人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 23日

憲法便り#2271:岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』から、「第五部 新憲法祝賀広告・・・大企業からキャバレーまで、そして露天商の組合も!」の北海道・東北地方を転載しました!

2017年12月23日(日)(憲法千話)

憲法便り#2271:岩田行雄編著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』から、「第五部 新憲法祝賀広告・・・大企業からキャバレーまで、そして露天商の組合も!」の北海道・東北地方を転載しました!

第五部では、新憲法の公布と施行に際して、全国各紙に掲載された祝賀広告を取り上げる。

総件数は、一万二千件を超える。平和憲法への国民の意思表示である。これも地方紙を丹念に調べることによって初めて明らかにすることが出来る歴史的事実である。

東京で発行されている新聞は大企業中心の広告だが、地方紙では自治体首長、地方議員、団体、地元企業、商店、旅館、個人、さらには露天商組合等が広告主となった。警察署長、消防署長、税務署長、地方裁判所長、地方検察庁検事正の名前もあり、驚くほどの広がりがある。

祝賀広告の祝辞は、「祝 新憲法公布(施行)」など簡単なものから、左記のように期待と決意を表したものまで様々であり、これらの祝辞と共に企業、団体、個人、商品名等が示された。

十一月三日『北国毎日新聞』「主権在民を明文化 祝民主憲法の公布 戦争放棄を世界に宣言」

十一月三日『伊勢新聞』「平和新日本民主化の 奉祝 新憲法公布式典 意義ある十一月三日」

十一月四日『富山新聞』「再建日本の大憲章なる 日本憲法公布 永久平和国家建設」(昭和電工株式会社富山工場、保土谷化学工業株式会社富山工場の二社による祝賀広告)

十一月四日『福井新聞』二面:「新生日本の根幹 歴史的新憲法公布」

三面「新憲法公布 建てん平和日本 築かん民主日本」、同 四面「主権在民 戦争放棄 人権尊重の新日本憲法」

 そして、極め付けは、鹿児島県と鹿児島市が共同で出した次の祝辞である。

十一月三日『南日本新聞』「歓呼の嵐に迎えられてけふ新憲法公布さる 世紀の黎明!

憲法公布の祝辞は記されていないが、公布直前に掲載された顕著な広告例もある。

下野新聞十一月一日一面:封建主義・専制主義 軍国主義・ファシズム 民主主義を妨害するあらゆる勢力を撲滅 自由を強化して 平和な新日本建設

この表題の下に、鹿沼町、菊澤村、北押原村、西方村、粟野町、南押原村の六農業会、粟野町、西方村、南押原村の三役場、および十市企業名を掲載している。

なお、同じ表題の広告は、十月四日、十月五日、十月十六日、十月十七日、十月十九日、十月二五日の一面にもあり、十月の掲載者だけでも百二十団体・企業に上る。

この全面に『下野新聞』のコピーが入る)

以下に、各紙に掲載された祝賀広告を紹介するが、出来るだけ多くの企業名、団体名を伝えるため重複は避け、代表者などの人名、及び掲載日の日付は省略した。一覧表に示した広告件数は企業、団体の外、自治体首長、議員、弁護士等を一件として数えた。人数は、祝賀広告に記されている全ての人名を数えたものである。以下に示す企業、団体名等は、憲法公布に際しての祝賀広告を最優先し、話題性のあるものを多少付け加えた。これは、「憲法普及会」の活動が始まる以前に行われた自発的な意思表示を評価してのことである。

なお、憲法施行に際しての広告は、/の後に示した。

祝賀広告の中には、予め組版をして準備されていたものがあるので、セットとして表示した。

出版Aセット 法文社、民主出版社、時事通信社、穂高書房、文化建設社、コバルト社、日本社、鎌倉文庫、小学館、毎日新聞社、文壽堂、国民工業学院、日本映画出版、革新社、旺文社、開發社、国際文化学院、革新社ローマ字新聞係、教育研究社、共立社、井上国民英語学校

出版Bセット 社会科学良書刊行会、平凡社、国民工業学院、コズモ出版社、国民中學会、彰國社、新星社、内田老鶴圃、受験研究会、創元社、慶文堂、晴南社、日米会話講座刊行所、大東出版社、八勝義塾、ゲーム社、福村書店、日本通信教育会、万里閣、筑波書林、城西学院?

