岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 14日

憲法便り#2325:アンジェイ・ワイダが1947年~2000年に描いた演劇・映画絵コンテ103点を、昨年12月に見ました!

2018年1月14日(日)

憲法便り#2325:アンジェイ・ワイダが1947年~2000年に描いた演劇・映画絵コンテ103点を、昨年12月に見ました!

昨年12月20日(水)~24日(日)に目黒区民美術館区民美術館で開催された「アンジェイ・ワイダ演劇・映画 絵コンテ展」に、2度足を運んだ。

年末の忙しい時期であり、他の用事の間を縫っての訪問であったが、全103点の説明文をじっくりと読んだ。

うかつであったが、フランス革命に題材をとった、映画『ダントン』はアンジェイ・ワイダの監督作品であったことを、この「絵コンテ展」で知った。
フランス革命に関する文献をかなり読みこんでいた時期に、この映画を、公開直後に見ていたにもかかわらず。

私は映画が好きだが、この「絵コンテ展」で、アンジェイ・ワイダが、演劇の分野でもかなり活躍をしていたことを初めて知った。

演劇の絵コンテの中には、上演に至らなかったが、「アリストファネスの”女の平和”」の絵コンテが、2枚あった。

また、これも上演が実現しなかったが、『山椒大夫』の公演準備をした際に残された絵コンテが多数あったことも驚きであった。

そして、その中から選ばれた12枚の絵葉書のセットを、複数貰ったので、友人にプレゼントする約束をしている。

主催者の了解が得られれば、このブログで画像を紹介したいが、まだ連絡をとっていない。




[PR]

by kenpou-dayori | 2018-01-14 20:21 | 音楽・舞台芸術・芸能・映画


<< 憲法便り#2326:嬉しい話で...      憲法便り#2324:『憲法便り... >>