岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 06日

憲法便り#2427:映画『ヒトラーに屈しなかった国王』を観て!(2月7日加筆)

2018年2月6日(火)(憲法千話)

憲法便り#2427:映画『ヒトラーに屈しなかった国王』を観て!(2月7日加筆)

私は、2014年6月に『ヒットラー来たり、ヒットラー去る』と題する、2時間にわたる一人芝居を上演したことがある。ナチス政権の時代に、ベルリン特派員だった『朝日新聞』の守山義雄さんの著作を基にして、私が台本を作っている。
その中で、ずっと気になっていた国々のひとつにノルウェーがあった。
今回、不足していた情報を補うために、今回の映画鑑賞となった。

私は、5歳の時から、映画を見て育った。
だから、映画鑑賞歴は、およそ70年になる。

今日観た映画は、私の人生の中で、10指に入る名作といえる。

ノルウェイの映画は、初めてだが、戦争映画なのに、人が死ぬ場面がなかった映画も初めてである。

日本では、映画でも、テレビでも、毎日多数の人間が殺される場面がある。

だが、この映画には、ない。

ただし、ドイツ空軍機が、低空を飛び、爆弾投下や、機銃掃射をしてくる場面では、
私は、疎開先の福島県小名浜で、米軍の爆撃を受けたことを昨日のことのように思いだした。
そして、激しい動悸がした。

ストーリーは、これから観る予定の方のために、詳しくはふれない。

日本には、いま、大国主義、軍国主義が台頭してきている。
小国は、大国の言うことに従えという風潮が蔽い始めている。

だが、この映画のノルウェイ国王は、ヒトラーに屈しなかった。
祖国の民主主義を守り、プライドを守った。
是非、ご覧になることをお勧めしたい!

c0295254_21441140.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-06 21:46 | 音楽・舞台芸術・芸能・映画


<< 憲法便り#2428:【沖縄N...      憲法便り#2426:【ウオッチ... >>