薬品・電気セット ライオン歯磨、三共、ポモナ化粧料本舗、友田薬品、マツダランプ、救心製薬所、ミノファーゲン本舗、ヒボン化粧料研究所、鳥居製薬、東輝電気工業、八洲化学、ウテナ薬品工業、三寶製薬、ワカ末本舗

生命保険・銀行・証券会社セット 野村生命、安田生命、日産生命、丸宏證券、野村證券、日本興業銀行、日本勧業銀行、板谷生命、新日本生命、明治生命

【朝日新聞】三菱銀行、住友銀行、日本貯蓄銀行、野村銀行、安田銀行、帝國生命、千代田生命、野村證券、山一證券、三井生命、安田生命、東横、松屋、松坂屋、三越、高島屋、伊勢丹、白木屋、東宝、松竹、大映、日活、東横映画、資生堂、三菱鉛筆、日産自動車販売、日立製作所、花王、平和染等七七件

【毎日新聞】有斐閣、法文社、文壽堂、岩波書店、東洋経済新報社、鱒書房、清水書房、毎日新聞社、共立出版、東西医学社、六興出版部、小学館、研究社、中央公論社、旺文社、実業之日本社、改造社、時事通信社、雄鶏社、学習堂(十一月四日のみ、計二〇件)

【讀賣新聞】薬品・電気セット(十四社)生命保険・銀行・証券会社セット(十社)

【東京新聞】キャバレー美松/生命保険・銀行・証券会社セット(十社)、日本劇場、有楽座、帝国劇場、大映、渋谷中華料理組合員一同(計十六件)

【時事新報】東京都、第一製薬、日本曹達、玉置製薬、和光堂、太陽製薬、三共、山之内製薬、ウテナ薬品、萬有製薬、ソキン製薬、新橋・平和グリル/千代田生命、日産火災、明治生命、大正海上火災、富國生命、同和火災、安田生命、日本海上火災、大阪住友海上火災、帝國生命、新六商店、三井鉱山、久保田鉄工所、服部時計店(計二十六件)

〔北海道・東北地方〕

【北海道新聞(札幌版)】出版Aセット(二十一社)

【東奥日報】黒石町長、猿賀神社宮司、津軽鉄道、日本通運五所川原支店、八戸市役所(市長以下二十一名)、県会議長、八戸市会議長、三戸郡町村長会(二十八名)、西松組、青森県農業会、小湊土管工場、日本農事化学工業、鯵ケ澤町漁業会、鯵ケ澤魚市場組合、西海造船鉄工所、鯵ケ澤機船底曳漁業者組合、昭和木材、姉崎塗装店、糸井組、大湊興業、大湊食品工業、大湊建工、興亞工業、弘前弁護士団(八名)、自由印刷社、御幸商会、日本果実酒、菊池薬店、天香堂、青森市役所、青森県林産組合、七戸馬匹組合等七十六件

【新岩手日報】岩工組、藤原組、工藤組、平和工務所、三浦組、盛岡大工工事組合、鶴田印刷所、鉛温泉、和同産業、梅野製作所、県食糧営団、県青果物荷受組合、県水産業会、猪川役場・猪川農業会、吉濱役場・吉濱農業会・吉濱水産業会、盛岡魚市場、松屋、県農業会和賀支部(支部長、十七農業会長)、県農業会紫波支部(一町十四村役場・農業会及び日詰農業学校)、和賀郡町村長会(二町長、十五村長)、葛巻町役場、葛巻町農業会、小川町役場、小川農業会、田老町漁業会、田老町役場、田老町農業会、大船渡漁業会等二〇四件

