明党代表)
日本共産党:穀田恵二衆議院議員(国会対策委員長)、山口富男衆議院議員(憲法調査会委員)、吉川春子参議院議員(憲法調査会委員)
社民党:又市征治参議院議員(幹事長)

この運動のために講演等でカンパを訴え、五月三日までに、一万冊出版記念のお祝いを含めて、総額三九五、七一九円の協力をいただいた。
これまで、数多くの方々のご協力により、日本全国に本書の普及が計られてきたおかげで、このたび、改訂第三版三千冊を刊行する運びとなった。
特に、国際政治学者の畑田重夫先生、元参議院議員で弁護士の内藤功先生のお二人は、常に講演等で本書をご推薦下さっている。度々励ましのお手紙も頂戴している。全労連会館常務理事の藤田廣登さんにも一方ならぬお世話になっている。ここで改めてお礼を申し上げたい。
また、この間の活動が認められて、『週刊金曜日』(八月五日号)の「私と憲法」の頁で人物紹介をうけたことも大きな励ましである。
敗戦から六十年の節目を迎えた今日、千葉県・館山市において、「終戦記念日・平和の集い」で行う講演は、新たな出発である。
二〇〇五年八月十五日

下は、2017年11月14日付『東京新聞』朝刊一面の借用です。
c0295254_21445207.jpg




by kenpou-dayori | 2017-11-23 14:30 | 今日の話題


<< 憲法便り#2234:10月28...      憲法便り#2233:映画「米軍... >>