岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 11日

憲法便り#2443:【神社と憲法⑦】馬場下にある、穴八幡神社のこと! 神社本庁が進めている改憲署名を取り扱っていません!

2018年2月11日(日)(憲法千話)

憲法便り#2443:【神社と憲法⑦】馬場下にある、穴八幡神社のこと! 神社本庁が進めている改憲署名を取り扱っていません!

私たちは、穴八幡神社と呼んでいるが、正式には「穴八幡宮」。

融通の神様と崇められている。

冬至から節分までに参拝すると、ご利益があるとのことで、長蛇の列が出来る。

特に、冬至は、「柚子湯」の「柚子」と、「融通」の掛け言葉から、最も賑わう。

私が、この近所に住んでいた40年ほど前は、参拝者の列の最後尾はグランド坂上まで延びていた。

最近は、それほどの長蛇の列を見かけることはなくなったが、それでも、境内を埋め尽くすほどになることもある。

以前から、気になっていたので、穴八幡神社が、神社本庁が進める改憲署名を取り扱っているのかどうかを、直接聞きに行った。

答えは、「取り扱っていません」とのことであった。






[PR]

by kenpou-dayori | 2018-02-11 21:43 | 神社と憲法


<< 憲法便り#2444:【ウオッチ...      憲法便り#2442:『憲法便り... >>