【河北新報】出版Aセット(二十一社) 新憲法公布奉祝大芸能祭松竹名人会(白石劇場、船岡劇場、岡田座、古川劇場)実業之日本社、間組、西松組、菅原組、鹿島組、大林組、安藤組、大成建設、天笠組、蔵王組、北一組、五十嵐組、大城組、秋保電気鉄道、仙台鉄道、宮城貨物自動車運送、住宅営団、宮城県食糧営団、農地開発営団、日本交通公社、日本通運、仙台生命保険協会十八社、損害保険協会仙台地方委員会十六社/東北厚生工業所、島田製作所、靑葉木材、大城組、東北電気工事、大竹電機商会、ミヅノ等一三〇件

【秋田魁新報】秋田県知事、秋田市長、能代市長、能代市農業会、横手町役場、秋田市組合銀行、日本石油秋田製油所、帝國石油秋田鉱業所、東北肥料、秋田木材、秋田製鋼、昭和石油平澤製油所、(株)秋田県地方木材、秋田県木材業統制組合、秋田県水産業会、秋田県食糧営団。三徳工業、住宅営団秋田事務所、松下造船能代工場、東北松下造機、秋田県農業会、同山本支部、同由利支部、大曲町農業会、大曲町役場、横手町農業会、農業会平鹿支部馬匹組合、山本郡馬匹組合・山本郡家畜保険組合、横手町町会議長、福原産業、東北配電、秋田製鋼、東北興業秋田農機工場等一一五件

【山形新聞】山形県庁(知事以下三十八名)、山形県会議員(議長、副議長、議員十六、名誉議員十名)、山形県銀行協会(両羽、荘内、羽前長崎、日本勧業山形・鶴岡両支店、安田銀行山形・米沢両支店)、山形市役所、山形市会議員(議長、副議長、議員二十五名)、最上郡町村長会(一町長十八村長)、最上郡馬匹組合、鶴岡市長、〔以下、北村山郡〕楯岡警察署、楯岡税務署、楯岡営林署、楯岡勤労署、県立村山農学校、同楯岡女学校、国民学校長会、郵便局長会、医師会、町村長会、四町役場、十九村役場、二十三農業会、金山町森林組合、東北窯業新庄工場、山田製薬等七九九件

【福島民報】県議三十七名、正圓堂眼鏡店、福島県町村長会、福島県農業会(二十一名)、福島県(知事、部課長四十四名)、西坂芳助商店、福島地方裁判所(所長外五名)、同検事局検事正外三名)、福島市会議長、副議長、議員一同、仙台鉄道局福島管理部部長、福島郵便局局長、福島市信用組合、福島県酒類販売、郡山市役所、郡山農業会、郡山警察署、郡山税務署、郡山営林署、郡山郵便局、郡山放送局、郡山勤労署、郡山駅、郡山機関区、郡山駅構内食堂等九一六件

【福島民友】薬品・電気セット(十四社)、原田組、郡山市会議長、郡山商工会議所、岩代熱海温泉組合長、東北配電福島支店、福島県北電気工事組合、県農業会、県森林組合聯合会、県印刷業統制組合、県食糧営団、白河町役場、白河町・鈴木義男、会津東山温泉組合、会津海産物市場、福島商工会議所、福島市長、県医師会、大原病院、須賀川町会議員二十名、若松市役所、若松市会議員二十五名、花水館、福島海産物市場、福島市鎮座稲荷神社宮司/県食糧営団喜多方出張所、喜多方町農業会、須賀川町役場、須賀川観光協会、磐城セメント四倉工場、平市役所等一二七三件


(*続きは『憲法便り#2272』へ!ここをクリックして下さい)




by kenpou-dayori | 2017-12-23 21:45 | 自著連載


<< 憲法便り#2272:岩田行雄編...      憲法便り#2270:12月1日... >>