岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 21日

憲法便り#2508:3月27日の証人喚問に際して、佐川氏に望むこと!

2018年3月21日(水)(憲法千話)

憲法便り#2508:3月27日の証人喚問に際して、佐川氏に望むこと!

3月27日に佐川氏の証人喚問が、ようやく決定した。

佐川氏の証人喚問は、当然のことである。

麻生太郎副総理兼財務大臣、「佐川」と呼び捨てにされ、最終的な責任者は「佐川」であると断定され、切り捨てられた。

ここまで責任をおわされて、それでもまだ、今までのように、「宮仕え」の身として、証言を拒み続ける必要はないと思う。

人によっては、真実を語らず、あの世まで、持って行く人もいる。

だが、あなたは、トカゲの尻尾ではないはずだ。

今の日本に最も必要なことは、民主主義のルールを回復し、正しい政治のあり方を取り戻すことだ。

そのためには、「八岐大蛇(やまたのおろち)」の首を、ことごとく討ち取ることしかない。

あなたは、森友学園問題以前は、故郷や、親兄弟、家族の希望の星であり、誇りであったはずだ。

ご家族は、どのような思いで毎日を過ごしているのかを考えただけでも、本当にお気の毒に思う。

あなたは、「塩爺(しおじい)」と呼ばれた塩川財務大臣の秘書官をつとめていたことがあるそうだが、国会での質問で追い詰められると、「忘れた!]ととぼけて切り抜けようとした「師匠」の真似をせず、正直に真実を語ってほしい。

それが、あなた自身の、「人間回復」の最後のチャンスであることを、真剣に考えて欲しい。

[PR]

by kenpou-dayori | 2018-03-21 20:24 | 森友学園・加計学園疑惑


<< 憲法便り#2509:講演会「憲...      憲法便り#2507:3月18日... >>