人気ブログランキング |

岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 12日

憲法便り#2490:【森友問題特集⑩】森友文書 複数の政治家名削除、書き換えは財務省本省の指示!

2018年3月12日(月)(憲法千話)

憲法便り#2490:【森友問題特集⑩】森友文書 複数の政治家名削除、書き換えは財務省本省の指示!

2018年3月12日付『東京新聞』朝刊は、一面で次のように報じている。(注:以下は、すべて岩田が独自に入力した)

【見出し】
森友文書 書き換え 財務省本省指示
きょう報告 複数の政治家名削除

【本文】
 学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、財務省は十二日、決裁文書書き換え疑惑を巡る調査結果を国会に報告する。関係者によると、「本件の特殊性」などの文言が含まれた財務省の文書原本の「記述を削除した例があった」と認め、国税庁長官を辞任した佐川宣寿(のぶひさ)氏の国会答弁との整合性を図るため削除したと説明する方向。検察当局が原本の写しを財務省側に提出したことも十一日判明した。書き換えの時期や指示の有無なども焦点となる。=軽んじられた公文書3面、社説5面
 昨年五月に国会議員に開示された文書には、交渉記録や契約の「特殊性」といった文言はなかった。佐川氏は当時、国有地売却の決裁文書などを担当する同省理財局長。野党は書き換えを認識していた可能性があるとして、国政調査権に基づく調査や佐川氏の証人喚問を要求する構えだ。麻生太郎副総理兼財務相の進退問題に発展する可能性もある。
 国会の混乱を受け引責辞任した佐川氏は国会で「法令に基づき適切に管理、処分を行った」「対応は適切」と答弁していた。
    ◇
 森友学園の決裁文書書き換えは、財務省本省の指示で、二〇一七年二月~四月に行われていたことが分かった。十二日に示す調査報告に盛り込まれる。
 財務省は森友学園の文書書き換えに関する報告で、複数の政治家の名前を削除したと認める方針を固めた。政府関係者が明らかにした。




by kenpou-dayori | 2018-03-12 09:22 | 森友学園・加計学園疑惑


<< 憲法便り#2491:「笑いのめ...      憲法便り#2489:3月11日... >>